レミニセンティア
ホーム > 作品情報 > 映画「レミニセンティア」
メニュー

レミニセンティア

劇場公開日

解説

ロシア製SF映画に魅せられた日本人監督が、ロシアに渡り自主制作で完成させたSF映画。ロシアのとある街で娘と暮らす小説家のミハエル。人の記憶を消す特殊能力を持つミハエルのもとには、記憶を消したい人たちが訪れ、ミハエルは人びとの記憶を元に小説を書いていた。ある日、ミハエルは娘との思い出の一部がないことに気がつき、記憶が思い出せない事実に悩み苦しんでいた。そんな中、ミハエルが出会ったのが、記憶を呼び起こす特殊な能力を持つマリアだった。そして、ミハエルはマリアにある取引を持ちかける。監督はアレクサンドル・ソクーロフ監督「太陽」のほか、数多くのメイキング監督を務め、本作が初の長編監督作となる井上雅貴。井上のオリジナル脚本を全編ロシアで撮影を敢行し、完成させた。

スタッフ

監督
脚本
井上雅貴
プロデューサー
井上イリーナ
撮影
井上雅貴
照明
井上雅貴
録音
井上雅貴
編集
井上雅貴
MA
小野川浩幸
助監督
井上智博

作品データ

製作年 2016年
製作国 日本
配給 INOUE VISUAL DESIGN
上映時間 89分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全4件)
  • ちゃんとした配給元が決まるといいですね ロシアで自主制作という意気込みは凄いが、 話がちょっと漠然としすぎており、解釈の幅が広すぎる。 ちょっと鑑賞者を突き放し気味なのは、主人公と鑑賞者を同じような心境に引きずり込もうとする確信犯か!... ...続きを読む

    Kotaro Kotaroさん  2016年12月6日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 日本映画の可能性 日本人監督で、お金が日本なので(なんと自主映画!!)邦画扱いの全編ロシア語の映画。はっきり言って映画を見たら洋画にしか見えなかった。 内容は哲学的で難しい所もあるが、純粋に映画として面白い。シネ... ...続きを読む

    gend gendさん  2016年11月30日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 完成度高いです ロシアでの自主制作というのにまず驚きました。 ストーリー展開もテンポよく、各キャストの個性も立っていて、楽しく最後まで見させていただきました。 ...続きを読む

    スチール スチールさん  2016年11月13日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「レミニセンティア」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi