「感服しました」間諜最後の日 チャーリーさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「間諜最後の日」 > レビュー > チャーリーさんのレビュー
メニュー

間諜最後の日

劇場公開日 1938年
全1件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

感服しました

これは、なかなか好きな作品でしたね。やっぱり一番特筆すべきは、ピーター・ローレですかね。独特の存在感があって、スッとナイフを忍ばせるところとか、異常さをやっぱり感じてしまいますね。ラングの『M』の彼を思い起こさせます。
また、群衆の撮り方がやっぱりヒッチコックはうまいですよ。群衆の押し寄せる混乱、今回は工場でしたね。劇場だったり色々ですが、工場という設定もなかなか良かったです。
いやぁ、この作品は、ヒッチコックの中でも結構、好きかもです、私。

チャーリー
さん / 2014年9月10日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi