純情濡らし、愛情暮らし
ホーム > 作品情報 > 映画「純情濡らし、愛情暮らし」
メニュー

純情濡らし、愛情暮らし

解説

父子家庭で育った思春期の少女が、父親の無償の愛に気づくことで成長していく姿を描いた官能ドラマ。幼い頃に母親を亡くし、父親の友と2人きりで暮らしている女子高生の友美。友は定職につかず複数のバイトを掛け持ちしながら男手ひとつで友美を厳しく育ててきたが、友美は父の気持ちを理解できず反発ばかりしていた。そんなある日、友美の親友がきっかけで、ある事件が起こり……。ピンク映画制作会社・大蔵映画の上映企画「OP PICTURES+」(16年8月20日~9月2日、東京・テアトル新宿)にて、ドラマ部分を充実させたR15+バージョンを劇場公開。

スタッフ

監督
脚本
当方ボーカル
撮影監督
創優和
録音
松島匡
整音
高島良太
編集
有馬潜
音楽
與語一平
助監督
小関裕次郎
スチール
阿部真也
制作協力
甲斐銃介
和田みさ
植田浩行
演出部応援
広瀬寛巳

キャスト

作品データ

製作年 2016年
製作国 日本
上映時間 70分
映倫区分 R15+
オフィシャルサイト  

映画レビュー

平均評価
4.3 4.3 (全3件)
  • 竹洞ワールド 竹洞ワールド。 初めのうちは、セリフが今一で失敗したなーと思ってたけど、 どんどんストーリーに引き込まれた。 なんじゃこりゃーという展開! セシオっていうオジサンの演技がとても良かった。 エロも... ...続きを読む

    はな☆こ はな☆こさん  2016年8月30日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 泣ける一本 久しぶりに泣ける作品 無償の愛に涙します ...続きを読む

    映画三昧 映画三昧さん  2016年8月23日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • ちょっと身につまされるいい話 非正規雇用、過度の介護負担、借金、不倫、恐喝、などなど、多くの社会問題を盛り込む一方、純愛が素直に描かれていてなかなか満喫の70分だった ...続きを読む

    nobutanaka nobutanakaさん  2016年8月23日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「純情濡らし、愛情暮らし」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi