残像
ホーム > 作品情報 > 映画「残像」
メニュー

残像

劇場公開日

解説

「灰とダイヤモンド」などの抵抗3部作で知られるポーランドの巨匠アンジェイ・ワイダ監督の遺作で、社会主義政権による圧政に不屈の精神で立ち向かった実在の前衛画家ブワディスワフ・ストゥシェミンスキの生涯を描いた伝記ドラマ。第2次世界大戦後、ソビエト連邦の影響下にあるポーランド。全体主義による圧政が敷かれる中、画家のストゥシェミンスキはカンディンスキーやシャガールらと交流を持ちながら、創作活動と美術教育に情熱を注いでいた。しかし、芸術を政治に利用しようとする政府に反発したために迫害され、名声も尊厳も踏みにじられていく。それでも彼は芸術に対する希望を失わず、自らの信念を貫き通そうとするが……。主演は「パン・タデウシュ物語」のボグスワフ・リンダ。

キャスト

作品データ

原題 Powidoki
製作年 2016年
製作国 ポーランド
配給 アルバトロス・フィルム
上映時間 99分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

「祖国への報われぬ愛」に殉じた不屈の精神そのものを見事に謳い上げた巨匠の遺作
残像の映画評論・批評

ポーランド映画を代表する巨匠アンジェイ・ワイダは生涯を賭して、ただひとつの歌を歌い続けた。それはレジスタンスという神話にほかならない。初期の〈抵抗三部作〉、わけても「灰とダイヤモンド」(58)はワイダの、ひいてはポーランド映画の名声を...残像の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全4件)
  • 重く悲しく美しい 現代アートと古典絵画、そこに現代音楽が交わって、見事な総合芸術か形成されているといった印象。 そしてその内容は近現代のポーランドを痛烈に告発したものであり、これぞワイダの真骨頂といったもの。 最... ...続きを読む

    SH SHさん  2017年6月24日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 信念の戦い ここに極まれり 命を削っても、芸術への信念を守ることの凄まじさ。全体主義の愚かしさを告発するとともに、命を超えて守るべきものがあることの輝きを強烈に見せてくれる。 ...続きを読む

    こばりん こばりんさん  2017年6月15日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 時代を反映した色調 劇的な展開は無く、ある芸術家の抵抗と敗北を、即物的な生々しさで描いた遺言とも言えそうな映画。画家が描く抽象画と相反する、褪せた色調の画面が全編を支配する。 ...続きを読む

    花火 花火さん  2017年6月11日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

母の残像[DVD] テアトルの残像[Blu-ray/ブルーレイ] 女たちの残像[Blu-ray/ブルーレイ] テアトルの残像[DVD]
母の残像[DVD] テアトルの残像[Blu-ray/ブルーレイ] 女たちの残像[Blu-ray/ブルーレイ] テアトルの残像[DVD]
発売日:2017年6月24日 最安価格: ¥3,853 発売日:2015年3月25日 最安価格: ¥4,015 発売日:2016年5月11日 最安価格: ¥4,010 発売日:2015年3月25日 最安価格: ¥3,196
Powered by 価格.com

他のユーザーは「残像」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi