「壮絶アクションに挑む役者たちの本気度が伝わってくる」亜人 ぐうたらさんの映画レビュー(ネタバレ)

ホーム > 作品情報 > 映画「亜人」 > レビュー > ぐうたらさんのレビュー
メニュー

亜人

劇場公開日 2017年9月30日
全289件中、265件目を表示
  •  
映画レビューを書く

壮絶アクションに挑む役者たちの本気度が伝わってくる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

冒頭からその容赦のない世界観が突き刺さった。主人公が幾度も体感する“死と再生”の感覚を目で感じ、亜人と呼ばれる能力者たちがリセットする際に壮絶な“痛み”が伴うことを、身を持って突きつけられるのである。この設定条件をうまく観客に提示した上で、すぐさま同じ亜人勢力による奇襲攻撃を投入。さらに彼らに対抗するために昨日の敵が今日の共闘者となっていく展開を中だるみせずにテンポよく抽出。その点はさすが『踊る』シリーズで鳴らした本広演出の真骨頂と言えるだろう。

さらに戦闘アクションも魅せる。とりわけ接近戦で炸裂する複雑な動線を伴うコレオグラフィーには、役者たちがそれぞれ限界まで自らを鍛え上げて撮影に挑んでいる様が伝わってくる。

完全なるフィクションとは思いながらも、ふとSNSで簡単に自らをリセットできるこの時代、実は亜人たちの感覚は現代人の中に少しずつ芽生えつつあるのではないかという思いすら感じた。

ぐうたら
さん / 2017年9月30日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
PROレビュアーとは?
PROレビュアーとは
映画の専門家として、映画.comの記事を多く執筆している方です。
PROレビュアーの星評価は、総合点への影響力がより大きくなります。
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 17 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi