エリザのために
ホーム > 作品情報 > 映画「エリザのために」
メニュー

エリザのために

劇場公開日

解説

2016年・第69回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞し、「4ヶ月、3週と2日」(パルムドール)、「汚れなき祈り」(脚本賞&女優賞)に続いて、3度目のカンヌ映画祭受賞を果たしたルーマニアの俊英クリスティアン・ムンジウの長編作。イギリス留学を控える娘エリザを持つ医師のロメオ。ある朝、登校途中に暴漢に襲われたエリザは、留学を決める最終試験にも影響を及ぼすほど大きく動揺してしまっている。そんな娘の試験合格のため、ある条件と引き換えに温情を与えてもらおうと、ロメオは、警察署長、副市長、試験監督など、ツテをたよりに奔走する。そんな父に娘は反発し、ロメオには検事官の捜査の手が迫ってきていた。

作品データ

原題 Bacalaureat
製作年 2016年
製作国 ルーマニア・フランス・ベルギー合作
配給 ファインフィルムズ
上映時間 128分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第69回 カンヌ国際映画祭(2016年)

受賞
コンペティション部門
監督賞 クリスティアン・ムンジウ
出品
コンペティション部門
出品作品 クリスティアン・ムンジウ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

観る者を安全地帯から引きずり出す、倫理観を揺さぶるドラマ
エリザのためにの映画評論・批評

率直に言って、観ていていささか居心地の悪くなる映画だ。それはこの物語がいったい誰に共感したら良いかわからない、白黒はっきりさせられるような作りにはなっていない点にある。そして謎が解明されないまま事態が進行し、観る者はわずかな手がかりや...エリザのためにの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
2.9 2.9 (全7件)
  • 脚本賞ならまだ納得いくけどさ 父親役の俳優があまりスクリーン映えしないかなぁという悪い予感が当たる。会話が中心だが、画面に工夫がなく平板なままなのがなんとも。 ...続きを読む

    花火 花火さん  2017年2月18日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • 確信犯=それが正しいことと信じて犯す罪 ネタバレ! 親が子に対して言う「あなたのため」の落とし穴。親から子への愛が、親のエゴの押しつけに変わり、その独善的な正義に気づかない「誠実」さ。 人は主人公のことを「誠実な人」と語る。しかしその誠実な人が、... ...続きを読む

    天秤座ルネッサンス 天秤座ルネッサンスさん  2017年2月8日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • なんだか スッキリしない作品でした。 ...続きを読む

    かん かんさん  2017年2月5日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「エリザのために」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi