アンチポルノのレビュー・感想・評価

メニュー

アンチポルノ

劇場公開日 2017年1月28日
28件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

売女であることを引き受ける

生殖機能が影響して、女性の身体やそれから発するオーラが男性を魅了する。それが前提となって社会が機能していることは誰も否定できない。おそらく多くの女性は、成長過程のどこかでそのことに気がつき、その理を引き受けて自分の人生を切り開いてゆくのだろう。

同じ台詞を言っていても、典子と京子とでは説得力が違う。真打と前座が同じ噺をしても、観客に伝わるイメージが全く違うのと同様に。既に売女の覚悟がある典子に対して、既に成熟した身体を手にしながらその覚悟が定まらない京子の台詞は全て上滑っている。

彼女の世界には父親以外に男性が現れない。彼女の認識する世界の外に男性(映画スタッフ)がいるが、彼らと対等に渡り合えない。男性と対するためのカードを持ちながら、コントロールできない(或いはコントロールすることを恐れている)からだ。

底が見えない女性の本質に気が付き始め、それに恐怖する少女の感覚を、この映画は疑似体験させてくれる。

冨手麻妙の演技は筒井真理子のそれと比べて拙い。先述した映画のテーマを踏まえれば、女優として成長過程にある未熟な演技だからこそ、観客に感動が届くのだと思う。筒井真理子の達者な演技との差分が大きいほどに。監督の演出はキャスティングから始まっているのだ。

冨手麻妙の時間がこの映画に凍結して、保存されている。彼女のキャリアが積み重ねられ、いつかこの映画を懐かしむときが来ることを願ってやまない。

おかずはるさめ
おかずはるさめさん / 2017年12月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

売女?出口はどこ?

美術や照明はきれいだった。
筒井真理子のきれいな裸が拝めたのもいいけど、話はさっぱりというか悪趣味というか
ゲロ吐くしな

eli
eliさん / 2017年12月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  難しい 寝られる
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

監督の独りよがり?

過激な映像に見せかけて、ストーリーとしてもロマンポルノとしても中途半端。園監督は好きだか、これは、確かにやっつけ仕事と言われても仕方がない。

TOKKO
TOKKOさん / 2017年11月18日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

園子温は終わった

見るに堪えない、園子温の創造のタネは尽きたようだ。

kouhei1813
kouhei1813さん / 2017年9月12日 / PCから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

筒井真理子が凄かった

園子温監督のトークを聞いているような作品でした。エヴァンゲリオンの最終話を思い出した

ʍʀₛₕₐₘₑₗₑₛₛ
ʍʀₛₕₐₘₑₗₑₛₛさん / 2017年5月5日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

舞台のようで

最初舞台のように叫んでつまらないと思って、途中でちがったと期待したのに結局また舞台のようになって、ストーリがなくつまらなかった。

あふ
あふさん / 2017年5月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ただただ残念。

日活ロマンポルノリブート、ということで始まった作品群だったが、本作のようなものが出てくるのならば、5本では足りないのでは。

何をやってもいいとはいえ、何も伝わらなければ意味がないのではないか。

園子温は何をやりたかったのか。僕にはまったくわからなかった。
こういうわからない映画が出てくると、ロマンポルノは閉塞していくかと思うと残念でならない。
ましてや、本作はポルノでもない。

冨手麻妙にもっと強烈な演技力があれば、まだ観られたかもしれないが、彼女には荷が重すぎた。
筒井真理子の50代とは思えないヌードは一見の価値ありではある。

mg599
mg599さん / 2017年3月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

意味不明

全く解らない
途中ででました

じゅん
じゅんさん / 2017年3月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人であることはポルノじゃない

最高でした
園子温監督の作品が好きなら間違いなくハマります

短い時間ですが、十分に見せてくれます

セックスと自由と本能と
想像力の範疇を上手に超えてくれます

セックスは
裸はエロスでしょうか?

一般的ないわゆるポルノはそうかもしれません

でも人間の純粋な身体的表現、本能的表現
エロを意図していないそれらは本来「アンチポルノ」だけれども
それこそが「ポルノ」たりうるのもしれません

その他の作品は『風に濡れる女』しかまだ見てませんが

こういうのが欲しかった

Kenji
Kenjiさん / 2017年2月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

撮影隊が入ってくるまでの始まりが最悪で帰ろうかと思った。 その後、...

撮影隊が入ってくるまでの始まりが最悪で帰ろうかと思った。

その後、いろいろ変わりすぎてついていけなかった。

なにを伝えたいのか全くわからないが
「いちいち絵になるシーン」がすごく良かった。

写真の参考になる。
(DVDで借りてスクショする)

筒井真理子さんの演技すごい
編集長役の黒服黒髪の人を調べる

最高のセックスをしてみない?と彼女と研究する

taki
takiさん / 2017年2月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

園子温の頭でっかち感満載 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ラス2の松竹ロマンポルノリブートで、いよいよ真打ち登場と勝手に期待したのだが、ラスト10分迄、一瞬記憶が遠のく事態へ・・・
そう、寝落ちしてしまった。それ位、脳内での思考の爆発感がついて行けず、置いてけぼり感がハンパ無い作品である。そういう意味では今までの園子温監督の作品とは違った方向制なのではないだろうか。
アイデアとしての、加虐と被虐のスイッチを撮影のカット出しで入れ替わるプロットは面白い。ただ、そもそもこの映画の粗筋の文章をそのまま頭に入れて観てしまうと、まるっきり違う作品を観ているような錯覚に陥る。別に主人公は女子高生で流行作家でもないのだろうし、妹だっていないのだろう。全ての虚実が意味を成さないそんな世界観の中でのストーリー展開だ。これを馬鹿正直に追っていってしまうと、非常に脳が疲れる。考えることを止めてしまい、いつしか・・・ZZZ
若い女の子よりも、監督の奥さんの裸の方がまさしくロマンポルノ的なのではないだろうかと思うのは小生だけ?
監督にはこういう観念的アート作品よりも、もっと猟奇的な作品を期待しているのだけどね。

それにしても、バイタバイタ(売女)煩いのだが、アバズレ、尻が軽い、やりマン、H好き、そして、今風で言えば『ビッチ』となるのだが、わざと昭和感を演出したい監督のいわゆる新宿臭さを醸し出しているようで、浅いなぁと。。。

とにかく、アンチポルノだからポルノではない、その主眼は、逆に裏切ることにあるのだろうが、違うのかな?

いぱねま
いぱねまさん / 2017年2月14日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  難しい 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

理(ことわり)の全くない映画、かといって綺麗でもない。

理(ことわり)の全くない映画、かといって綺麗でもない。
この映画の内容とは、普通の映画の最初の10分なり15分なりの状況説明部分でしてかない。この映画のエンドロールが、最初のテーマソング提示で、そのあと本文があるのであれば、よかったが・・・。

じゃあ絵が綺麗かといえば、そんなことはない。この映画冒頭のシーンの色彩と人の動きは、それだけで全く、腹立たしくなるくらいに、この映画が「遊び」でとられたことを示していて、こんなものに1800円はらったことにすでに後悔する。

汚ならしいのは絵ばかりではない、音も汚らしい。
音が汚らしい映画に、ろくなものはない。
大きな音で驚かせてごまかそうという意図があるゆえに汚ならしさがます。

秘書役の女性、なかみの設定がないから途中から漂流している。
いったいなんなのか?
この程度のことをやらせるために、役者は使い捨てなのだろうか?

この内容に「裸は必要なかった」とどなたかがいっていたが同感。
監督が低予算だからドーノコーノとどこかの新聞記事で
いっていたようですけど、
低予算だろうが高予算だろうが、あからさまに無駄なことしといて、
お金がたりないというのは、ちょっとね。

にこにゃんへ
にこにゃんへさん / 2017年2月14日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

反卑

ちょっとやっつけ仕事感が感じられた。
ただ適当に前衛演劇っぽい事をやって後付けでアンチポルノという意味あり気なタイトルをつけただけのような。
狙ったにしては荒唐無稽なシーンのバックにドビュッシーを流したりとありきたりだし。
まあそれすらも狙ってる可能性は高いが、それでもやっぱり僕にははまらなかった。
ただ、主演女優の魅力というか、売れそう感は今までで一番だったかも。
24

ヨッシー
ヨッシーさん / 2017年2月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

内容は解らないですが ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

≪リアル鬼ごっこ≫と≪ひそひそ星≫を足して二で割ったような映画だったなあ。シュールなところと詩的なところがあった。

「前衛劇なの?」という始まりで「冨手麻妙だとやり切れないかあ」と思ってみてたら、『実は映画の撮影でした』ってくるのね。冨手麻妙もワザと下手にやってんの。そのワザとっぷりは見事だったなあ。

筒井真理子さんは、やっぱりうまい。冨手麻妙と同じ演技を役を入れ替えてやるんだけど、違和感なく見れた。

内容は解んなかったけど冨手麻妙と筒井真理子さん見れたからいいかな。

解らないと言いながら、内容的にヌードになる必要なかったんじゃないかな。

Scott
Scottさん / 2017年2月8日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

はいはい鬼才鬼才

出だしからいきなり園子温節全開。鮮烈な黄色の部屋と文語体で書かれたようなセリフ。「これを80分も見せられるのか……」という感じ。途中で仕掛けが明かされ、なんだ置いていかれた訳ではなかったのかと思ったのも束の間、再びすぐに園子温ワールドに戻される。
裸やセックスを見せながら逆説的にアンチポルノを主張するという発想は興味深いが見事に空回りしていた。
終盤の大量の絵の具をかぶる派手な演出も、壮大に流れる音楽も、全てが自分を置き去りにしていくようで、ただただ呆然としていた。
センスと世界観で殴られているような不快感。

鑑賞後、園子温監督のインタビューを読んだが、園子温は「今ポルノを撮る必要を感じない。ポルノではなくアンチポルノなら撮れると言ったらそれでもいいと言われたので引き受けた。たとえば冒頭の、裸で歯を磨く女性を見ていやらしいと思いますか?僕は思いませんけどね。」と話していた。
「ポルノ=いやらしい」という短絡的な解釈に留まっている故の主張に聞こえる。裸やセックスを魅力的に映し、そこにポルノを見出せないのであればロマンポルノリブートプロジェクトには参加しない方が良い。
アンチポルノでも構わないと園子温監督に拘ったプロジェクト運営側の采配ミスと言わざるを得ない。

マンデリン
マンデリンさん / 2017年2月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

アンチジャパンポルノ観

冒頭の国会の引き画といい、途中で挟まれる安保のニュース、クレジットの全英語などディティールでアンチジャパンを積み上げておき、本筋の背骨部分では、日本における性、ポルノに対する否定講義を行なっている。むしろ、映画に対しても警鐘を鳴らしている。
原色の部屋に注がれる四方八方の光。カメラワーク。刺し子式で繰り広げられる、リアルな自分と虚な自分。混沌とした中にも、可塑性のある表現やポエティックな台詞の言い回しは園子温の絶頂エクスタシーである。(?)日本を置き、外へ外へと向いて作られる作品作りには頭が上がらない。世界の鬼才・園子温。

坂田亭
坂田亭さん / 2017年2月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

精神世界と現実と映画

日活ロマンポルノリブート企画

女流作家と女子高生と女優の入り混じったせい心の話

最近の商業目的で撮った園子温監督の作品と違って強烈な作家性と心の叫びが全編通して伝わってくる映画でした。

映画と現実とトラウマの狭間でもがく主人公は監督自身の透写だと感じた。

女優陣の演技が素晴らしく、劇中劇での入れ替わりなどしっかりしていて本当に混乱させれた。
物語自体は難解だがそれを踏まえても世界観と雰囲気と画の毒々しさ、全てが園子温だなと思った。

才能がない自信がない、いろんな劣等感を抱えながら、それをぶつけるため映画を撮ってきた園子温監督。
本人の内面から沸き上がるものの価値がわからないまま、ファンが膨れ上がり評価され、ただ求められるがままに突き進む。監督は何の寄る辺も無い世界にいるのだなと感じた。

自分は冷たい熱帯魚以降の作品に付いていけなくなってしまっていたの口だが、ドキュメンタリー「園子温といういきもの」を見て監督が人間なのだと実感した。
足掻くしもがくし、不安を抱える一人の男なのだと知れた気がする。彼はその心の内を映像に昇華できるという点で素晴らしい監督だと思う。

商業目的の映画だってそこそこ上手く撮れていると思うし、オリジナル作品には強烈な個性もある。世界の王にならなくても一国の王にはとっくになっているのだから、これからも独自の国を発展させてほしい。それが受け入れられるかそうでないかはわからないが、監督の軌跡は永遠に残るし、影響を与え続けるだろう。

劇中セリフより

「出口をくれ」

暗中模索を繰り返す、上手くいかないくても進むしかない

誰しも出口を探している、自身の中にあるのか外にあるのか。
それすらわからない自分はここで燻るしかないのかもと思った。
まずは進む道を探さねば・・・

フリント
フリントさん / 2017年2月7日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

鼓動と舌舐めずりの音がまた良い ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

我慢できなくて学校帰りにレイトショーへ。
まあ全然面白くなくてもしかたないや、くらいの心持ちで観てみたら想像の450倍面白くてびっくり。

ストーリーも意味も正直全然わかんないのに、すごいワクワクして1シーン1シーンに食い入ってしまった。
虚構が入り乱れて視点も立場もコロコロ変わるのが楽しいし、極彩色の映像が本当に綺麗で気持ち悪い。
最後の顔面ケーキダイブと色水ドロドロには圧倒されてちょっと吐き気がした…

女優陣の演技も最高。
かなり劇的で、舞台を観ている気分になった。
ヘアヌードになってるのも良かった。

タイトルが示す通り、ポルノ映画に対するアンチテーゼというかメタファー的な表現がちょくちょくあった。
だからってこの映画が表現したいことを理解できるかと言ったらできないんだけどね…
ロマンポルノリブート企画の今までの作品のうち一番ポルノっぽくないこの映画でオールヌードが見れるってのがまた皮肉的だなあ

東京ガガガといい分かりやすく奇抜な女の子達といい、監督もとにかく好き放題やってみた という印象。
そんで意外にもハマってしまった。なんとなくネオンデーモンに通ずるものを感じたくらい。
楽しい時間だった。

KinA
KinAさん / 2017年2月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

これは単なる園子温の世界でありポルノでは無い

同じようなシーンの繰り返しで約束の10分に1度の濡れ場もなし主演の娘張り切っているようなのでもっと男優との絡みやエロ露出があったら良かったのに!!

ゆたぼー
ゆたぼーさん / 2017年2月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ロマンポルノはアンチポルノ

園子温監督版が登場、裸は多いが全く意味不明の映画になっている。
最初の設定がガラガラと崩れるシーンは面白かった。
ストーリーを追うのは無意味。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2017年2月1日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  難しい 寝られる
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

28件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi