「笑って泣けて最後はさわやかな映画」ラストコップ THE MOVIE りーはさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

ラストコップ THE MOVIE

劇場公開日 2017年5月3日
全45件中、13件目を表示
  •  
映画レビューを書く

笑って泣けて最後はさわやかな映画

初めの方はいつもの明るくはじけたラストコップですが、次第にシリアスシーンが増えて涙が溢れます。
とくにテレビやHuluでこのシリーズをずっと見てきた方は唐沢さんの演じる京極の真っすぐで不器用な生き方とそんな京極を誰よりも大切に思う窪田くん演じる亮太の2人の会話や思いに胸が熱くなることと思います。
そんな涙溢れるシーンでも京極や竹内くん演じる若山が所々で笑いを入れてくるので泣きながら笑うという感情の忙しい映画です。
最後の飛行機のシーンの京極の言葉と亮太の涙にはほんとうに心が打たれました。
それから結婚式の亮太のカッコよさが眩いばかりです。
最後もラストコップらしく、昔懐かしいまだCGなどの技術発達前のハリウッド映画のようなそれでいてドリフのコントのような素敵な終わり方だったと思います。
何回見ても泣いて笑える映画です。

りーは
さん / 2017年5月22日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi