ぼくと駄菓子のいえ
ホーム > 作品情報 > 映画「ぼくと駄菓子のいえ」
メニュー

ぼくと駄菓子のいえ

解説

大阪の小さな駄菓子屋を舞台に、居場所を失った子どもたちと店主の母娘が織り成す交流を追ったドキュメンタリー。大阪府富田林市にある駄菓子屋「風和里(ふわり)」。松本明美さんと娘のよしえさんが営むこの店には、親の離婚やネグレクト、学校でのイジメなどに悩み、居場所を求めてやって来る子どもたちも多い。そんな子どもたちに対してまるで家族のように、時に厳しく、時に優しく接する明美さんとよしえさんの姿と、厳しい環境の中でも懸命に前を向いて生きようとする子どもたちの姿を通し、現代社会が忘れつつある大切なものを見つめ直していく。

スタッフ

監督
撮影
田中健太
編集
田中健太
制作指導
原一男
小林佐知子
制作
大内雅人
整音
中村未来
平木篤
音楽
角田健輔
主題歌
ババロア
題字
松本よしえ

キャスト

作品データ

製作年 2015年
製作国 日本
上映時間 74分
オフィシャルサイト  

映画レビュー

平均評価
4.2 4.2 (全2件)
  • 正直期待していなかったが、これはなかなかの良作。これ程までに子ども... 正直期待していなかったが、これはなかなかの良作。これ程までに子どもたちに肉薄したドキュメンタリーはなかったように思う。だからこその苦しさ。嫌なものを見てしまったという気持ちになるが。それでもこの... ...続きを読む

    koyamarr koyamarrさん  2017年2月6日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 子どもの優しさが溢れていた ネタバレ! 初監督作品映画みたいだがちゃんとできている。被写体の気持ちや、周りの人間模様が面白い。笑えるじゃなくて、感動できる。 意地張る子ども、問題を抱えた子どもと様々だが、みんな駄菓子屋の明美さんに甘え... ...続きを読む

    oti otiさん  2017年2月5日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ぼくと駄菓子のいえ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi