サラエヴォの銃声のレビュー・感想・評価

サラエヴォの銃声

劇場公開日 2017年3月25日
10件を表示 映画レビューを書く

かの国の歴史に興味を持つきっかけに

ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボ。100年前に第一次世界大戦の引き金となった重大な事件が起こったことは世界史で習っていても、周辺諸国による占領・統治が繰り返され、民族的にも複雑なこの国についてよく知らないというのが私を含め大半ではないか。もちろん、歴史的民族的背景をある程度把握しておくほうがより理解できそうな台詞も多いが、知らなければ楽しめないというほどでもない。深刻なテーマを扱いながら、タノビッチ監督らしいユーモアもあり、ホテルでスリリングに進行する群像劇の面白さに引き込まれる。

監督はボスニア紛争を描いた「ノー・マンズ・ランド」をはじめ、常に社会的弱者や権力に翻弄される個人の側に立ってきた。民族対立、貧困、労働者の搾取といった問題はけっして遠い世界の話ではない。この映画を入口に、当地について調べたり、監督の過去作をさらに観賞してみるのもありだと思う。

AuVis
AuVisさん / 2017年3月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

奇才ダノヴィッチはこの地で何を訴えかけようとしたのか?

1914年に発生したサラエボ事件は、第一次大戦が勃発した原因としても有名だ。しかし事の背景はあまりに複雑で、本作を紐解く前にある程度の概略を頭に入れて臨んだ方が良いかも。というのも、『ノー・マンズ・ランド』のダノヴィッチ監督が放つこの異色作は、まさにそのサラエボ事件から100周年目のメモリアル・デイに様々な研究家や論客がこの地に集って特別報道番組のインタビューを受ける中、その舞台となる高級ホテルでは賃金の不払いに不服を唱える従業員がストライキを企て・・・といった、一筋縄ではいかない内容が展開するからだ。この100年間、事あるごとに火薬がくすぶり続けてきたこの地の過去と現在が、ホテル内のあらゆる場所の対立として仄かに集約され、煙を立ち上らせていく。本作が伝えるのは、歴史がまだ終わってなどいないということなのか。それとも人類はこの諍いのメビウスの輪から逃れることなどできないのだろうか。見終わった後にズシリと重みが増していく作品だ。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2017年3月27日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

サラエボ事件のインタビューシーンとホテルでのストライキとの絡みがイ...

サラエボ事件のインタビューシーンとホテルでのストライキとの絡みがイマイチ噛み合ってなかった。
正直、訴えるものもなかったし胸に来るものも全くなかった。
期待外れの作品でした。

オクやん
オクやんさん / 2017年5月16日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

現地の実情

この作品を通じてサラエヴォ事件の実情を初めて知りました。様々な問題を同時に描くと共にサスペンスの緊張感も味わえる作品。ラミア役を演じた女優の演技が魅力的で良かった。
2017-53

隣組
隣組さん / 2017年5月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

むずかしいのだ!

100年前なサラエボ事件から、今現在も問題は治ることを知らない。
そんなむずかしい映画でした。

chanmago
chanmagoさん / 2017年4月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

観る人を選ぶ映画だが

第一次世界大戦の発端となったサラエボ事件、そして1990年代の旧ユーゴスラビア解体の過程と現在に至るまでの知識がないと、深く理解するのは難しい。観る人を選ぶ映画であることは確か。
しかし、ここに登場する人々は、決して遠い国の知らない人々ではなく、歴史を生きる私たち一人ひとりである。かつて親しくしていた隣人を敵とみなさざるを得なくなり、停戦を経て平穏を取り戻したようには見えても心の深いところでは納得することがない。登場人物一人ひとりが、アンビバレントな感情を抱えつつ生きていくしかない。そんな状況を美しくまとめることなく描ききったダノヴィッチに拍手を贈りたい。

あひる
あひるさん / 2017年4月2日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

オススメです。

今のボスニアを知る事が出来る素晴らしい映画でした。登場人物それぞれにボスニアの今が投影されていて、抱えている問題の複雑さも細かく描かれていたと思います。又、サラエボ事件の捉え方についても異なる側面がある事を知ることが出来ました。

イチマル
イチマルさん / 2017年4月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

歴史

歴史をもっとわかってないと日本人には難しい。

あふ
あふさん / 2017年4月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

分かりづらい

『ノーマンズ・ランド』が大好きな作品ということもあり、鑑賞しました。

作品としては、少々分かりづらく難解でした。若干飽きてしまう感じは否めなかったです。

ミカ
ミカさん / 2017年3月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ヒステリーな二面性

サラエヴォのホテルを舞台に様々な人達とそれぞれに相対する人達との両面からの主義主張をみせていく群像劇。

あらすじには銃声をきっかけに交錯していくとあるけれど、それをみる作品ではない。

決して誰かが悪い訳ではないし間違えている訳でもなく、それぞれの立場や抱えている問題があるということ。

Bacchus
Bacchusさん / 2017年3月26日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

10件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi