銀魂(ネタバレ)のレビュー・感想・評価

メニュー

銀魂

劇場公開日 2017年7月14日
67件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

中年向けのドストライクおふざけネタには笑ってしまった。 ネタバレ

原作漫画を読んだ事が無く、アニメも数分しか観た事がない条件でレビュー致します。

各キャラクターの台詞、演技、演出には脱帽しました。
俳優さん達がイキイキしてます。
他映画では観れない俳優さん達の演技があり、特に私的には橋本環奈さんや長澤まさみさんの演技は光るものがありました。ここまでやってくれるとは!
山田孝之さんの使い所も見事です。(エリザベスの中身かよ!と)

また、他からのパクリ演出ネタが特に良かった。CDTVネタ、橋本環奈1000年に1人写真ネタ、宇宙戦艦ヤマトネタ、ドラゴンボールネタ、ガンダムシャア&ザクネタ、ワンピースゴムゴムの実ネタ、最後にはナウシカのメーヴェもどきネタ!
いや〜ヒヤヒヤしました!
中年にはツボにハマるおふざけネタばかり。
なんでもアリの様な世界設定でしたので、それにもピッタリハマってました。

久しぶりに映画で最初から最後まで笑わせて頂きました。
福田監督お見事です。でもこんなにネタ出して良かったんですか?w
次回作品にも期待します。

シャア役とナウシカ役は誰だったんだろうか?気になる、、、。

巫女雷男
巫女雷男さん / 2017年9月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ザ銀魂でした。 ネタバレ

紅桜篇はアニメでも漫画でも見ましたが、結構その通りな感じで作られてる作品でした。
多少違う部分もありますが、全体的にしっかり再現出来てました。
好きな作品だったので、実写化は反対でしたがキャストが豪華な上に、実感映画を見てみるとハマリ役な方が多くて楽しく見れました。
銀さんの役だけは、やはりしっくり行かない気持ちもありましたが、銀魂がしっかり銀魂として実写化されてて嬉しかったです。
映画館でも声を出して笑ってしまうくらい楽しいシーンもあり、銀魂らしかったです。
個人的には紅桜篇じゃない物も見たくなりました。

ゆっこ
ゆっこさん / 2017年9月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

結構楽しめた ネタバレ

前半は銀魂らしいギャグが満載で、再現率も高く楽しく見れた。
各所に別マンガ・番組のネタを散りばめていて版権を気にする所も銀魂らしい。
コスプレ大会と化しやすいアニメ実写映画ではあるがその枠は越えて再現でいたと思う。

だが後半のシリアス(というか真面目な)シーンはやっぱりつまらなかった
(原作もシリアス回はあまり面白くないのでその点では完璧な再現ではあるが)
実写だとギャグの勢いが無くなるとコスプレ感が一気に強調されて見てるのが辛くなってくる・・
終盤はちょいちょい眠気に負けてしまった・・

まあ後はなんといっても見所の1つである女優陣のコスプレ!最高でした! (ノ´∀`*)

橋本環奈の神楽コス!服がパッツンパッツンでお腹辺りツンツンしたくなる!
あかりんの鉄子の作業着コス!ノースリーブでカンカンしてるときの腕!美しすぎ!
菜々緒のミニスカから覗く美脚!舐め回したくなりますね!
(コミカルキャラの演技は苦手なようでしたが・・)
そして極めつけは長澤まさみのお妙さんコス!
着物が似合っててセクシーでした!
てへぺろの舌がまたセクシィ!
薙刀ぶっ刺したときの着物から覗く太ももも最高!
「銀さん!」とたしなめる時の声もえろくて最高でした!

総評・アニメ実写としても普通に楽しかったし、女優陣がイロエロと素晴らしかったが最後はちょっとだらけちゃったので評価3.5で!

ダンペー
ダンペーさん / 2017年9月4日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作未読だと置いてかれます…(^_^;) ネタバレ

つまらなかったとはいいません。
笑えた所も何箇所もありました。

ただ原作を全く知らない私は、序盤からギャグとパロディのオンパレードに、かなり置いてきぼりをくらいました笑

特に最初のカウントダウンTVと、新撰組の登場シーン。

カウントダウンTVは本当に冒頭だったので、笑える笑えないという次元じゃなく、
「うわぁ〜監督自由だなぁ〜局制作にはできない演出だわ…っていうかお金払ってる映画とは思えない深夜臭やネット動画臭がすごいわ…」
と客観視してしまい。。^^;

新撰組登場シーンは、原作知ってる人だと各キャラの再現度に感動できるのかもしれませんが、知らない人にはかなりヒク痛いギャグ感で…。
裸にハチミツもマヨネーズ塗る人も、被り物も、バラエティの安いコントみたいなやり過ぎなのりに冷めちゃうだけでノリについてけず…
今は亡きスマスマのパロディコーナー思い出しました。

ある程度見進めて、世界観に慣れて、それぞれの登場人物の個性を理解してきたタイミングなら笑えたし、楽しめたと思うのですが、まだキャラにも世界観にも馴染めてない時にギャグオンパレードだと、全然知らない友達の地元の学校の先生のモノマネされて、仲間うちで盛り上がってるけど外部の人ついてけないみたいな、そんな置いてきぼり感くらいます。笑

こういう原作物は(特にギャグ系なら尚更)、台本作りの段階か、ラッシュの段階で、原作全く知らない人の意見がないとだめですね。

世界観とキャラにも慣れてきた中盤くらいで、ちょっとずつ笑えるようになりました。
というか佐藤二朗さんですね。
この人の演技なしでは、原作未読者は完全に心離れましたよ。
本当見てる人の立場や状況関係なく笑わせてきます。笑

ボタンの音のくだりもそうだけど、なんか喋りながらラップみたいになっちゃってる所は天才としか思えません笑
なんですかアレ。ふざけてるでしょ笑。ていうか原作知らないけど絶対1人原作とか関係なくノリで演技してるでしょ笑。絶対原作あんなキャラいないでしょ笑
いつもの二郎さんじゃん笑
と思ってたら、本当に佐藤二朗さんは原作読まずに現場入ったみたいで。
そんな役者いるんだ!これだけ原作が話題で人気の作品で!まじでその度胸すご!!

人気原作物に対してそんな生半可な心構えの役者さん笑、普通なら監督や共演者に怒られそうだけど、こういうギャグ漫画が原作の場合は、そういう役者がいるから原作未読者は笑えるんだなってしみじみ思いました。
二郎さんの笑いは内輪ネタじゃなくて誰が見てもおもしろいことしてるからね!

全体的にストーリーとしては、シリアスシーンでもすぐ寒いギャグで脱線する感じが、ストーリーにのめり込めず終わってしまった所ではありますが、もうちょっとテンポ良くみせてくれたら楽しかったかも。
ハイスピードで殴るシーン、ギャグに突っ込むシーンとか、セリフ途中でぶったぎるとかして、テンポあげてもよかったかな。

問題は1番のクライマックスシーン…
肝心の戦いのシーンが全て空中戦だったのですが、背景のCGの酷さが…

キャスト費とエキストラ費で予算が尽きたのか…
ギャグ漫画とはいえ、しっかりお金かけて衣裳作ってキャスティングして、キャラの再現率にこだわったなら、CGにも手を抜かずこだわって欲しかった…

空のCG感がいかにも過ぎて、セットまでチープに見えてしまいました。
背景のCGくらい頑張って欲しいです。
2017年の日本のVFXはこんなもんじゃないよ。20年前くらいの酷いCG見てる気分だよ。

ヨシヒコは予算なくて深夜帯で、そのお遊戯感全開なのが個性だったのかもしれないけど、今回は真面目にお金かけて豪華にしたのだから、尚更視聴者がCGと気づかない画作りをしてほしかったです。

おっきいワンちゃんもCG感満載すぎました。
世界観に浸かりそうになっても、そういうバレバレ
CGが出ると、「あ、CG」って無意識に気が散っちゃって、のめり込むことができませんでした。
着ぐるみ感丸出しのエリザベスの方がリアリティあって、ギャグとしての狙いも明確でよかったかな。

時間がない連ドラならまだしも、映画なんだし、技術あるVFX会社に人件費ちゃんと渡してお願いしてよかったのでは?

見終わった直後に頭に浮かんだ感想が、「原作読んでからみればよかった」だったので、ちゃんと楽しめなかったのが悔しくて、映画見た後すぐに原作読みだしました。
原作読んだ今は、それぞれのキャラがしっかり原作再現してるのに感動しましたね。
堂本剛くんという意外なキャスティングも、見事に雰囲気出てたと思います。
セリフ読みに関しては、普段の上手い演技力どこいった?ってくらい棒読み箇所もかなりありましたが…

それでも、どのキャラもリアルな衣裳とメイクでコスプレ感出さず頑張っただけじゃなく、役者それぞれの演技もしっかり原作通りでした。

続編はあったらみたいです。佐藤二朗さんで笑いたい。
佐藤二朗さんのアドリブが聞きたい。
でもあのCGはスクリーンで見るの辛いな…
ドラマかレンタルでいいです。^^;

福田監督、大ヒットしたんだから続編作る時は日本中のVFX会社総出で、進撃やゴジラレベルでVFXも頑張ってください!

にしても小栗さん、夏は暑いからドラマも映画もやらない、舞台の仕事しか受けないって言ってたのに、真夏の京都で撮影させた監督。
よほどの人格者だから役者がついてくんだろうなぁ。

Y.G
Y.Gさん / 2017年9月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

アニメ実写化で成功した珍しい作品 ネタバレ

原作を忠実に再現して撮り上げ、成功してると思う。キャラクターの再現性やアニメのコマ割を意識したカットもきっちりハマっていて違和感はなかった。何より原作へのリスペクトが感じられ好感が持てる。見方ではチープな(でもちゃんと作ってるのだが)VFXも逆に作品のティストをうまく担保していた。

注目の橋本環奈は、個性の強い役柄の演技をすっごく頑張ってて良かった。だが、どこかで指摘があったように彼女は「声を持っていないタレント」なので、それでもどうしても周りの演技に埋もれがちな印象。残念ながらこれがピークかもしれないな…すっごく幼児体型だしw あと二年たってもどうにもならんだろう(遠い目)

最後の見せ場となる堂本剛と小栗旬の身長差があり過ぎる殺陣だが、カメラワークを駆使し見応えがあるものに仕上げてるところは必見だ。苦労したろう。

豆腐小僧
豆腐小僧さん / 2017年8月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

生きててよかった… ネタバレ

見終わって最初に思った…。これが劇場で見られたことがホントに嬉しい…。

小栗さんの銀さんがすごくいい…。というか全キャストが素晴らしかった…。ホントにキャラが生きて動いてるって思える…。個人的に高杉さんと桂さんがホントに美しかった…。そして高杉さんの生足が綺麗だった…。菜々緒ちゃんのお腹と足の美しさも…。うっすら腹筋が見えた(笑)

随所に小ネタやら他作品のイジリやらあってホントに面白い。ずっと笑ってしまう!ホントにヤバいところまであったし(笑)

殺陣も本当にかっこよかった…。高杉さんの殺陣シーンまであるとは思わなかった…。
製作に関わった方全ての方に本当にありがとうございますと叫びたくなる作品でした。

はる
はるさん / 2017年8月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 3 件)

ガッカリ ネタバレ

紅桜篇はコミック・アニメ・アニメ映画と視聴済みです。
しかし何度見ても楽しめる内容ですし、実写化も期待していましたが、、、正直ガッカリです。

「このキャラならこんなことしない」
こういうことはあまり思いたくなかったんですけど、仲間が敵地に乗り込んでいるのにグダグダと源外とやりとりをしている銀時を見て萎えました。
無駄にギャグを入れようとしてキャラクターの魅力を殺している印象を受けました。

あとパロディや他の作品のネタを持ってくるたびに「大丈夫なの?!」とツッコミを入れる流れがくどい。銀魂らしいけど多いとくどい。

唯一役者さんの演技は素敵でした。

アニメや連載が長く続けている作品ってキャラや話の流れが頭に染み付いているので、少し違うだけで違和感を感じてしまいました。
なので私のような頭の固い原作ファンは楽しめないと思います。
これからどんどんジャンプ作品が実写化されていきますが、絶対見ないです。

ぴだ
ぴださん / 2017年8月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

佐藤二郎が面白い。 ネタバレ

原作もアニメも好きです。
実写化速報が流れた時は「はい残念」と思いましたが福田雄一監督だし空知先生のコメントも相変わらず面白くてこれは観に行こうと思えました。配役も特に文句無しな感じ。
福田監督だし原作ノリがそのままでとても楽しかったです。橋本環奈ちゃんの鼻ほじりなんて見たくない…!見たくないけどやったことは素直に凄いと思い観てしまった…!
個人的に一番見惚れちゃったのは菜々緒さんですけど。あのスタイルの良さ素晴らし過ぎるし菜々緒様のイメージが一転、また子らしく砕けまくってて好きでした。腰細い。こしちょうほそい。
佐藤二郎大好きです佐藤二郎に全部持ってかれたという話を聞いて期待しましたが流石佐藤二郎でしたね。あとムロツヨシも好きです。
アクションシーンはアニメのイメージが強過ぎるからか締まって見えなかったのと、天人の被り物のハリボテ感半端ないのがちょっと残念でした。あと最後の高杉と去る天人が雰囲気とあってなさ過ぎて笑いそうになりました。

一原作ファンとしてお気に入りです。福田組好きだ。

0k0
0k0さん / 2017年8月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

良くできた娯楽快作 ネタバレ

TVドラマ「勇者ヨシヒコ」や「アオイホノオ」のノリを期待して観に行って大正解! 役者たちが楽しそうに演じているのが伝わる。敵・岡田役の人にもギャグシーンをあげて欲しかった。

グリムロック
グリムロックさん / 2017年8月16日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ガッカリしました。 ネタバレ

とても期待していたこともあり、
正直ガッカリした作品でした。

笑えるところも何箇所かあり、
ギャグについてはとても楽しく観ましたが、
映画として成立しているかと言われると、
少し話が脱線したり、まとまっていなかったように思いました。

ギャグならギャグで、シリアスならシリアスで
どちらもするのがやはり銀魂の良さだとは思うのですが、漫画やアニメほど綺麗にまとまっていなかったです。
正直眠たくなりました。

まりも
まりもさん / 2017年8月11日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 6 件)

最高 ネタバレ

福田さん特有の小ネタ満載
銀さんかっこよい
新八リアル
神楽そこそこ(笑)
ゴリラそこそこ
土方小さい
総五原作そのまま
高杉剛くんいい味出してた

佐藤二郎さんムロさんもいつもの福田ワールドそのままで笑いました。

銀魂マンガで好きで
アニメでも好きで
実写映画どうかな。と半信半疑で観に行ったけどかなり笑えた。
なんらな、戦うシーンいらね、くらい小ネタシーンが笑えた。
続編希望。
DVD出たら買いたいっす。
よろしくっす。

よりこうは
よりこうはさん / 2017年8月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

笑える! ネタバレ

福田監督の『勇者ヨシヒコ』作品が好きで観に行きました。
原作未読です。
作品冒頭で言及されていたように、原作未読者にとっては非常に面白かったです。(笑)
ストーリーは、主人公たちと、彼等と対峙(?)する高杉という人物の話と、紅桜という妖刀の話で主軸が2つあって、やや分かりにくかったですが、置いて行かれるほどではないです。
一方の戦闘シーン、アクションシーンは圧巻でした。特に銀時の戦闘シーンは皆すごい。
そしてそれを上回る勢いでギャグがすごい。ちゃんと展開を崩壊させないレベルでとんでもないネタがいくつもぶち込まれています。
いくつかは他方面から怒られそうなチャレンジングな部分もあったりして、それはそれで面白かったです。

cha
chaさん / 2017年8月6日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

高速テンポを保つのは難しい ネタバレ

漫画の魅力の高速ぼけ突っ込みを実写化で保つのは難しいね。あれほぼ登場人物全員参加だからそれを役者さん皆に求めるのは無理というもんだ。そのためかテンポが不安定で、時間が長く感じた。ただ佐藤二郎さん、ムロさんが出てくると小気味よいやり取りが生まれて、小栗さん、菅田くんもギャグが輝いてた。(菅田くんの襟のところツボです。)神楽ちゃん中国語風な発音がむしろ九州弁?な気もしたけど、奈々緒さんとのからみ笑えたー。才能あるかも。吹き出すほど面白い場面も所々あったので、テンポさえ良ければと残念。実写ではこれが限界かな。ただ毎回佐藤さんとムロさんだのみの作品では、マンネリのもとなのでは?殺陣は刀を片手で持つ場面が多い気がして残念。岡田将生くんはもっと練習が必要。

k
kさん / 2017年8月3日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

実写化して典型的な寒い例 ネタバレ

実写でやるとこんなに寒いのか、というのを骨身に知らしめてくれた作品。
殺陣は平均的な日本映画だが、シリアスな場面が酷い。
俳優さんは頑張ってくれてるんだが、寒いし絶望的に合わない。
唯一誉められるのはパロディだが、それに頼りきりな上に面白くないのも多い。
時間とお金の無駄。
1000年に一度の腹肉はマニアックで良かったです。

名久井悟朗
名久井悟朗さん / 2017年7月31日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

失笑しか無い。 ネタバレ

アニメ3周くらいしてると思います。
銀魂大好きです。
笑えると聞いていたので、
せめて笑えればと思いました。

始まった瞬間着ぐるみ大会だと思いました。
初っ端からギャグは滑りまくり。
面白いはずのかぶと狩りの話は、
全く面白くないものになっていました。

その後も真面目なシーンでの
オリジナルのギャグ。しかもつまらない。
CGがとてつもなくしょぼい。

アクションには何の迫力も無く、
ラストバトルはしょうもないチャンバラごっこにすり替えられ、グダグダで終了。

役者はほぼ棒読み。
小栗旬は好きですが、銀さんではなく
ただの小栗旬でした。
剛も好きですが、全く高杉じゃありません。
新八も神楽も真選組もあんなんじゃない。
人斬り似蔵とまたこは許容できました。

結論を言うと全く面白くありません。
途中退出したかったですが、
連れもいたので最後まで観ました。
原作やアニメファンの方は特に覚悟して
観に行ったほうがいいです。

観たことがない人がこの映画を観て
これが銀魂だと思われるのは悔しいです。
実写化反対する人の気持ちがよくわかりました。
怒りすら覚える内容でした。

銀魂という話題性と豪華俳優で
それなりに伸びてると思いますが、
それを勘違いして第2弾とかが無いことを
切に願います。

うん
うんさん / 2017年7月31日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 4 件)

なかなかの出来栄え ネタバレ

全体としていい出来だなあって感じでした。
原作ファンで紅桜篇は割と見たのでストーリーがちょこちょこ違うとこ(最後まさかの高杉と戦うんかい!)は気になりましたが、これ一本の映画って考えたらわかりやすいストーリーになってたなという印象でした。演技もまあ多少違和感ありつつも笑、みんなよかった。オリジナルのギャグなんかは実写だからっていう内容で笑えました。唯一言えば、最後は原作通りでUVERworld流しながら戦って欲しかったな…くらい。まあでも原作ファンもそうじゃない人も楽しめる内容でした。

さら
さらさん / 2017年7月30日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

佐藤二郎さんが面白かった!! ネタバレ

映画が始まってしばらくはキャストとキャラ紹介みたいな感じで、どの段階から紅桜っぽくなるんだ??と思っていたら、気付いたらいつの間にか始まっててなんか拍子抜けした。
基本話の流れが雑すぎて、観てて置いてかれる。
個人的に高杉大好きなのだが、キャストの演技が…って印象を受ける。
ただ、武市変平太役の佐藤二郎さんが凄く良く、めっちゃ笑ってしまった笑
最高だと思う!
観てて退屈していたので、彼の演技にとても救われた!
佐藤さんの演技に★4

やむちん
やむちんさん / 2017年7月29日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

1800円払って観るもんじゃない ネタバレ

多分この監督の作る作品の良さなんだろうけど、まあ家のTVで十分な内容かなと。
この「やり過ぎ」ギャグは、あの深夜にお茶の間でブフッと吹き出す感覚がわかる人にはおすすめです。是非、DVDで観ましょう。

とりあえず印象に残ったものは

◎橋本環奈クソカワイイ。
◎新井さんとツヨぽん可哀想。
◎安田さんの飛び散る唾。
◎も○○ず
◎シャ○○ク
◎○○シカ
◎○○○○○
◎○○○

あれだけやられたら笑わずにいられるか!

ジェームス
ジェームスさん / 2017年7月28日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作ファンは予告編だけで充分 ネタバレ

実写化が決まり、紅桜篇と知った時はまたか…と思いつつも、監督が本当に面白いものが出来たと言っていたので、少し期待して観に行きました。

しかし、流れを知っているので先が読めてしまい1mmもワクワクしませんでした。(仕方の無いことかもしれません)
映画終盤、原作では銀さんと桂の共闘が見どころとしてありますが、実写では高杉をラスボス位置に置いて銀さんとショボイちゃんばら劇を繰り広げ、本当に福田監督は銀魂のファンなのか?と疑問を感じた程です。
また、個人的に音楽が物足りなかったです。「ここで無音はどうなの?」とか、「え?このタイミングで曲かける?」とか、福田監督独特の謎時間が何度か流れました。(笑えない)
所々に挟んでくる小ボケもどうしても寒く感じてしまい、ムロさんと佐藤二朗さんのとこ以外は俳優陣頑張れとしか言いようがありません。
福田監督の作品は好きだし、ギャグ系も大好きなのですが、あまり笑えなかったのが本当に残念です。

総括すると、予告編までが最高に面白かったです。紅桜篇を熟知している方や銀魂好きの方は予告編だけ見て、あとは脳内変換で事足ります。1800円払って本編観る価値はありません。(キッパリ)

ただ、キャストの方々は割とハマってたので、違和感なく観れました。新八のツッコミ以外は。叫び散らすだけのツッコミは、新八の役作りが全く出来ていない証拠に感じます。阪口大助さんは菅田将暉さんのツッコミを褒めたようですが、お世辞としか思えません。菅田さんには慢心せず、自分を省みてほしいです。

ゆむゆむ
ゆむゆむさん / 2017年7月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

期待しすぎていた。。。 ネタバレ

原作よりアニメ派なのですが、どうもこの映画きたいしすぎたようです。、佐藤二朗、ムロツヨシ以外やはりどーーーみても演技に違和感があり、演技が強引にやってる感が笑いというより、イタさとしてでてしまっていた。あと、神楽ちゃんが棒読みにしか聞こえなかった。。なんでかな。。小栗旬、は小栗旬だったし、長澤まさみは長澤まさみだったし、演技の時点で物足りない。真撰組の3人が演技力高かった印象。

また、構成がバラバラとしていて、シリアスな部分と、笑いをとりたい部分がごちゃごちゃしすぎていた、その笑いもなんだか、程度が低く。。この映画で伝えたいことってなんなんだろうって思ってしまった。銀魂の何でもありな感じや、銀さん、桂、高杉、の生き方としてのかっこよさだったりが、感じられなくて、なんかなぁ。。。ってなってしまった。スカッとしない、モヤモヤしたかんじ。

バトルも高杉弱すぎ、高杉の色気とかヤバイ奴な感じとか、全然感じなくて、しかも最後の殴り合い弱すぎ。わたし的には風間俊介くんの高杉を見たいなって思う!

この映画を見た後に残ってるものは、ムロツヨシと佐藤二朗と小栗旬のエンディングの歌が面白かったっていうのだけ。ほんと期待しすぎた。

ヨシヒコの面白さと
銀魂の面白さは違うなって感じた。
福田監督の銀魂の解釈を見ている感じでした。

普段の銀魂のストーリーの方が面白く書けそうなんじゃないかなって思いました。

紅桜編じゃなくてよかったと思う。

バタコさん
バタコさんさん / 2017年7月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

67件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi