機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜のレビュー・感想・評価

機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜

劇場公開日 2016年11月19日
21件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

過去最低のアニメ映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ネタバレになるからあまり詳しくは書けないが。

映画を見て、不満しかない。期待が大き過ぎたのもあったかもしれないが。

何でもかんでも、感情をぶちまけてしまっては幼稚に見える。(1stガンダムを継承するなら、ドズルの様子をゼナが悟る。ドズルは本音を突かれるが決して本心は明かさない。だから切なくなるのに)

(シャアは嫌味を言わない。なぜなら相手にしていないから。あんなシーンいらない)

各キャラクターが1stガンダムから繋がってない。なぜ、ハモンの歌を聴かなければならないのか。いらない。アムロもカイもハヤトも別にいらない。アムロ無しでも成立する覚悟で作らなければならない。

戦争とは、生きることとは、死ぬこととは。作り手はもっと本気で考えなければならない。コロニーを落とすとはどういうことか。どんな人物がそれを実行するのか。一線を越えるとは。全くもって中身が無い。残念でならない。

見るべきではなかった。シリーズの編集版なのだろが、作り手の才能の無さを感じる。やはり富野由悠季は天才なのだと思う。不満は書き足りないが、正直に伝えた方が誠実だと思う。

yenalchemist
yenalchemistさん / 2017年9月16日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

出撃のシャア ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ロボットアニメの金字塔「機動戦士ガンダム」の人気キャラ、シャア・アズナブルとその妹セイラ・マスの過去を描くシリーズ第4弾。

“暁の蜂起”事件でガルマを煽動した事を咎められたシャアは除隊し、この機に地球へ。
そこで出会ったのが…

ファーストのキーキャラの一人、ララァ・スン登場!
後に強力なニュータイプ能力を持つ不思議な魅力の少女。
本作でもすでに、カジノでの賭けの数字を当てたり、あるシーンでシャアの危機を察知したりと、その能力を発揮。
それ故怪しい連中の金儲けの為に利用され、インドに居る家族へ仕送りしている薄幸な境遇。
身柄を引き受ける事になったシャア。
後にファーストで、「どうして私のような女を拾ってくれたんですの?」みたいな台詞があったが、これもニュータイプが見た、意図しない運命的な出会い…だったのかもしれない。

一応本シリーズはシャアとセイラの事を描いているが、本作はシャアのシーンはそれほど多くない。セイラに至っては回送シーンのみ。
本作は後に関わるキャラや展開への大きな布石。
それはそれでニヤリとさせられる言葉やシーンや展開の連続で堪らない。

前作のラストでサイド7に降り立ったテム・レイとその息子アムロ。
軍に月行きを命じられたテムは連邦でもモビルスーツ開発を推進、とある会議で披露した自身が開発中のモビルスーツとは…
白いモビルスーツ! その名は…!
キターーーーーッ!!(≧∇≦)
この時モビルスーツ開発はジオンの方が圧倒的に進んでいたが、後にジオンのモビルスーツを上回るあね“白いモビルスーツ”を開発。
戦況を変えたと言っても過言ではないが、それと引き換えにテムは常軌を逸したキチ○イに…。
本作でもその片鱗を垣間見る事が出来る。
いつも家に独りのアムロの世話を焼くフラウ・ボウ。
学校のシーンでは、後の戦友たちの顔が。
家には勿論、あの丸っこいペット・ロボも。

大きく時間を割いて描かれるのは、ミノフスキー博士の連邦への亡命。
阻止しようとするジオンと受け入れようとする連邦が月にて激突。
ジオンのモビルスーツと連邦のガンキャノンの戦い。
ジオンのモビルスーツはたった5機。
ラルと、まだジェットストリームアタックは完成してない“黒い三連星”。
そして、軍に復帰したシャアは、お馴染みの赤いカラー!
赤いモビルスーツと共に月面に佇む姿の何と様になってる事!
彼らの連携は取れてるとは言い難いが、モビルスーツの性能は圧倒的!
たった5機で一個中隊を撃破。
3DCGを駆使した映像でアクションも迫力あり!

遂にジオンが連邦から独立を宣言。
あちこちで戦争が本格的に。
後半は戦争アニメと言って差し支えなく、戦争へと突き進むニュースが連日報じられる中で、後にその戦争に巻き込まれるアムロやフラウ・ボウの平凡な日常の描写とその対比が印象的。

ラストカットは赤いモビルスーツに乗って戦線中のシャア。
次はいよいよ…
ルウム会戦だ!

にしても…
これまで年に2本公開されてたのに、
今年は秋に「ルウム会戦」一本、「赤い彗星」は来年なのは残念!&待ち遠しい!

近大
近大さん / 2017年5月5日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ベテラン声優。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ガンダム好きの友人の付き合いでついにここまできたけど、
私のように全く観てこなかったリアル世代にも分かり易く
説明付きで冒頭から始まるのが(ヤマトと同じだねぇ)いい。
ファースト世代には謎だった部分の解明があったりと見所
満載のようで、いかにも昭和チックな展開も私ら世代には
観易い。ただ同じ声優の声が嬉しい反面で違和感もある(^^;

(前回と今回は結構控えめな感じが。次回でドンとくるの?)

ハチコ
ハチコさん / 2016年12月26日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

絵はいいのに演出が酷い

画の部分は申し分なく、初期オリジンで気になっていた戦艦などの妙に滑らかな動きなどは大きく改善と進歩が見られるものの

相変わらずドズルのパートのコミカルな感じと
声優陣の鼻にかかったような喋り方と
臭いミュージカル調の喋り方。
特にテム・レイの喋り方が鬱陶しく、わざとらしい。
あんなに説明的に演劇のような台詞回しの演出にする必要があるのだろうか?

そして致命的な音楽センス
BGMがヘッポコ過ぎ

何だ!?あのディスコシーン

武器検証や自衛隊の協力など綿密にするのと同様に
音楽などにももっと注意を払うべきでは?

音を消して観れば評価できるが、とにかく音声パートが全滅

残念ながら低評価にせざるを得ない

Kotaro
Kotaroさん / 2016年12月6日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

シャア無双!/ランバラル無双!/フラウ無双?

冒頭約15分の、無料映像公開も有るし・・
この映画見る方は間違いなく『ガノタ』なので・・
俺が今から書くのはネタバレには当たらないと思うが、もしそうだと思う方が居るなら、遠慮なく映画ドットコム事務局に連絡してくれ・・。

~~~

原作では?シャアの機体が赤い理由が描かれているそうなのだが・・
本作では、その辺描かれてないのよね?

ミノフスキー粒子の散布により・・
艦隊戦よりMS戦が主な時代になる・・。
(*オリジン4の段階では、まだ散布されてないようだが・・)

『本当のモビルスーツ』を鍛錬していた→ランバラル/黒い三連星/シャアに?
運命の歯車が回り出す???

・最小限の業務で最大限の成果を得る。
・しかも美味しいトコロをがっぽり持っていく。
↑俺の人生に大きな影響を与えている→シャアの無双。

そして。
1stのまま、冷静で俯瞰・広い視野の元、きちんと部下を鼓舞し指示する→ランバラルの無双。

そして&そして・・
かわいい。かわいいのだけど・・まぁウザい→フラウの無双(笑)
(*ウザいのは真田丸のキリ並み/爆)

理屈は要らない。
ガノタなら追いかけろ!

シャア/セイラ/ランバラル/黒い三連星(ジェットストリームアタック)/ザビ家の面々。
アムロやカイやフラウやハヤトや、アムロ父(テムレイ)・・
・・そしてハロ(ZでファのCVな新井美里さん好演)!!!

レビュー書いたけど。
レビューなんて要らないよね?
ガンダムは男児の義務教育。・・迷わず見ろよ!見れば分かるさ!

『労働は一人で十分だ。』『大人しく家で待っていてくれ!』

オリジン⑤(2017秋公開)たる、ルウム戦役の映像も無料公開中!!!見るべし!

えびかに伯爵
えびかに伯爵さん / 2016年12月4日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感想

なぜ、シァアがMSを赤く塗装したのか、非常に気になっていますが、経緯が無く、残念な感じです。コミカルなシーンを多く感じました。

xexoss
xexossさん / 2016年12月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  興奮 萌える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1st.にむけて盛り上がってきました

初代ガンダム世代としてはいよいよ盛り上がってきた感じです。
点在していた話がだんだんつながってきました。
行き着く先は1st.ガンダムなわけですが、いままで謎だったところが繋がってきました。オチがわかっているのになぜワクワクするのでしょうね。ガンダムの世界観が優れている証拠なんでしょうね。
次回は来年の秋だそうで...気長に待ちます!
期待したい作品です。

A1
A1さん / 2016年11月29日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ガンダムジ・オリジン ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

内容、戦闘シーンともに最高!ララァとシャアとの出会い、アムロの登場などRX計画の進行も描かれていて見応え十分です。最後に流れる森口博子の歌がすごくあっていて、次の章が楽しみです!

BB-8
BB-8さん / 2016年11月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

安心のクオリティです。

Ⅲの「暁の蜂起」は映画版独自のキャラクターなどがいて、
原作と比べ良い悪いは別にして「結構違うなぁ」と感じましたが、
今回はほぼ原作通りだと思います。

ファーストガンダムが好きな人には、Ⅰ~Ⅲを見てなくても
楽しめる(冒頭、振り返りがありますので、ザックリは理解
できます。)と思いますので、オススメです。

さて、内容レビューは多くあると思うので、そこは他の方に
任せて・・・、その他ちょっとしたことを記載します。

まず、「シャア・セイラ編」なのにセイラがあまり出ていない旨の
ご指摘も多くありますが、原作ではⅠとⅡが「シャア・セイラ編」
になり、ⅢとⅣのエピソードは「開戦編」にあたります。

私は、オリジンシリーズについて、ファーストガンダムのふとした
疑問点を補完してくれるような内容だと思っています。

・シャアがなぜジオンを恨むのか。
・シャアはなぜキャスバルから名を変えていたのか。
・シャアとララァの出会いは?
・ガンダムを含むモビルスーツ完成までのストーリー。
・アムロの家庭環境や、父への思いについて。

 などなど・・・。

確かに半年に1度、1時間程度の内容でオリジンの内容を全て
映像化するには、今まで1冊1話のペースを考えると・・・、
オリジン原作が23巻完結+補完1冊の24巻なので、のこり
20話、つまり1年2話と考えても後10年続く計算になります。

この10年を長いとみるかは、その人次第と思いますが、この
クオリティを維持するなら「やむなしの期間」と私は思います。
もし、地上波などで毎週放送する場合、クオリティは必ず落ちる
と思いますので、それはやめてほしいと考えます。

個人的には、時間がかかっても納得できる作品を期待します!!

dstony
dstonyさん / 2016年11月27日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

セイラさんは・・

シャア・セイラ編の最後と聞いていたのですが、セイラさんの登場はありませんでした。
その代わり、謎だったララァとシャアの出会いが描かれていたので満足です。
いやそれより、回を重ねる毎に、モビルスーツの進化する姿を見られるのがいちばん楽しみです。
次はルウム編を2回に分けて製作するようですね。
いよいよ、赤いザクIIの勇姿が見られるのか。
早く見たいのですが、終わるのは再来年なんですよね・・。
安彦先生、体調には気をつけて頑張って下さい。

はるっち
はるっちさん / 2016年11月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

前回の『暁の蜂起』に続き、今回の『運命の前夜』は控えめな印象を受け... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

前回の『暁の蜂起』に続き、今回の『運命の前夜』は控えめな印象を受けた。というのも、前回の暁の蜂起は漫画版には無い場面で余計印象強く残ったというのもあると思うが…。
シャア・セイラ編が終わると同時に、アムロ達ホワイトベースの面々の出番もだいぶ増えてきた。RX-78ガンダムも今回でやっとチラつかせてくれたので胸が熱くなる思いだ。
演出も悪くなかったと思うし、見ていてとても楽しめた。
が、展開の遅さが気になる。ストーリー上仕方ないと思うが、このペースでいくと全部完結するまでにあと何年かかるのか。楽しみは増えるが一ファンとしてとてももどかしさを感じる。

チュモ
チュモさん / 2016年11月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純 興奮 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これもまたヲタクへの餌(プレゼント)と言う訳ね ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

今ストーリーは、シャアとララァのなり染め及び、人類史上初めてモビルスーツ同士の戦闘の件、その戦闘での連邦軍の惨敗を目の辺りにしたアムロの父ちゃんがガンダムの開発の必要性を会社内で説く為の格好の題材に利用したこと(ジオンからの亡命中の天才ミノフスキー博士の事故死も又利用)からも分かる、相当の狡賢さ(会社内での地位の保全ということでは仕方ないかもしれないが)、等が内容である。そう、一寸ずつ連邦側というよりアムロの話も割いてきたのが今回の特徴。それ故、話の深みが無くなってきてしまった。どうにも解説的なストーリーの辻褄合せに始終してしまって、ドラマティックさや必然性みたいもの、そして絡み合う人間関係の深い闇みたいなものが正直浅く、納得いくものではないというのが感想。
例えば、前回の『曉の蜂起』の責任を取って、除隊されてしまうシャアが地球にきて、工事現場で働くのだが、練習でモビルアーマーを操っているということではないようだし、なんで地球に行ったのかが描かれていない。そしてララァとの出会いにより、何か第六感的な能力に気付くことになるのだが、そこも何だか薄い。それに年齢的にも未だ若いシャアのララァへの接し方が何だかジジィと孫というやり取りに近いコミュニケーションで、違和感がたっぷりだ。勿論、ファーストでの2人のやり取りは正にそれなのだが、ならば何故そういうやり取りなのかという説明というか、理由が描かれていないところに、ファーストの疑問を描くというこのオリジンの趣旨の甘さが強く残る今回の内容である。

いぱねま
いぱねまさん / 2016年11月26日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

シャア ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

今回も映像の綺麗さに見惚れました。

話の内容はララァとの出会いが主題。シャアのニュータイプの伏線も少々。

キシリアのドレス着た時の肩幅の広さが個人的には面白かった。

よく分からなかったのは、ドズルがなんでシャアがモビルスーツ隊に入りたいって言ったのを素直に認めたのか。
出てけー見たいな感じかなと思ったのに。

ミノフスキー博士、、、無念

ibis
ibisさん / 2016年11月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

0079 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

いよいよ1年戦争が始まった。

なのだが…なんだかこれで終わりとでも言わんばかりの匂いが漂ってる。
物語的に区切りと言えば区切りで、これから先は焼き直しと言えなくもない。
でも…
観たいけど。

あまりにも重厚なストーリーが、ジックリと描かれていく。
人間はしっかりと描かれているし、あまりにも有名な伝説に至るまでのサブストーリーも興味深い。
そして…MSは、やはりカッコいい!
ジオニック社のセンスは侮れない。
これがまた、CG映えするというかなんというか…機械っぽさを適度に残しながら、とても、とてもアグレッシブに動く!
CG班は良い仕事をしてくれている。

果たして続編は続くのだろうか?
オリジナル世代としては、リニューアルな「ガンダム」を是非とも観たくはある。

が、はてさて……。

追記
他の方のレビューを見ると続編の公開時期まで明記してあった。
やるんだね。
楽しみにらしてよっと。

U-3153
U-3153さん / 2016年11月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

もうそろそろ辛くなって来た、、、

4作目まで来てこの展開の遅さ、、、
見どころは安彦キャラがマンガの絵柄そのままに動くことくらいです。
大スクリーンで観に行く1番の目的にしたいモビルスーツもCGのせいか、重量感がなく、迫力に乏しい。
幼少期にファーストを見てガンダムを見続けて来た身としては、安彦ガンダムが見れる!という何年か前に体験した喜びも少し薄れてきました。
あまりにも引き伸ばし引き伸ばしで。
ガンダムという作品へのファンサービスとしては三部作にしてキッチリと映画というカタチで見せてほしかった。
スターウォーズのプリークェルみたいに。
次回は来年秋ですか、、、

ワイナオ@フロワク@映画おじさんの風呂が沸くまで
ワイナオ@フロワク@映画おじさんの風呂が沸くまでさん / 2016年11月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

良かった

安定して面白かった。
キャストが変わってるのは時代だからしょうがないとしても、このシリーズは見ていて面白いですね。

良い人間ドラマ。

TPO
TPOさん / 2016年11月20日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

違和感あり! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 シャア、セイラ編の最終回のはずですが、セイラの出番が全くなく、完璧にシャア,ララァ編だと思いました。アニメからCGへの違和感あり、ちょっと馴染めない。バトルは迫力ありましたが、ヒロインに華が無いので、あまり楽しめなかった。でも、これからこのシリ-ズって、ずっと続くのですね。ファ-ストファンには、嬉しいです。全部見れるのって、その頃は私は、完全にシルバ-世代に突入してますね。今日もオヤジばかりだったよ。

yoite
yoiteさん / 2016年11月19日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

安定のクオリティ。

いつもどおり。

ヒビノミライ
ヒビノミライさん / 2016年11月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

思ったほど

今回で一連の「シャア・セイラ」編が終わったのだが…。
少しずつ、良くなくなるイメージ。
やはり声優の加齢は隠しようがなく、さらに原作時よりも劇中年齢も若いため、違和感がありすぎるのが問題かも?
いくら、シャアが老成していたとしても20歳に満たない若者の声ではない。
その違和感が増幅し、思ったほど…というイマイチ感になったのかも?
残念…。

kawauso
kawausoさん / 2016年11月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

やっぱりファーストガンダムは良いね〜〜

機動戦士ガンダム オリジンⅣ『運命の前夜』TOHOシネマズ日本橋にて初日初回鑑賞して来ました!

待ちに待ったオリジンガンダム‼︎
面白かったです。

ただ映画の演出はどちらかといえばひと昔前の演出。
動きとか昭和臭がしますがこれもまた新鮮。
それと前から思ってたのですが戦闘シーンがほぼCGなのはどうも好きになれません。
動きもスムーズなんだけどそこには味というものが感じられない。
CG演出という枠から抜け出てない感がしますね。
この部分は感覚的なものなので他の人が見たら違うと思います。
CGで描かれたモビルスーツの動きやプロポーションは計算された寸分違わない描かれ方だが僕はプロポーション的にも見せ方というものを変えて欲しかった。

先日NHKスペシャルで放送された『終わらない人 宮崎駿』内で宮崎駿さんが新たに挑戦しているCGによる短編映画を作っているシーンで若いクリエイターにこうじゃないってとことん突き詰めているシーンがありました。
CGは確かに手描きよりもある意味自由度があるが、そこに思想が無いと無味乾燥なものになってしまう。
最近のアニメーションはCGなくしては語られないが、そこに思いがないとつまらない作品になってしまう。
今作も戦闘シーンではほぼCG演出だが宮崎駿さんの様なこだわりをもっと持って欲しかった。

安彦良和さんはそういうこだわりがあるクリエイターだと思ってたのだが残念だ。
まぁ半年で一本公開しなければならないという時間的制約があるのである意味仕方ない気もする。

それともう一つ気になったのがシャアの声。
池田秀一さんがシャアをやってるのだが、その喋り方がちょっとわざとらしく感じてしまった。

映画自体は面白く鑑賞したが僕個人としてはいろいろ思うところがあった映画でした。

本編終了後にはルウム編の予告編が流れ来年秋の公開との事とても楽しみだ。

chai
chaiさん / 2016年11月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

21件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi