ブラック・ファイル 野心の代償
ホーム > 作品情報 > 映画「ブラック・ファイル 野心の代償」
メニュー

ブラック・ファイル 野心の代償

劇場公開日

解説

アル・パチーノ、アンソニー・ホプキンスが初共演を果たし、「トランスフォーマー」シリーズのジョシュ・デュアメルが主人公の若手弁護士を演じるサスペンス作品。チャールズ・エイブラムス率いる弁護団は、全米に君臨する巨大製薬会社の薬害問題を追っていたが、その決定的な証拠をつかめずにいた。そんな中、野心家の弁護士ベン・ケイヒルは、美女エミリーとの出会いにより、機密の臨床ファイルの入手に成功する。しかし、そのことをきっかけに、ケイヒルの人生は、人々のさまざまな欲望が絡みあった、予想もつかない事態の数々へと巻き込まれていく。主人公ケイヒル役をデュアメル、ケイヒルが勤める弁護士事務所の代表チャールズ・エイブラムス役をパチーノ、巨大製薬会社の会長アーサー・デニング役をホプキンスがそれぞれ演じるほか、主人公ケイヒルを執拗に追う謎の殺し屋役でイ・ビョンホンが出演。監督は本作がデビュー作となるシンタロウ・シモサワ。

作品データ

原題 Misconduct
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 松竹メディア事業部
上映時間 106分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
2.6 2.6 (全13件)
  • 女ってば。。。 弁護士が主人公ということで、法廷で丁々発止の攻防があるのかと思ったが、そういう類いの映画ではなかった。 あるでかい製薬会社が非合法に薬を売りつけている証拠を、いまはその製薬会社のCEOとつきあっ... ...続きを読む

    mg599 mg599さん  2017年1月16日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • ストーリーのまとまりはあまり感じられないものの、場面場面では人の心... ネタバレ! ストーリーのまとまりはあまり感じられないものの、場面場面では人の心情がわかりやすく描かれていて楽しめた。 どの人も狡猾で、実は一番純粋だったのは、1番悪く悲しく描かれていたエミリーではないかなと。 ...続きを読む

    えりおつ えりおつさん  2017年1月15日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 起用キャストを楽しむだけの映画 ネタバレ! ダメダメ邦題の典型なので、原題"Misconduct"(不正行為)で受け止めた方がいい。製薬会社の薬害問題における、"臨床実験の偽装"、"証拠隠ぺい"から始まり、その訴訟の弁護団の"証拠の不正入... ...続きを読む

    Naguy Naguyさん  2017年1月15日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ブラック・ファイル 野心の代償」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi