家族の日のレビュー・感想・評価

メニュー

家族の日

劇場公開日 2016年11月19日
2件を表示 映画レビューを書く

岸部一徳さんが見もの ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

脚本は(ターザン)岸部さんが主役の作品であったのですが、都会から逃れて田舎に戻った家族との交流を描いた作品。
いじめの問題、家族の喪失による人の交流を経つ岸部一徳さんふんするターザン。
最後には一つの家族になろうとする作品です。
星の映像が美しいこと。
また、こちらの映画は大手の映画会社の手法ではなく、クラウドでもなく、出資者から制作費を集い低予算で作った作品です。
俳優も自前の衣装で撮影されています。
また多くのボランティアがこの映画の中に映し出されています。
予算があればもうすこし長く編集しストーリーが脚本を反映するものになったでしょう。

tomokuri0315
tomokuri0315さん / 2016年12月4日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おとぎ話

叱ることも、教えさとすことも、向き合わせることも向き合うこともしないのに、全てが上手くいく都合の良い話って…何だこれ?
誰にみせたいんだ?

Bacchus
Bacchusさん / 2016年11月19日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi