ひかりをあててしぼるのレビュー・感想・評価

ひかりをあててしぼる

劇場公開日 2016年12月3日
5件を表示 映画レビューを書く

女性は恐い

旦那が嘘を言って結婚した夫婦。子供がお腹にやどったが残念ながら生まれなかった。嫁さんの協力もあり、旦那は、無事に就職できた。仕事は、順調だったが、ひょんなことから、旦那がDVを始めていき、家庭が壊れていくという内容だった。
DVをふるう旦那の影響で、嫁さんがおかしくなっていくという内容だと思って観ましたが、実際は、違いました。
途中で、嫁さんがおかしくなっていくのは、自分を守るための防衛本能なんだろうなと思いました。作品の途中で、「誰が正しいのかがわからい」というようなセリフがありましたが、本当だなと思いました。観終わっても、だれがまともなのかわからない作品でした。
しかし、愛情は恐いなと改めて思いました。愛情がなくなったら人間はなんでもするんだなと思います。

やっすー
やっすーさん / 2017年7月11日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

『暴力』を介在させるということ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

※映画館なのにブルーレイディスクなのが残念
DVがテーマの、実際に渋谷で起こった殺人事件をモチーフとしたホラー映画ということであるが、人間の深層心理や出自、環境という複雑な行程の中で形成されていく人格が紡ぎ出す或る意味不条理な状況を描いていく作品。
新聞や雑誌、ネット等で何となくドメスティックバイオレンスについての事情を見聞きしてはいるが、やはりこうして映像として一つのストーリーに展開されるとその理不尽さに鬱々とさせられる。幼い頃に襲った居たたまれない不幸は、しかし全ての人間が引き摺る訳ではないが、あるトリガーが発端に徐々に負の連鎖が転がっていく流れをコンパクトに収めている。だからもう少しその深層心理が知りたかったのだが、それは作品の主題ではないので、仕方ないのだろう。
ただ、被害者(DVでは加害者)の親友の役どころがフワフワしていて、多分ストーリーテラーの位置づけなのだろうがうまく話に溶け込んでいない感じがした。中途半端さが滲んでいて勿体ないなぁと・・・ほんとはその被害者の男が好きだったというバイという設定に偏ればスッキリすると思うのだが。 だが、確かにああいう狂気的な状況に置かれて、自分だったら恐怖に戦慄するのだろうかとその想像力が足りないので、こればかりは自分でも分からない。果たして自分ならば死体処理の手伝いに従うのだろうか、それとも警察に駆け込める程の力があるのだろうか、腰を抜かすという事象を経験したことがないからイマジネーションが湧かないのは自分でも残念である。
ラスト付近の、幼少時の忌まわしい記憶の中での、妹の機転から暴力をやり過ごした出来事のシーンに制作者の意図があると思うのだが、これも薄ボンヤリしていて、自分の読解力の無さに甚だ落ち込むことしきりである。
『なんでお姉ちゃんばっかり?・・・』 妹の真意は? 言われたお姉ちゃんの心境は? 今にして思えば妹の気持ちは?かなり難解な作品であった。

いぱねま
いぱねまさん / 2017年4月22日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

女という生き物

予備知識なく観たが、アメリカの映画祭でホラー作品賞をとっただけあって怖かった。

ただ、その怖さはじわじわくる感じだった。

普段、知っている知人の女性が実は映画の主人公のような女だったら。友達が暴力を振るう男だったら。

相手が自分に見せている部分なんて、実はその人の1部にすぎない。この作品を見て改めてそう思った。

ヒロインの派谷恵美の笑顔がすごい。この笑顔を見るだけでも、映画を見るに値する。

あの笑顔を見せられた時に自分はどうするのだろうか。
引きずる作品ではあったが、観てよかった。

映画祭で主演女優賞をとったのも納得の演技だった。

ミニシアターでこういう作品に出会うと得した気分になる。
観客に女性が多いのが、意外でそして恐ろしかった。

彼女たちの中にも、共感する部分はあったのだろうか。

解らないが、ちょっと考えてゾッとした。
影響力の強い映画だと思った。

最後まで書いて、哀しい愛の物語だとも思った。

出演者の熱演に拍手を送りたい。
俳優の演技が本作を映画にしているから。

akira0720
akira0720さん / 2016年12月6日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

派谷恵美の一人勝ち

実際の事件をモチーフにしているものの
実話を忠実に再現しているわけではないようなので、
インスパイア・フィクションどまりかもしれない。

にしても、派谷恵美の不気味っぷりが素晴らしく、
上映後の舞台挨拶でも、役を引きずりちょっと恐怖を感じるほど。

今年後半に公開されたシネコン系作品の酷い有様に愕然とする中、
こういうミニシアター系作品が小粒ながらに良作を残してくれていることが唯一の救い。

もし声優が主演女優賞を取れるのであれば「この世界の片隅に」の「 のん」が取るべきでは!?と、思っていたが、恐らくシステム上そういう受賞はないであろう...。と、考えた時に、派谷恵美は主演女優賞与えたいレベル。
受賞せずとも、ノミネートくらいはしてあげてほしい。

映画の内容ほどのところまでは流石に行かなかったが、
私の友人で結構近い感じの関係を築いていたカップルを知っているだけに、ちょっと間違えると短で起こり得る話だと思ってしまい更に恐怖。

人と人との化学反応とタイミングを間違えると、こういうことって起こってしまうんだよね、人間界って...。

そして、このテの映画にああいう「主題歌」要らないでしょう...

ああいうところで変に商業作品のマネしなくていいのに...
どうせなら作品中のサントラやSEももう少しこだわって欲しかった。

Kotaro
Kotaroさん / 2016年12月6日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

バラバラにされた遺体が見つかるところから回顧録的に始まる、実際の事件を元にした話。

最初は暴力的な旦那かと思ったら実は…何とも狡猾で恐ろしくおぞましく、ホラー映画をみているような感覚になる。

鑑賞前、実際の事件のことはあまり覚えてなかったけど鑑賞して色々な背景を思い出した。

風俗で働いていて客に家賃出させていたこととか、汚部屋だったこととか、夫婦共に浮気をしていたこととか、勝手に堕胎したこととか、DVと見せる為にシェルターに避難したこととか、死体を遺棄するのも億劫がったこととか、捜索願いやリフォームの隠蔽工作のこととかは作中には詳しくかかれておらず、事実よりマイルドにしているのが少し残念だけど、テンポや尺を考えたら良いところかな。

Bacchus
Bacchusさん / 2016年12月4日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

5件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi