「強くて美しいアクションは必見!!“最強”の苦悩と決断。」イップ・マン 継承 映画コーディネーター・門倉カドさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「イップ・マン 継承」 > レビュー > 映画コーディネーター・門倉カドさんのレビュー
メニュー

イップ・マン 継承

劇場公開日 2017年4月22日
全40件中、13件目を表示
  •  
映画レビューを書く

強くて美しいアクションは必見!!“最強”の苦悩と決断。

【賛否両論チェック】
賛:前作までの知識は不要。イップ・マンの華麗なアクションの連続に、思わず息を飲む。同時に、家族の大切さを改めて知った彼の決断にも、また心震わされる。
否:アクションは少しやりすぎな演出もあるので、好き嫌いは分かれるか。

 さすがブルース・リーの師匠、イップ・マンです。並みいる悪党を前にしても、顔色1つ変えることなく、次から次へとなぎ倒していく様は、とても痛快でカッコイイです。そして今回は、あのマイク・タイソンとも死闘を繰り広げますので、そちらも目が離せません。
 そんなイップ・マンが、彼を支えてきた最愛の妻・ウィンシンが病に倒れた時、初めてその存在の大きさを知り、葛藤する様子には、どこか哀しいオーラが漂います。時を同じくして、同じ“詠春拳”を掲げるライバルが現れた時、 イップ・マンかどんな決断を下すのか、そこもまた見どころの1つです。
 前作までの知識がなくても楽しめますので、アクション好きな方には是非。

映画コーディネーター・門倉カド
さん / 2017年5月20日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 単純 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi