祖父の日記帳と私のビデオノート
ホーム > 作品情報 > 映画「祖父の日記帳と私のビデオノート」
メニュー

祖父の日記帳と私のビデオノート

劇場公開日

解説

本作が劇場デビューとなる久保田桂子監督が、自身の祖父である久保田直人さんの戦争やシベリア抑留の体験を、何気ない日常風景や四季の移ろいと共につづったドキュメンタリー。1940年に20歳で徴兵検査に合格した直人さんは、終戦までの6年間を中国で過ごし、敗戦後4年間にわたってクラスノヤルスクの収容所で捕虜生活を送った。帰還後、2012年に他界するまで農業に従事した直人さんの飾り気のない日々の営みと戦争の記憶を、孫である監督の目を通して映し出す。久保田監督が本作の撮影を通して出会った元日本兵の韓国人男性を追った「海へ 朴さんの手紙」と併せ、「記憶の中のシベリア」として劇場公開。

スタッフ

監督
撮影
久保田桂子
編集
久保田桂子

キャスト

作品データ

製作年 2013年
製作国 日本
配給 スリーピン
上映時間 40分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「祖父の日記帳と私のビデオノート」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi