わたしたちのレビュー・感想・評価

メニュー

わたしたち

劇場公開日 2017年9月23日
9件を表示 映画レビューを書く

子供たちの自然の演技に圧倒される

不安で所在なさげな表情の主人公のクローズアップの最初のカットからいきなり引き込まれる。なんてことのないカットなのだが、その表情がまるで造りモノに見えない。これほど自然な佇まいを引き出す監督の手腕に脱帽する。
本作はいじめを小学校のいじめを題材にしているが、いじめの起きる構造を見事にわかりやすく提示している。人間がたくさん集まれば自然と発生するヒエラルキー、嫉妬や蔑みといった感情が細やかに表現され、小学校の教室に、社会の縮図を描いて見せる。
夏休み直前に転入してきた女の子と夏休み中だけは友だちでいられる主人公。しかし、主人公がいじめられっ子だと判明すると、手のひらを返す。転入してきた女の子も前の学校でいじめられたから、教室内の力関係には人一倍敏感になっている。
素直な好き嫌いで人と付き合っていきたいのに、それを許さない社会。素直に生きることはなんと大変なことだろう。本当は友だちに戻りたい2人の切ない表情が痛切に心に染みる。

ローチ
ローチさん / 2017年9月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 4 件)

じわりとハートを揺さぶる秀作

観ていて子どものころを何度も思い出した。

ぼくにも友達が離れていったことや、仲間外れにされたことがあるからか、主人公のソンに強く感情移入しながら観ていた。

大人からするとこどもの世界のことを単純に見えるかもしれない。

でも、こどもだって、真剣に生きているし、
真剣に悩み、傷ついて、一生懸命に生きている。

懸命に、気丈に、必死に。。。

その姿が甘酸っぱくて、眩しくて、
美しくて胸を打つ。

同じ24時間を繰り返している日常が当たり前になり、生きることの豊かさや瑞々しさをつい忘れてしまう毎日になってはいまいか。。。

自分の『生きる』という営みについてどれほど真剣にやれているだろうか。。。

大好きな友達に裏切られ、傷つき、苦しみながらも懸命に自分にとっての大切ななにかを探そうとする主人公のソンの姿、光宿る眼差しがソフトに、しかし深く心の奥に突き刺さる。

派手さもなく、揺さぶられるような大きな感動もない。

でもぼくの記憶に残る作品となった。

cinemastar
cinemastarさん / 2017年11月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ソンもジアもボラも、みんな抱きしめてやりたい。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ソンもジアもそしてボラも、もうみんな抱きしめてやりたい。そんな気持ちになった。

小学生の頃を思い出す時、ついつい楽しくて無邪気だった頃のことばかり思い出してしまうけれど、そういえば子供であるが故に今よりもずっと傷つきやすくて同じくらい残酷だったっけ、とこの映画を見て思った。小学校の教室で繰り広げられていた友情は、確かにこんなに不安定で頼りなくてか弱かった。自分がソンだったこともあった。ジアだったこともあった。ボラだったこともあった。3人ともかつての私だった。そして、ソンの時も、ジアの時も、ボラの時も、それぞれに苦しくて切なかった記憶がある。だからこそ、もう見ていて胸が痛くて痛くて、切なくてたまらなくなった。

冒頭のドッジボールのチーム分けのシーンからして胸が痛い。あんな残酷なことが、確かに毎日行われていた。あのシーンのソンの表情がまた切ない。演技とは思えないほどリアルで胸が痛い。そしてそこからの物語も、胸が痛くて切なくて、でもなんだかどこか身に覚えがあるような、そして思い出の痛いところを鋭く突きさされたような思いの連続だった。だれが悪いとか、そういうことじゃないんだよね。ボラが特に意地悪な女の子に見えるけど、そうじゃない。ジアが裏切り者に見えるかもしれないけどそれも違う。小学校と塾と家という狭い世界の中で生きる小学生たちにとって、仲良しグループという存在がいかに重要で、そこでいかにうまく渡り歩くかは、あの頃本当に深刻な問題だった。そんな世界で、やりきれない小学生たちの友情のすれ違いを、ここまで写実的に映像化した映画を初めて見た。私情を挟むでもなく、批判を打つでもなく、ただただ写実的に子どもたちの「社会」を描いて見せた。かつての現実を直視させられて、あまりに辛くて胸が痛むが、それでも素晴らしい映画だったと言わざるを得ないと思う。

赤く染めた爪と、その上から塗った水色のマニキュア。時がたってそのどちらもが剥がれ落ちてしまった。そして最後にわずかに残った赤い爪に、ほのかな希望を託す。やっぱり胸が痛いラストシーンだけれど、これ以上ないエンディングだったと思う。

天秤座ルネッサンス
天秤座ルネッサンスさん / 2017年11月5日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

愛おしい子供たち

子供にも嫉妬、あります。
子供にも嘘、たくさんあります。
子供も周りに流されます。
子供もしっかりと裏切ります。
子供も忍耐、いっぱいしてます。
子供も気遣い、結構してます。

子供にもちゃんと自分というものがあります。
だから子供は、意外に泣きません。

そんな子供が愛おしくなる映画です。

dori
doriさん / 2017年10月27日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

現代社会の問題をリアルに再現されていました。

小学生の小さいようで難しい社会を描いた物語。

社会の縮図とまでいわれる学生の人間関係をあれほどリアルに、そして少ない言葉の中でも、
ソンの目から色んな感情を読み取ることができました。
ソンちゃんの演技はとても引き込まれていきます。

私も学生時代に似たような経験もあり、
すごくどこにでもあるようないじめでしたが、
とても共感できるほどリアルに映画になっていたのですごいと思います。
女の子にしかわかり得ない感情もあるかとは思いますが、是非見てほしいです。

Re
Reさん / 2017年10月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

誰にでも経験あるなあ

いつも独りぼっちのソン、そんな時夏休み前に転校生のジンと仲良くなる。しかし学校が始まるとジンは、無視、また独りぼっちに逆戻り!ソンの煮え切らない姿にイライラしたけど映画は、ラストにそんな答を見せてくれる。弟の言葉 それじゃあいつ遊ぶの?が泣ける。

大阪ぶたまん
大阪ぶたまんさん / 2017年10月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大人同士の関係が子供たちに与える影響

小学校4年生のソンは、いじめられっ子。
そこへ、転校生のジアがやってきて、お友達になるけれど…

韓国のスクールカーストを描いた作品。

とても胸が痛くなる程にリアルな作品だった

貧乏な家の子は蔑まれ、頭の良い子は妬まれる

両親が離婚して育児放棄された家の子は嘘をつき、人の家庭について、あることないこと噂する

子供たちに起きていることは、まるで大人社会の縮図を見ているよう

子供たちに「仲良くしろ」と言うのなら、まず、大人同士が仲良いところを見せるべきだし、つまらない噂話をやめるべき

なかなか難しいことかもしれないけど、子供たちは大人が思っている以上に大人にことを見ている

大切なことは、仲良くしたいなら、自分から、その人に向けて第一歩を踏み出すこと。
他人の視線は関係ない

とえ
とえさん / 2017年10月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

自然な・・・

主演の女の子達や、その周りの子供達の自然な演技に、まずは感心した。
これが長編デビューとなる監督の手腕も見事。
余韻が残るラストシーンもとても印象が残った
秀作です。

オクやん
オクやんさん / 2017年10月7日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

胸がいっぱいになる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

文句なしの星5つ。若き女性監督ユンガウン氏のほとばしる才能を見出し導いたイチャンドン監督の功績は大きい。友情、裏切り、嫉妬といった複雑な感情に戸惑い葛藤する子どもたちの姿をリアルに描く、一方で、友とじゃれ合ったりパタパタと走ったりする姿などまだ子どもらしさの残る屈託のない表情や仕草も余すことなく捉えていて、10歳という年齢特有のはち切れんばかりの生命力と不安定さの同居した様子を見せつけられ、胸がいっぱいになる。4歳の弟の欲求や感情のシンプルさと対比してお姉ちゃんの苦しみや葛藤がますます際立つ。4歳児は荒くれ者だが天使でもある。群れの中における人間の残酷さにさらされながらも、貧しくとも愛情深い家族の大きな何かに包まれて育っている主人公が静かに見せる芯の強さや正義感や誠実さに、人間のレジリエンス、生命力を感じる。10歳の少女をとおした人間讃歌。本当に子どもたちが可愛くて、パンフレットを買って何度も眺めては切なくも幸せな気持ちになっている。

Rubysparks
Rubysparksさん / 2017年10月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

9件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi