ネオン・デーモン(ネタバレ)のレビュー・感想・評価

ネオン・デーモン

劇場公開日 2017年1月13日
7件を表示 映画レビューを書く

NWRビジュアルに身を任せて ネタバレ

刺激的で美しい。官能的かつ本能的。観終わってから、後味がジワジワくる映画。

ファッション業界でトップモデルを目指す少女たちの"美"と"欲望"、"嫉妬"と"狂気"を、派手な映像美とハードコアな音楽で、目と耳を強烈に刺激する。主演のエル・ファニングの若さと美しさがあってこそ成立している。刹那の輝きを競う女の子たちの虚しさが痛々しい。映像も目をそむけたくなるほど痛い。

映画をストーリーで考える人には合わないばかりか、テーマ的には沢尻エリカの「へルタースケルター」(2012)のラインなので、デリケートな真実に目をそらしたくなる。"アンチエイジング"を許容するわりには、"ヒトは中身だよね"という二枚舌を批判しているともいえる。有機的な"美"と"醜"は同時に存在している。

メンス(Menstruation)を想像させる、"女性"と"血"の組み合わせは究極の美であり、生命の源である。そして"生"は"死"と隣り合っている。そういう根幹的な要素を表現する映像、強く刻まれるビートは胎動のようにイマジネーションを高揚させてくれる映画だ。

ニコラス・ウィンディング・レフン監督は「ドライヴ」(2012)という作品でイメージが縛られてしまう。それは観客の勝手なので、"期待はずれ"という意見は付きまとうだろう。「ドライヴ」の…という宣伝コピーもミスリードだし、カンヌの権威も邪魔している。

しかし、レフン監督の評価はそっちじゃないと思う。ミュージシャンでいうなら"プリンス"さながら、自分自身を"NWR"という記号でブランディングするくらいだから、映像作家としてのスタイルでとらえるほうが適切だと思う。作品におけるシャシン(寫眞)のトーンはスジが通っている。

エンディングに"Dedicated To Liv"のテロップが出る。レフン監督の妻らしいが、結局"オトコ"は、生命の源である"オンナ"に頭が上がらないのである。そういう動機から映像は生まれる。
(2017/1/14 /TOHOシネマズ新宿/シネスコ/字幕:風間綾平)

Naguy
Naguyさん / 2017年1月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

病気なんじゃないか ネタバレ

とにかく全編通して美しくあることに取り憑かれてる映画だった 登場人物もそうだけどレフン監督は完全に病気だと思う 赤と青への病的なまでのこだわりが映画全体を通して徹底的に貫かれている 血を青く撮りたいが為に作られた気さえしてくるほどの作家性爆発っぷりだった
エルファニングはこの映画同様赤と青2つの美しさを持った人間を美しく演じてて良かった
所在無さげないわゆる 処女感 全開の青エルファニングと 自分の美しさを自覚し美の頂点に君臨する赤エルファニング どちらも良かった
登場人物みんな綺麗なのになぜエルファニングだけが別格なのか その理由が終盤怒涛のグロと共に展開される持つものと持たざるものの物語に上手いこと落とし込まれてるところも好み
正直 美しいものを取れれば良し という風立ちぬの堀越二郎的な動機を映画全体を通して爆発させているので、アート映画的側面が強い その手の映画あんまり見ない自分からするとちょっと乗れない部分もあったけどなんとなく満足感はあったので見て良かった
ドライブ を期待して見るととことんハズレる可能性もあるけど…

Movieアパート
Movieアパートさん / 2017年1月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

うーん... ネタバレ

よくある田舎から出てきた美少女が都会ででモデルに成り上がる話だけど、正直説明不足でどこまで売れっ子モデルになったのかもわからないし(人気カメラマンに撮られた写真は雑誌に載ったのかも分からない)、皆んなから嫉妬されて綺麗綺麗と言われてるだけで????
売れっ子のはずなのにずっとボロボロのモーテルにいるのも????

時間の経過もあまり良くわかりませんでした。
いきたり売れたんでしょうか??

っていうか誰の家??

でも映像は綺麗でした。

Fjmt htm
Fjmt htmさん / 2017年1月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

劇場で観るべき! ネタバレ

美を持つものとそれを求めるもの。美を持つもの以外は存在していないのと同じ世界で激しい嫉妬心に駆られた女性の姿はとても恐ろしい。美を持つ主人公のナルシシズムが次第に表相していく。ネオンと音楽が非常にあって最初から魅了された。エルファニングは本当に美しくそれを観に足を運ぶのもありだろう。

たー
たーさん / 2017年1月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

グリッターの化粧をしたくなる ネタバレ

ストーリー自体は予想通りで目新しくもないし、展開が遅いので正直すごく面白い訳ではなかった

けども1シーン1カットが非常に美しくかっこよく、音楽と伴ってかなり良い映像体験ができた。
サイケデリックで長めのミュージックビデオを観てるような感覚になった

ジェシーが絶世の美女だとは思わないけど、その表情やオーラが人を惹きつけて止まないのはなんだか分かるような。
ただ、ジェシーを食べてその魅力を自分の物にしたサラのほうがよっぽど私には魅力的だし美しかった。
座った目付き、特に自殺していくモデル仲間を見た後に目玉を口にするときの表情なんて最高にかっこよかった。
ルビーが死体とレズセックスするシーンも切なくて最高だな

残念だったのは裸に金箔を塗ったジェシーの全身が見れなかったことかな
NGがあったのかもしれないけど、あのカメラマンの撮ったジェシーの作品が見たかった。

音楽と映像美だけでも映画館で観て良かったと思える作品。
現代的で好き嫌いが分かれそうだけども私は好き。

KinA
KinAさん / 2017年1月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

クーガー。キアヌ。 ネタバレ

良くも悪くも相変わらずのレフン節全開でした。
レフン版マルホランド・ドライブといった感じ。

ジェナ・マローンの死姦シーンがエロい。

でも一番オイシイのは、クーガーとキアヌでした(笑)
あいつらの「何なんだおまえは…」感がすごい(笑)

r
rさん / 2017年1月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 興奮 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

途中退出しました ネタバレ

点滅シーンがありますが、ポリゴンショックみたいな感じでつよくチカチカします。

混んでたのでどんなものかと見てみましたが、時間を無駄にしました。

途中で帰りました。

二度と見たくありません。

栗鼠太郎
栗鼠太郎さん / 2017年1月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

7件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi