「見る価値はあるが、惜しい、愛くるしい」鋼の錬金術師 ミソスケさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「鋼の錬金術師」 > レビュー > ミソスケさんのレビュー
メニュー

鋼の錬金術師

劇場公開日 2017年12月1日
全159件中、51件目を表示
  •  
映画レビューを書く

見る価値はあるが、惜しい、愛くるしい

1人で観に行くか、
原作を知っている仲間内で観に行くか、
あとは子供が観に行くか、、、。
デートにはあまり向かない印象でした。

マンガやアニメの舞台版、とか最近よくありますよね。
それです。
そう思って、黙って15分観ていれば段々と慣れてきます。

それに慣れることができない人は、厳しいんじゃないかなと。

マンガ原作であること。
日本人が、洋風ダークファンタジーを演じていること。
この2点には許容、寛容であることが条件でもあります。

でもその辺はポスタービジュアルの通りで、ある意味期待は裏切っていませんでした。

自分は原作が好きですが、つくる側も好きなんだなぁ、と愛を感じました。
好きな、入れたいシーン入れました、感あります。
その辺は、三池監督のような原作ありの映画化にありがちな自己アレンジ、自己の面白さ追求型のつくりかたではない感じがします。
原作リスペクトを割と強めに感じるというか。

ただ原作にこだわりがある人には、やはり実写化の弱みは大きく出てしまう印象を受けそうです。
日本人が「エドー!」とか叫んだりとか、でも何気に街の看板は英語だとか、えその要素ここに入れる?とかつっこめばつっこむほど野暮な感じになっていきます。

台詞も結構マンガに寄せてます。

コスプレ大会、と言いたい気持ちもわかりますし、それは否定できないですし、むしろそれが面白い。
ただ、「実際に存在していそうな感」を出すための海外ロケ、小道具や映画美術としてのこだわり感はビンビンです。
笑っちゃうシーンもありますけど。

キャストも雰囲気がよく出てたと思います。
特に松雪泰子は、それっぽさがあり、本田翼も悪くなく。

CGも悪くないというか、納得するところがあります。

でも、多分作り方として、カットをコンテから起こしているのか(知りませんが)、間が悪いというか、あまりスムーズではなく。
そこは弱点です。見せ方ががっちり決まっているのか、アクション以外は抑揚がもうちょっと欲しいなという印象です。
また原作知らずに見ると「え?なに今の?」みたいなシーンは数カ所出てくるかもしれません。全く意味不明になるわけではないですけど、流れとして疑問なとこも多少はあります。

そこは、というか弱点だらけなんですが、酷評、という一言だけで終わらすのはもったいない映画かなと。

焔のエフェクトも見る甲斐ありますし、なんだかんだ言ってもハガレンなので、引き込まれるところがありました。

なので気になっている人は、観に行く価値があると思います。
スケール感は割と感じられ、多分日本映画ではあまり、というかかつて見られないようなファンタジー感をしっかり醸しています。

セットで撮影したなー、みたいな印象がほとんどなかったので、すごい。
故にコスプレ感も浮き立つ可能性はあるけど。。

観る時間返せ、と言いたくなるような映画もありますけど、これは違いました。

惜しい。

ミソスケ
さん / 2017年12月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)
風のささやき
風のささやきさんのコメント
投稿日:2017年12月6日

なにが言いたいねん

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi