「ポエータ」エンドレス・ポエトリー いぱねまさんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

エンドレス・ポエトリー

劇場公開日 2017年11月18日
全29件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

ポエータ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

アレハンドロホドロフスキーの自伝的作品で、作家性の強い、特殊な演出の作品である。監督の過去作も未見なので今作品の評価を語るのは難しい。かなり尖った前衛的内容故、その是非に関しては無意味である。それこそ監督に盲目的に支持しているファンならば、手放しで喜ぶことだろう。逆ならば、多分関心も示さない。でも、ニュートラルで鑑賞した場合、その圧倒的なギミックに心を奪われるのではないだろうか?これ程アイデアが溢れる作品を、是非日本映画も参考にして欲しいと願う。バジェットが少ない映画の一つの答えだと強く感じた作品であった。

いぱねま
さん / 2018年2月26日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi