ラブリー・マン
ホーム > 作品情報 > 映画「ラブリー・マン」
メニュー

ラブリー・マン

解説

インドネシアの気鋭監督テディ・スリアアトマジャによる「親密さについての3部作」第1作で、トランスジェンダーの父とムスリムの娘を対照的に描くことで新しい愛のかたちを模索した人間ドラマ。敬虔なムスリムの少女チャハヤは、生き別れた父親サイフルを探すため首都ジャカルタを訪れる。しかし、ようやく見つけ出した父親は、女装の男娼としてヤクザの下で働いていた。ショックを受けるチャハヤと、彼女を突き放すサイフルだったが……。テディ監督の妻ライハアヌン・スリアアトマジャがチャハヤ役を演じた。2012年・第7回大阪アジアン映画祭、2016年・第29回東京国際映画祭「CROSSCUT ASIA #3 カラフル!インドネシア」部門上映作品。

スタッフ

監督
製作
テディ・スリアアトマジャ
インドラ・タモロン・ムス
アディタント・スマルヨノ
脚本
テディ・スリアアトマジャ
撮影
イチャル・タンジュン
美術
リチャード・シブエア
編集
W・イフワン・ディアルドノ
音楽
ボビー・スルヤディ

キャスト

  • ドニー・ダマラ
  • ライハアヌン・スリアアトマジャ
  • ヤユ・アウ・ウンル

作品データ

原題 Lovely Man
製作年 2011年
製作国 インドネシア
上映時間 75分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「ラブリー・マン」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi