「劣化版「怒り」」羊の木 ヒロシさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「羊の木」 > レビュー > ヒロシさんのレビュー
メニュー

羊の木

劇場公開日 2018年2月3日
全163件中、30件目を表示
  •  
映画レビューを書く

劣化版「怒り」

映画予告のとおり、市が受け入れた犯罪者6人をテーマにした不気味で不穏な映画。

「犯罪者も同じ人間だ」というのはもちろん主人公の発言のとおりだが、彼らの逐一の行動をとにかく怪しい活動のように映す本作は、我々に疑念と偏見の目を常に持たせ続ける。

きっとこの犯罪者の中で、誰かが何か起こすんだろうなという、鑑賞者に対して悪い期待を持たせる本作は中盤まで、宮崎あおいや渡辺謙が出演していた映画「怒り」に近いものがある。

ただ、問題は後半~ラストだ。今まで6人の動きを丁寧に描いていたのをほっぽりだして、すごく無理やりでチープなエンディングへ。

この平成も終わりかけの現代において、昭和半ばの円〇プロの演出か?というゴロゴロ落岩演出なども見てられない。あの岩のくだり、本気で考えてやってんの??

途中まで良かっただけに、最後の放り投げ感、やっつけ感ぽく見えるエンディングが私にはてんでダメでした。

ヒロシ
さん / 2018年2月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)
凸子
凸子さんのコメント
投稿日:2018年2月15日

後半〜ラスト、激しく同意ですね。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi