本能寺ホテル(ネタバレなし)のレビュー・感想・評価

メニュー

本能寺ホテル

劇場公開日 2017年1月14日
63件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

綾瀬以外に見るべきものなし

万城目学は,「鹿男あをによし」や「プリンセス・トヨトミ」など映像化作品の多い作家である。直木賞候補や本屋大賞候補に何度かノミネートされているが,未だ受賞はないらしい。その彼が,最初から映画化を目的として2年掛けて書き上げた脚本作品があったらしいが,プロデューサーに見せたところボツを食らい,泣く泣く断念したといった経緯が最近あったらしい。昨年末になって,そのボツになった脚本のアイデアだけを盗用された作品があると,万城目学が自身の Twitter で発言したことが問題となっており,作品名は明らかにされていないが,それがこの本能寺ホテルではないかというのがもっぱらの評判である。

本作の製作はフジテレビであり,「鹿男あをによし」も「プリンセス・トヨトミ」もフジの傘下のグループによって映像化されており,いずれも主演が綾瀬はるかであることや,「プリンセス・トヨトミ」とは主要キャラとして堤真一が出演しているところも一致していることから,ファンから見れば,一連の系列作ではないかと見えるのはやむを得ないような状況である。しかし,この映画のスタッフの中に万城目学の名前はない。万城目学の作品は,当初から脚本作品として書かれていて,未出版であったため,映画が公開されてしまった以上,そのアイデアを後で出版すればパクリと言われてしまう訳で,折角のアイデアを出版することも叶わなくなってしまった訳である。

ホテルのエレベーターがタイムマシンになっていて,本能寺の変前日の本能寺に繋がっているというアイデアだけが全てというような話である。タイプスリップがいつ起きるのかといった条件も,行った先でのやり取りも,結末も,特に大きなサプライズがある訳ではなく,信長にしては行動が不合理に過ぎ,偉大な権力者としての威厳やスケール感が映像的に全く欠如していた。森蘭丸などのイメージがかなり違っていたのは,それはそれで面白かったが,折角のタイプスリップの面白さが全く回収されていなかったのは,完全に脚本の失敗であろうと思われた。

役者は,綾瀬はるか以外に全く見るべきものがなかった。と言っても,綾瀬がそれだけ魅力的なキャラとして活躍していたとは到底言い難く,行動原理がそもそも不明であった。画面の中で見続ける対象として,綾瀬がこの映画にいなかったらと思うと,一体何を見ろというのかという気がするだけである。その意味において,綾瀬はこの映画の救世主とでも言うべきで存在であったし,一方,風間杜夫や近藤正臣は,まさに名優の無駄遣いというべき惨状であった。

佐藤直紀の音楽だけは出来が良く,エンディングで歌謡曲が流れてこなかったのも評価できたが,それ以外に褒めるべきものはほとんどないという作品であった。他人のアイデアだけ盗用して,その後をいい加減に作り上げた映画なんてのはこんなものなのだろう。現代と何度も往復しているのだから,私なら,当時の詳しい専門書を持って行って知識不足を補いながら状況を擦り合わせ,解決策を見つけようとするだろうし,当時の武具や有名人のご尊顔などをケータイやデジカメに収めようとしたはずである。この製作スタッフには,もし戦国時代に行けたら何をするか,という興味が全く持てていないのではないかと思えて仕方がなかった。
(映像4+脚本2+役者3+音楽4+演出2)×4= 60 点。

アラカン
アラカンさん / 2017年1月21日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

本日3回目の鑑賞です(T_T)綾瀬はるかの天然記念物演技力アカデミー賞ですよね

信長は本当に本能寺で自害したのか?自害せづ信長が天下人なら、、、綾瀬はるかの胸、、、堪能した

やんじい
やんじいさん / 2017年1月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

堤信長の格好良さで、作品の地味さを十分補っていたかなと

「プリンセス トヨトミ」のスタッフ・キャストが再集結して作られた映画だけに、逆にハードルを下げて見ることが出来たからか、予想したよりは楽しめました。
豊臣の次は信長って少々安易過ぎないか?とは思いつつも、やっぱり信長と言う存在は戦国時代にて一番魅力的なキャラですから、手垢が付いた題材・プロットでも何だかんだで信長がいるだけで楽しめちゃいますね。
ところで、てっきりまた万城目学原作の映画なのかと思ったら、一応オリジナルの脚本だったんですね(いろいろ騒動はあったようですが「一応」と言うことで・・・)、戦国時代へのタイムスリップ物と言う使い古されたネタなのに物凄く普通に描かれていたので、見終わって妙に違和感があったのですが、なるほどそう言う訳だったのか、奇想天外ではない分、とても見易くて普通に楽しめましたが、薄味感は否めずでその分印象には残り難い映画になってしまったかなと。

まあでも、この脚本でも信長に堤真一を配したのと森蘭丸に濱田岳を配したことによって、いろいろ突っ込みどころはあってもこれはこれでありかなと思えましたよ。
美少年のイメージな森蘭丸が濱田岳って、いくらなんでも・・・と最初は思いましたが、森蘭丸と言うよりはそのまんま濱田岳だったからこそ現代との橋渡し役として映画的に最高のキャラだったなと思いましたね。
堤信長には濱田蘭丸が妙にしっくり来る!
そして堤真一ですよ、カッコイイ、まあ冷酷非道からの変わり身には問題ありも、こんな信長だったら最高だなと思わされるような、歴史にロマンを感じれる信長像で、痺れました、見た目も信長っぽくて良かったぁ。

これが真実であって欲しいと思わされる顛末だったことが、やっぱり最終的にはそれなりに面白かったと思えた一番の要因だったかな。
いろいろな想像を膨らませることができる、だからこそ本能寺の変は魅力的な題材なのかもしれませんね。
一度あの時代にタイムスリップしてみたいと言う思いはありつつも、私は即効で斬られて終了だろうな、そう考えると綾瀬はるかも偉大です(笑)
もう少し本能寺ホテルからのタイムスリップのからくりに説得力があったら尚良かったんだけど・・・(レトロ調なホテル自体は好きでしたが)
しかしエンドロールを見てビックリ、ホテル本能寺なるホテルが実際にあるんですね、この映画のおかげで宿泊客が増えそうな予感(って言われなくても元々人気あるのかな?)

現代パートで京都観光気分を味わえるのも見所の一つだったでしょうか。
京都の街並みに綾瀬はるかが映える、綾瀬パイが映える、鈴木雅之監督はやはり綾瀬パイの虜なんですね、そこに関してだけは毎度グッジョブ!
綾瀬はるかが演じた繭子はちょっと綾瀬はるかのキャラ頼みすぎて(本人ほどではないけどいい感じの天然でしたね)、少々人物的な魅力には欠けたかな・・・成長物語とするには少々強引でしたしね。
まあ綾瀬ファンとしてはそれでも十分堪能できました、何はなくとも自分が楽しめればそれで良しです。

スペランカー
スペランカーさん / 2017年1月21日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 興奮 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

綾瀬はるか満開

イヤーなことあって、シネコンでたまたま気晴らしに本能寺を。
綾瀬はるかの魅力満開、イメージぴったりの役柄で、ストーリーも楽しく面白く、京都の街の風景も素敵で、何の心構えもせずに気持ちよく見られました。
歴史の謎を全て解くのかなと思ったらそうでもなく、信長の遺体が見つからなかったのは、現世に逃げたからというオチかなと思ったら潔く逝ったということで、信長は人間味もあるしカッコいい!というストーリーでした。ちょっと綾瀬さんの胸に目が行って入ってこない感はありましたが、お気楽な良作です。

tantenkan
tantenkanさん / 2017年1月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白かった

大満足の映画でした。
私自身、歴史の偉人の中で、織田信長が一番好きだったなーという気持ちを思い出させてくれた。
そして、近藤さん・風間さんベテラン人の味、相変わらずの圧巻の演技力の堤さん、そして綾瀬さんは、顔の表情で演技できる女優さんだったんだと気付かせてくれた。
内容も秀逸でした。

huna
hunaさん / 2017年1月21日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

予想以上

まず、この映画が、漫画や小説の原作からの映画化ではなく、オリジナル脚本の映画という点に惹かれた。

映画に入ると、最初は、現代と本能寺を繋ぐエレベーターに驚き、綾瀬はるかの真っ直ぐな振る舞いに微笑みながら見ていたが、
後半から、冷酷な信長のやさしい顔、無邪気な顔、
そして強い想いが描かれると、心が熱くなった。
人はいろんなものを抱えて生きている。

そして、人は人との触れ合いの中で変わっていける。
信長との触れ合いの中で、繭子が変わっていくように。

最後に今と信長の時代の風景を重ね合わせた所があるが、時は続いているんだと改めて気づかされた。

この映画の売りはわからないが、
予想以上にいい映画でした。

Mac
Macさん / 2017年1月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

無難といえば無難だが

ラストの展開の無さに不満を感じた。
CGの使い方、下手だと感じた。
テレビ局制作の邦画、特にフジテレビ物は、なんかこう....共通して色んな意味で飽きが来た感がある。出演者、音楽、ストーリー展開、締まり方、等。テレビの延長上だなと。
劇場映画て事をもっと意識した作品にして欲しい。

映画鑑賞1000作
映画鑑賞1000作さん / 2017年1月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おもしろかった

面白かったです。小栗旬の信長もよかったけど、これはこれで面白かった。

楽しいばかりの映画かと思ったけど近藤正臣と綾瀬はるかとの会話には自分の人生を見つめ直し少しグッときました。

「これからの人生、何ができるかではない、何をしたいのですか。」

俺は何なんだろう、金のことしか考えていない。俺の人生で俺は何をしたいんだろう。

近藤が学生が立ち寄る食堂をやりたいと言った。立派な料亭を捨てて。
映画の話だろと、言われるかもしれないけど、なんかグッと来た、うらやましかった。

近藤が「遅くはない、明日見つかるかもしれない。」と、言った。

俺も探します。俺が何をしたいのかを。

51
51さん / 2017年1月20日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

綾瀬はるかの映画観のみ

ストーリー性がなかったという感じです。
歴史観も登場人物もなかったですが
織田信長役はよかったです。
あとは残念です。

maruma1970
maruma1970さん / 2017年1月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

信長の存在がほんとにかっこよかった!

信長の存在がほんとにかっこよかった!

パイナップル
パイナップルさん / 2017年1月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

割と面白い

割と面白く観られました。
内容的に信長〜と比べられちゃうのは仕方ないかな?

舞
さん / 2017年1月20日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

地味に面白い

微妙に面白いほうでしょ。

西国くん
西国くんさん / 2017年1月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

締まりが悪い

エンディングの10分程は不要。そろそろお尻が痛くなりそうな時にあのだらだら感はなんでだろー。

老眼鏡
老眼鏡さん / 2017年1月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

京都とタイムスリップをほんのり楽しめるエンタメ映画

タイムスリップを繰返し、今と戦国の本能寺をいききするという、とてもわかりやすく飲み込みやすいお話で、誰でも楽しめるでしょう。
逆に言うと、すぐに想像がついてしまうストーリー展開で、特段目新しいお話ではないような気がするところ…。

堤真一さんのさすがの威風堂々感。
濱田さんはどんな監督もが遊ばせたくなるだろうなぁというチャーミングさ。
主人公演じる綾瀬はるかさんにおいては、もはや脚本があてがきなのかと思う位ぴったりです。

織田信長、美化し過ぎじゃない?とも思いますが、いいんです!映画ですから!
想像においては、どんなことだって描けるんですから。

モアナ
モアナさん / 2017年1月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 単純 笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

楽しめました

予想外に楽しめました
綾瀬はるかさんの貢献度絶大!!
ロングスカート姿がよいですね。
他の俳優陣もゆるくて良かった。
時間があるなら是非。
最近の日本映画は良くなってきましたね。

シネパラ
シネパラさん / 2017年1月20日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

綾瀬の胸は確かに目立つ

楽しめました。色んな意味で

Daikokumai
Daikokumaiさん / 2017年1月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 単純 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ちょっと前なら世にも奇妙なでやりそうなネタ

なかなか面白い作品でした

あっくん
あっくんさん / 2017年1月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

思ったより面白い。

評価低いからダメ元で鑑賞。
でも偉大な本能寺をあの人数で表現したのは充分かと思う映画でした。

○
さん / 2017年1月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

胸が…

娯楽映画としてみるなら楽しめる。
綾瀬はるかの胸しか印象に残らないが…

月島爺
月島爺さん / 2017年1月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

たわわな・・・

お胸に釘付け?

ストーリー展開は、ほぼ予想通り。

ホテルの雰囲気と炎上シーンがまぁまぁ、楽しめた。
唯一、緊張感があるのが、襲撃シーンのワンカット。

外に、これ!と言えるものもなかった。人によっては「就活ガンバロウ」なのかもしれないが・・・

暇つぶしか、綾瀬はるかのバストラインを堪能するくらいの感じで。正直、内容から見て尺が長い(間を取りすぎ)。
ラストのほう、若干、寝てしまった。

kita-kitune
kita-kituneさん / 2017年1月19日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 寝られる 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

63件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi