ホラーの天使のレビュー・感想・評価

メニュー

ホラーの天使

劇場公開日 2016年11月26日
3件を表示 映画レビューを書く

アイデアは良かったが消化不良 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ホラーは好物なので、DVDが店に並んでいて手に取ったが・・・。
まあ、なんとか最後まで見たけど、う~ん、といったところか。

まず、85分という短い映画なのだが、ホラーパート(?)に行くまでが長い!
最初の60分くらいは前置き。
それも、その後のホラーパートに繋がるというよりは、延々とどうでもいいですよ、的な話が続く。
お笑いタレントやアイドルを使う、というのはしょうがないが・・・。
特にお笑いタレントのパートが、単にどなってるだけというか。
本職の俳優じゃないからしょうがないのかもしれないが、演技になってない。

アイドル三人のパートも、単に女の子たちのプロモーションでしかない。
そのため物語に深みがまったくないのだ。

単にワイワイ・ガヤガヤやってるだけ。
悲劇性を高めるためなら、アイドルたちがどれだけ努力して、どれだけのものを犠牲にしているか。
そういうものを描いて、それでも容赦なく死んでいく、みたいな描き方をすればまた違っただろう。
しかし単なるキャッキャ・ウフフに終始したため、全体的に浅くなってしまっているのだ。

唯一、ちゃんとしていた(?)のは、女優パートくらいだろう。

ホラーは単に、怖い映像を見せれば良い、というものではない。
特にPOVの場合は、そこに至るまでの心理描写がしっかりとされていないと、見応えがなくなってしまうのだ。
この映画はその悪い特徴がモロに出てしまった。

また、クリーチャーの描き方が微妙。
最初からはっきりと写してしまったので、怖さが半減。
ショボ、となってしまう。

反対に、良かったのはオチの部分だろう。
3つのストーリーが実はこう組み合わさっていたんだ、と最後に来たの驚かされた。
このあたりは放送禁止シリーズを手がけた長江俊和監督の真骨頂だろう。
その分、加点して最低点は免れたといったところ。

多分、この映画は、一般の人が見て面白いという映画ではない。
出ているアイドルたちのファンが見て、この子かわいいな~的な視点で見るのが正解なのだろう。
ホラー映画は、若手女優の登竜門ともいえる。
そんな若手の才能を発掘し、引き出すことには、残念ながら失敗してしまったようだ。

Naga
Nagaさん / 2017年8月14日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

学校スタジオ

スタジオとして使用されている廃校になった学校を舞台に、自主製作映画の撮影に来た二人の女優、合宿に来たアイドルトリオ、ネタ合わせに来た売れない漫才コンビの3組に起こる出来事を、それぞれが撮影しているハンディカメラと監視カメラの映像でみせるモックドキュメンタリー。
突っ込みどころは満載だけど、そこはホラーだからということで。

ハンディカメラの映像という体だけど、ぶれてみ難いことはなく臨場感はあって良かった。
狙いかどうかわからないけれど、自分は映像に映るある小道具が気になって途中早目にもしかして…となったけど、意外な展開もありストーリーもなかなか。

Bacchus
Bacchusさん / 2016年12月4日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3つの物語の恐怖!

3つの物語ごとに恐怖があり、たまに笑えるところもあるけど兎に角リアリティすごいし怖かった!監督も言っていたように9割が出演者のカメラ撮影で、臨場感があった。些細な音とかもすごく新鮮で恐怖を注がれた。

シネ・リーブル池袋にて舞台挨拶で、
葵わかなさん、恒松祐里さん、藤田えみりさん、水谷果穂さん、長江監督が登壇しました!

K
Kさん / 2016年11月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 怖い 泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi