「予備知識はなくても可。男女の愛憎が持つ恐ろしさ。」昼顔 映画コーディネーター・門倉カドさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「昼顔」 > レビュー > 映画コーディネーター・門倉カドさんのレビュー
メニュー

昼顔

劇場公開日 2017年6月10日
全291件中、11件目を表示
  •  
映画レビューを書く

予備知識はなくても可。男女の愛憎が持つ恐ろしさ。

【賛否両論チェック】
賛:再び巡り逢った主人公達の恋路の行方と、2人を取り巻く愛憎に、観ていてハラハラさせられると同時に、改めて“愛”の複雑さを痛感させられる。
否:言ってしまえば因果応報のストーリーなので、感情移入出来ないと、退屈してしまうことこの上ない。

 ドラマ版の知識は(勿論あるに越したことはありませんが)、本作のストーリーそのものは独立しているので、最悪なくても大丈夫そうです。
 運命のイタズラによって再会し、封印したはずの恋心が再燃してしまう紗和と裕一郎。そして、そんな紗和の過去を知ったレストランオーナーの杉崎や、裕一郎を頑なに束縛し続ける妻・乃里子と、2人取り巻く愛憎劇の行方から目が離せません。劇中、レストランの先輩従業員の女性が紗和に語る、
「女は、自分よりも幸せそうな女が1番嫌いなの。」
という言葉が、言い得て妙に感じてしまいます。
 あまり言うとネタバレになってしまいますので、気になった方は是非、実際にその結末をご覧になってみて下さい。

映画コーディネーター・門倉カド
さん / 2017年8月6日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  悲しい 単純 寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi