エリザのために
ホーム > 作品情報 > 映画「エリザのために」
メニュー

エリザのために

劇場公開日

解説

2016年・第69回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞し、「4ヶ月、3週と2日」(パルムドール)、「汚れなき祈り」(脚本賞&女優賞)に続いて、3度目のカンヌ映画祭受賞を果たしたルーマニアの俊英クリスティアン・ムンジウの長編作。イギリス留学を控える娘エリザを持つ医師のロメオ。ある朝、登校途中に暴漢に襲われたエリザは、留学を決める最終試験にも影響を及ぼすほど大きく動揺してしまっている。そんな娘の試験合格のため、ある条件と引き換えに温情を与えてもらおうと、ロメオは、警察署長、副市長、試験監督など、ツテをたよりに奔走する。そんな父に娘は反発し、ロメオには検事官の捜査の手が迫ってきていた。

作品データ

原題 Bacalaureat
製作年 2016年
製作国 ルーマニア・フランス・ベルギー合作
配給 ファインフィルムズ
上映時間 128分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第69回 カンヌ国際映画祭(2016年)

受賞
コンペティション部門
監督賞 クリスティアン・ムンジウ
出品
コンペティション部門
出品作品 クリスティアン・ムンジウ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

観る者を安全地帯から引きずり出す、倫理観を揺さぶるドラマ
エリザのためにの映画評論・批評

率直に言って、観ていていささか居心地の悪くなる映画だ。それはこの物語がいったい誰に共感したら良いかわからない、白黒はっきりさせられるような作りにはなっていない点にある。そして謎が解明されないまま事態が進行し、観る者はわずかな手がかりや...エリザのためにの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.0 3.0 (全10件)
  • 父親として出来ることの全て 娘の大学入学のために奔走する父親の話 音楽も少なく、主人公に寄ったカメラワークで臨場感あふれる作品だった。 娘のためにあらゆるコネを使って大学に入れようと頑張る父親、何とも健気な父ではないか。と... ...続きを読む

    フリント フリントさん  2017年3月11日  評価:-
    このレビューに共感した/0人
  • おっさんの自己満足 ネタバレ! 娘のためにといいながら、自己満足でしかない行動に終始する男だが、 妻に愛想をつかされ、娘も自立するべく父の干渉を拒否し、私としては 後味さわやかに思いました。てめーの思いどうりになんかなるかいよ... ...続きを読む

    だいず だいずさん  2017年3月3日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 秘めた残酷 衝撃的で残酷で絶望的な作風のムンジウ監督作品の中ではいたって普通っぽい印象を受けるがそれが罠。父娘のホームドラマに隠れた奥ゆかしい残酷にじわじわ気づく割と強烈な社会派映画でした。 それに加えてす... ...続きを読む

    movieboo moviebooさん  2017年2月26日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「エリザのために」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi