ワイルド わたしの中の獣
ホーム > 作品情報 > 映画「ワイルド わたしの中の獣」
メニュー

ワイルド わたしの中の獣

劇場公開日

解説

オオカミに恋愛感情を抱き、野性化していく女性の倒錯した愛を描いたドイツ映画。職場と自宅を往復する単調な日々を送るアニアの視界に飛び込んできた一匹のオオカミ。自宅マンションの前に広がる森に暮らす「彼」の持つ野性に心を奪われたアニアは、次第にオオカミに執着し、あらゆる手段を尽くし、自宅マンションに連れ込むことに成功する。部屋の中で暴れるオオカミには命の危険を感じながら、オオカミと心を通わせるアニアは、まるで恋人同士のように「彼」と接し、いつしか野性に取り込まれるようになる。人間離れした常軌を逸した行動を取るようになる彼女に、周囲は戸惑いを覚えるようになる。監督・脚本は女優としても活動するニコレッテ・クレビッツ。主人公アニア役を「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」のリリト・シュタンゲンベルクが演じる。

作品データ

原題 Wild
製作年 2016年
製作国 ドイツ
配給 ファインフィルムズ
上映時間 97分
映倫区分 R15+
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全13件)
  • 画面から漂う獣の臭いに嫌悪感 古来日本でも、たとえば狐に憑かれたとか、いわゆる「気が触れた」怪奇話はある。この映画も、見方によってはそんな類だ。僕が感じるのは、人と狼の愛でもなければ、野生に還る純真さでもない。思考を捨てて感... ...続きを読む

    栗太郎 栗太郎さん  2017年1月9日  評価:1.5
    このレビューに共感した/0人
  • 新しい形の愛を受け入れる準備はできている。 かなり衝撃的な内容。自分の中のあらゆる感覚が覆された作品でした。 衝撃的であっても、決して下品にならず、どこかに日常を匂わせつつ未知なる愛を見せていく。そして、常軌を逸した行動を取った自分を、全... ...続きを読む

    どらごん どらごんさん  2017年1月8日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 結構難しい ネタバレ! 上司との関係がよくわからない。 階段の自慰シーンもよくわからない。 放大便後の放火もわからない。 なんで惚れたのかもわからない。 意外に難しい映画だ。 なんで人気あるのかもわからなかった。 面白... ...続きを読む

    SUZUKI TOMONORI SUZUKI TOMONORIさん  2017年1月5日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ワイルド わたしの中の獣」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi