弁護人のレビュー・感想・評価

メニュー

弁護人

劇場公開日 2016年11月12日
23件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

迫力ある

いい話
ブサイクだけど、かっこいい
悪役が本当に悪そう

アラキ
アラキさん / 2017年7月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

冤罪、拷問

昔の韓国がいかに恐ろしいところだったかがよく分かります。なんの罪もない若者が捕まって拷問されて...。そんな人々を助けようと、国家を敵に回して闘った弁護士の話。
見ててかわいそうだったけど、韓国では実際にこんなことが起こっていたんだということと、もうこのようなことが起きてはならないということを観てて感じました。

Stockholm
Stockholmさん / 2017年6月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ソン

ガンホと、オダルスで、面白くないわけがないのだけれど、軽く予想を越えてくる。ガンホのカッコいいこと、カッコいいこと。いまだ日本にはトニーレオンを超える逸材は現れていないのだけれど、韓国にはソンガンホがいる。自国のネガティヴな歴史を、このリズムで、エンタメに仕上げてくる恨文化の成熟度の高さに嫉妬しか覚えない。

pigeyes
pigeyesさん / 2017年6月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

法治国家ではない。

韓国映画の自国の闇の部分を映画にする姿勢は尊敬するけど。本作は内々の事過ぎてついて行けなかった。それほどに、こんな事が許されていいのか?と思う出来事の連続だった。
時間が飛ぶ時の、なんの説明もなく問題が解決しないまま、何年後になるのが分かりにくかった。結局どうなったの?あれは何だったの?と疑問を残したまま次の展開に行くのにストレスを感じた。内情を知ってないときついのかもしれない。僕が無知なだけかもしれないが…
アカにされた少年たちはどうなったのか?
拷問していた警察たちは逃げ切ったのか?
韓国って恐ろしいという事だけ分かった。

奥嶋ひろまさ
奥嶋ひろまささん / 2017年6月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なかなかの法廷劇

韓国が作った、反体制、孤軍奮闘の法廷劇であり、所々見せる手持ちカメラのアクションも冴えているし、ソン・ガンホの芸達者ぶりも健在であって満足できた。

事実に基づいているのは明らかであるが、どこからどこまでが真実に迫っているのかは解らない。しかし、勧善懲悪的な背景と、ラスト数分の見せ場への勢いは、カタルシスがあって面白かった。

それにしても、80年代において、憲兵みたいは国家保安警察官がいたという事実と、一次捜査での調書を拷問によりねつ造するという事実が、朝鮮半島の今を物語っている。恐らくこの二つは、形を変えて今も存在するのだと思う。

シンドラーの手帳
シンドラーの手帳さん / 2017年6月4日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最高!!

さすが、ソン、ガンホです。
下手なハリウッド映画を見るより、よほど面白いです。
ただ、これがある大統領をモチーフにしたものなのですが、最終的には自殺してしまう結末となるのです。
そんな韓国という国が悲しすぎますね。

バハラナ
バハラナさん / 2017年5月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

罪と正義を主張する主人公の執念

 80年代軍事政権下で赤狩りの風が吹く韓国。高卒で弁護士をやっているウソクは、若い頃に世話になった店の息子ジヌが国家保安法違反容疑で逮捕されたことを知り、アカだと濡衣を着せられたジヌの弁護を引き受けることにする…。
 最初金儲けの為に裁判官を辞めて弁護士になったウソクが、知人の息子の弁護を引き受け、事件を調べていくうちに、事件が全くのでっちあげであること、最初から検察や裁判官や弁護士が有罪を前提に処理しようとすること等、民主主義の正義が無いことに怒りを覚え、執念で無罪を主張する様が壮絶だった…。
 マスコミも司法も全てが警察という権力寄りの超アウェイな状況でも、屈せず無罪と正義を主張する主人公の執念が凄くて。最終的に周りの人の心をも変えていく様子に心を打たれた。実在の裁判を基にしたストーリーらしい。

めい
めいさん / 2017年4月2日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ポスターでも予告編でも、シリアスな社会派映画という印象だったのです...

ポスターでも予告編でも、シリアスな社会派映画という印象だったのですが、最初のほのぼのした入りで少し拍子抜けしてしました。
しかしそこからの落差がすごいです。
ほのぼのとしたごく普通の人々のごく普通の日常の中に、軍事政権の強権が介入してくる恐怖をよく描いています。

舞台は80年代ですが、朝鮮戦争の記憶や北朝鮮の脅威と文字通り隣り合わせな国で、共産主義(アカ派)というのは本当に敵国思想だったのだなぁとか、韓国が民主的な国になったのは本当に最近なのだなぁとか、見終わった後もやもや考えてしまいました。
実話が元になっているので終わり方もそんなにすっきりとはしません。しかし韓国映画はなかなか社会派な作品も多く面白いです。拷問シーンはかなりショッキングですが、ストーリーや時系列は分かりやすくドラマ性もあるので、社会派韓国映画入門?にもオススメな作品です。

iNaho
iNahoさん / 2017年1月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

国家VS弁護士

多くの顔をもつソン・ガンホですが、
今回はなんと猫のマネをします。
後半の弁護中の表情とのギャップが素晴らしいですね。
韓国の俳優はなぜこんなにも演技レベルが高いのだろうか・・・

ストーリーはよくある弁護士モノだったが、人権とは当たり前に有るものではないと再確認できた。国家の敵と認定されることで知ってしまう、国の残酷で狂暴な素顔。
国は誰のモノで誰のためにあるのか、改めて考えさせられるテーマでした。

この映画を見ていなければまったく知らない出来事だった、韓国の歴史の1ページ。知識として純粋に知れてよかった。

余談ですが、劇中機動隊のガスマスクと服装が映画「殺されたミンジュ」のそれと酷似していた、あれはオマージュだったのだろうか、それとも史実同様の装備だったのか

劇中セリフより

「古い借りは、口と足で返しな」

恩の有る人にはお金で恩返しよりも何度も会って会話したほうが感謝が伝わる。ってことですかね

フリント
フリントさん / 2017年1月16日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  笑える 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

我々は隣国のことを本当に知っているか? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

(あらすじ)

1970年~80年代にかけてのミリタリーコントロールな韓国では、"国家保安法違反"で多くの学生達が不当逮捕されました。
1981年釜山の民主勢力に圧力を掛ける目的で、19人の学生が(おそらく)見せしめの為に逮捕される事件がありました。
これが えん罪『釜林(プリム)事件』です。
本作は、その釜林事件を元にした映画化です。
と、言うことは、盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領がモデルということになります。

ソン・ウンソク(ソン・ガンホ)は商業高校を卒業後、税務関係の弁護(というか、仕事内容は、日本では司法書士の先生が専門にされている、不動産登記だと思われる)をしています。
そして高学歴の弁護士集団の偏見や圧力と戦いながら事務所を大きくして、大手建築会社から顧問の依頼を受け、順調に仕事を熟すウンソクにある転機が訪れます。

それは、苦学生時代にお世話になった食堂の息子:パク・ジヌ(イム・シワン)が、"国家安保法違反"で逮捕されたからです。
つまり"アカ(共産主義者)"と言われ、逮捕されたんです。ただ、学生同士で小説を読み、意見交換していただけなのに。
当時の軍政権下の韓国では、国家安保法違反の逮捕は令状を必要としませんでした。
そのため当局は一旦逮捕し、拷問、強制的な自白をもって事件をでっちあげ、有罪としていたのです。
多くの弁護士が尻込みする中、ウンソクだけが"最期まで"国家権力に立ち向かいます。

ノ・ムヒョン元大統領は、本作で描かれる"釜林事件"を期に、人権派弁護士に転身し、政界を志したと言われています。
こんなことを経験したら、そりゃ国を変えたくなるぜ。
私はこの映画を観るまで、"釜林事件"のこと、またノ・ムヒョン元大統領が弁護士であったことを知りませんでした。
もちろん映画ですから、エンタメ度はプラスされていることでしょう。
それでも、抗えない国家権力の前で絶望に泣く子供達に、唯一手をさしのべるウンソク弁護士には、思わず拳を握って応援せずにはいられなかった!
ノ・ムヒョン元大統領が、この法廷から大統領になるまでを、じっくり調べてみたくなりました。
ま、ノ・ムヒョン元大統領のことは、まず置いておいて。

ウンソクが無銭飲食をするくらい貧しい苦学生から、七年掛けて司法試験に合格→事務所成功→そこからお金で人生を踏み外しそうになり→人権派弁護士に目覚めるまで。
ありがちな流れではありますが、そこは「ソン・ガンホに外れ無し」です。
ソン・ガンホは、"殺人の追憶"でも暴力刑事が事件を通して変わる姿を演じていました。
こういうの、上手いですね-。
そこにいる人物のリアルを感じます。
山崎貴監督、こういうのです!人物のリアルって。

対する悪の象徴。拷問刑事ドンヨン(クァク・ドウォン)。
あのー、どっから、こんな役者さん連れてくるんですか!?
なんすか、この顔!もう、憎々しさしかないですからね(笑)
歴代悪役ランキング、上位に入るでしょうね。
このドンヨンが、学生達を拷問するシーン。
絶望と恐怖しかない部屋で、人がどう壊れていくのか。
息苦しかったです。
パク・ジヌ役のイム・シワンが、女の子のように色白で華奢な男の子なんですよ。拷問シーンは、本当に見るに堪えなかったです。てか実際は、もっと酷いでしょうからね。
このイム・シワンって、"ZE:A"っていうアイドルグループの子なんですね。今後、注目したいと思います。
このシワンという守るべき者、そしてその母、ウンソクの正義と、ドンヨンに代表される分厚い国家権力の壁、とで行われる緊迫した法廷劇。

法律用語が飛び交いますが、個人的には字幕職人さん(有限会社西ヶ原字幕社の林原さん)のスキルが高くて、非常に分かり安く、面白く仕上がっていると思います。

で、ですね。
これ韓国ってひどいねーって話じゃないと思うんですよ。
日本の有罪率って、97%くらいだと思うんです。
有罪率っていうのは、"逮捕→起訴→裁判で有罪になる確率ですね。
もちろん日本の警察は優秀で、ほぼ全ての事件に有力な物的証拠と、目撃証人がいるんでしょう!
はてさて、そうなんですかね。
全ての犯人が間抜けで、現場に何かしらの証拠を残すんですかね?
そしてまさしくその現場を、市原悦子並のスキルで覗いてる目撃者がいるんですかね?
いやー、私はそうは思わないんですよ。
そこには少ない状況証拠と自白で有罪にしてしまう、裁判官の悪意があると思ってるんですよ。
ええ、この映画の状況と、大差ないと思います。
他国のこと。とか、思ってちゃダメだと思う。

あと、非業の最期を迎えた、日本ではあまりイメージが良くないノ・ムヒョン元大統領ですが。
本作のラストシーンと、そして韓国の歴代大統領11人のうち、亡命者2人、収監者2人、自殺者1人、暗殺された者1人、大統領弾劾訴追を受けた者1人ということを合わせて考えると、私は隣国のこと殆ど知らないんじゃないか?色々と心がザワザワとする、広がる面白い映画でしたねー。

観てる最中、「こんなに面白くていいの?」って小さく呟きました。

オススメします!

さとちゃ
さとちゃさん / 2017年1月14日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

予想外に熱い

韓国映画は不慣れであったため驚いた。
はじめは食い逃げのシーンなどコメディ色の強い気楽な作品かとおもえば、終盤に進むにつれて拷問シーンや結構重い場面が続き、そして人物たちの個々の思いが熱かった。

みんな国を良くしようという気持ちはあって、その良さが強さなのか、民主主義なのか、またその手段が民主的な司法の実現なのか、経済力の向上なのか、それぞれの思想がそれぞれの視点で彼らなりの正義を貫いていたところが熱かった。

あきら
あきらさん / 2017年1月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ホントにゲスい

おじさんがワサワサ出てくる韓国映画は悪いヤツがとことん悪くて清々しい。悪役がホントにゲスい。優男な軍医はどうなってしまったのか、心配でならない。

KOOPOP
KOOPOPさん / 2016年12月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

打ちのめされた!

法とは何か。社会とは何か。正義とは何か。生活とは何か。思想とは何か。歴史とは何か。。
そんな事を延々と自問自答させられる、そして見せつけられる。
劇中でも散々出てくる豚汁のような、非常に濃い映画でした。

p13
p13さん / 2016年12月14日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ドンヨン?だっけ 拷問してた小太り警察官の イラつく顔 蹴り倒した...

ドンヨン?だっけ
拷問してた小太り警察官の
イラつく顔
蹴り倒したかったゎ(怒)

snowball
snowballさん / 2016年12月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

歴史考察の一助に

80年代韓国の混乱が手に取るように伝わり、現在、朴槿恵政権下で大規模デモが繰り広げられている「理由」の一端が垣間見える秀作。
主演のソンガンホはじめ、役者陣の演技もすこぶる良い。必見です。

猫フミコ
猫フミコさん / 2016年12月2日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 悲しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

1981年、国家保安法違反容疑にかけられた釜林(プリム)事件

盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領という記載は一切なし。
釜林事件ともいっていない。
法廷劇というより「それでもボクはやってない」を彷彿とさせる。公権力の濫用、劇中「デモで何が変わるのか」というくだりがあるが期せずして韓国は朴大統領の退陣を求めるデモの真っ盛り。

eli
eliさん / 2016年11月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

よかった

話がストレートでわかりやすい。
ソン・ガンホ素晴らしい。
エンドクレジットも短くてよかった。
観客が年配の女性が多いのは、まだまだ韓流好きの層があるんだなと実感した次第。

うんこたれぞう
うんこたれぞうさん / 2016年11月17日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おもろい

ソンガンホははずれない!

よよ
よよさん / 2016年11月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

出だしとラストの温度差がなんとも。

ソンガンホが話の進みでどんどん豹変しちゃって…さすが。
実話モチーフ、って事だけど軍事政権の恐怖が強烈。民主主義になりきれてない時代の怖さ。
ラストの美しい終わり方も綺麗すぎる感もあるが納得いかない結末に一筋の光、って事でしょうか。
見応えたっぷりでした。

peanuts
peanutsさん / 2016年11月14日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

圧がすごい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 ソン・ガンホが完全アウェーの法廷で一歩も引かず演説するところが大変な熱量で圧がすごく、迫力に圧倒される。法廷ものの面白さを存分に発揮していた。

 拷問が本当につらそうで、あり得る感じで描いているところが恐ろしい。憲兵の幹部みたいな人の顔が大変憎たらしかった。

 高卒の弁護士で不動産取引で出世していくところが気持ちよかった。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2016年11月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

23件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi