カレーライスを一から作るのレビュー・感想・評価

カレーライスを一から作る

劇場公開日 2016年11月19日
4件を表示 映画レビューを書く

自給自足って、こんなにも大変でスゴイ事なんだ。

関野吉晴と武蔵野美大の学生との素敵な授業でしたね。食べ物の話は普遍的なテーマなんですね。
人が生きて行く事も矛盾や掟を伝えるには分かりやすいテーマなんだと思う。
参照するのが億劫なのでしませんが、ブタをぴーちゃんと小学生との葛藤映画とか、ドイツの食べるという行為を捉えた映画やイルカのコーブ?もありましたね。映画中で学生の一人が、ある線引きをしながら我々は食べてるんだとの気づき、女学生がスーパーに並んだパックされた肉を、今更ながら凄いと、流通機構に携わる様々な人々の手を経て、人間の都合による殺戮が見事に消され見えなくされ、命が消費されている現実に気づくくだり、やはり、こういうのは体験して初めて実感できる事ですね。
私も鳥を養鶏場から貰い受け、捌いて食べる事を試みたけど、どーしても首が切れません。その瞬間は、ビビってションベンちびり、転げてました。
罪だけど、それが生きているという事です。その深い意味を間接体験させてくれる映画でしたね。小学生でも、充分、見せて良いし、見て欲しい映画です。

アッサミー
アッサミーさん / 2017年4月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ガチで作るカレー ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

カレーを一から作る流れ。
美術大学のとある講義(課外授業)で実施されたこの授業。
4月に開始し1月にカレーを食べる。
机に向かう勉強も大事だけど、こういった体験しなければ出来ない授業は1年に1回必要だなと感じる。
学校じゃないとこういうことって出来ないよなぁと思うと、学校教育へのメッセージにも感じた。

野菜やお米だけでなくスパイスから作り、容器なども手作り。
もちろんお肉も。
鳥を締めるシーンは思わず顔をゆがめてしまったけど、命を頂くという事はそういう事。
印象的だったのは「動いている動物も生き物だけど植物も生き物。私たちは生き物を頂いている。」という点。
そして学生たちが
「スーパーに並んでいる同じ形の野菜に違和感を感じる。」
「災害や気候で左右されながらも抗って作る食べ物よりも、その状況に準じたものを食べようと思った。」
「(締めた鳥を食べて)泣きながら食べるかと思ったけど、いつも食べてる鳥の味がして美味しい」
という素直な感想。

ドキュメンタリー映画としても良かったけど、テレビでも普通に放送してほしい内容だなぁとも思いました。

観劇した日は保育園児が大量に見に来ており、ちょっと見るの早い年齢じゃないかと思ったけど、幼少期からこういった作品を魅せるのはとても大事に感じた。

そしてU-zhaanのタブラが合間に入るのが、作品に何故かとても合っていて良かった。

まえじー
まえじーさん / 2016年12月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

カレーライスは不味そう❗

良い経験だと思います。

私も田舎者なので有る程度は理解・経験してたと思ってましたが、目標が無いまま農林高校農業科大変でした。
農作業まだまだ(ケイフンは辛い❗)
酪農は順番制で月一位泊まり込み(1・2・3年各1名に先生❗)
牛・豚の世話です。
人生的にはスゴイ経験と思ってます。

○
さん / 2016年11月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

カレーライスを

一から作る 作品でした。

生きるということの大切さを感じられました。

カレーライス が大好きで興味がでましたので、もう少しカレーを作るシーンを映像化してほしかったです。

かん
かんさん / 2016年11月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

4件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi