俺たちポップスター : 映画評論・批評

俺たちポップスター

劇場公開日 2017年8月5日
2017年7月25日更新 2017年8月5日より新宿シネマカリテほかにてロードショー

コメディ界と音楽業界がガップリ手を組んだ、クダラな楽しいお祭りムービー!

ショービズ界のトップスターとして人気絶頂の“コナー・4・リアル”に取材班が密着し、知られざる素顔に迫るドキュメンタリー映画を製作! そんな体で進行するモキュメンタリー(疑似ドキュメンタリー)だ。

音楽ドキュメンタリーを模したコメディ映画の歴史は古く、架空のロックバンドのツアーに密着した「スパイナル・タップ」(1984)はフィクションなのにロックンロールライフの真髄を映した傑作として語り継がれている。本作は、音楽ネタで大ブレイクしたコメディチーム“ザ・ロンリー・アイランド”が全力勝負で挑む「スパイラル・タップ」の最新進化形だと思っていただきたい。

優れたコメディ映画のレビューで困るのは、「爆笑の連続!」の一言でこと足りてしまうこと。主人公コナーが赤ん坊の時にドラムを習得していたり、取り巻きたちとバスケットボールに興じるシーンはあからさまに「ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー」のパロディだが、別に元ネタを知っていなくてもまったく問題がない。全編にわたって歌詞は超クダラないのにやたらとハイクオリティなオリジナル楽曲が投入され、成功して有頂天になったセレブが陥る“大失敗あるある”をこれでもかと畳みかけていく。

画像1

筋金入りのサイテー男であるコナーを演じているのはリアリズムラブコメ「セレステ∞ジェシー」のアンディ・サムバーグで、等身大の青年だった“ジェシー”としてサムバーグを知った人は、巨大ステージで(ほぼ下ネタの)歌とラップで暴れ回る姿に目を丸くするに違いない。

前述のザ・ロンリー・アイランドはサムバーグとアキヴァ・シェイファーヨーマ・タコンヌの三人からなるユニットで、シェイファーとタコンヌが共同監督を務めながらコナーの幼馴染役で出演。彼らがいかに業界で愛されているかを証明するゲストの豪華さに驚かされる。過去に何度もコラボしているジャスティン・ティンバーレイクマイケル・ボルトンはもちろん、マライア・キャリーファレル・ウィリアムス、マルーン5のアダム・レヴィーンから元ビートルズのリンゴ・スターらが本人役で登場。「ラ・ラ・ランド」のエマ・ストーンも歌姫役で顔を出すが、メイクがケバ過ぎて気づかない人もいるだろう。

本作はアメリカのコメディ界と音楽業界がガップリと手を組むことで実現した壮大なお祭りムービーであり、徹頭徹尾バカバカしいギャグの洪水であり、それでいてコナーと仲間たちをついつい応援してしまう優れた青春映画でもある。端的にまとめると、やたらと楽しい快作なので見過ごす手はないですよ!

村山章

関連コンテンツ

特集

エマ・ストーンも、マライア・キャリーも! “オモシロすぎて”全米が便乗!!未公開にするのはもったいない──“満を持して劇場公開”!「40歳の童貞男」ジャド・アパトーの《壮大なおふざけ》に全・員・集・合
特集

全米ヒットチャートをにぎわせ、オーディエンスはもとより多くのミュージシャンに愛される3人組ヒップホップ・バンド“スタイル・ボーイズ”を、キミは知っているか? その伝説のバンドからソロデビューした今最も旬なポップスター、“コナー4リアル...特集

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全8件)
  • 衝撃のキャリー! ネタバレ! ...続きを読む

    そらみつ そらみつさん  2017年11月17日 19:20  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • 面白くない アメリカの音楽業界事情もよくわからないし、アメリカン・ジョークの意味もよくわからず笑えない…よくある日本人には今ひとつ伝わらないコメディ映画でした。 ...続きを読む

    stoneage stoneageさん  2017年10月12日 01:38  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • ポップミュージック版のスパイナルタップ ジャド・アパトー製作ですが名前貸しただけで、完全に監督・脚本を手がけたザ・ロンリー・アイランドの作品ですね。 全編下ネタ満載の楽曲と音楽ネタの数々に大爆笑。とくに、ライブで早着替えを披露するも... ...続きを読む

    young爺 young爺さん  2017年8月20日 10:43  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • ジャスティス・リーグ ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなた 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督) 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi