ネオン・デーモン(ネタバレ)のレビュー・感想・評価

ネオン・デーモン

劇場公開日 2017年1月13日
12件を表示 映画レビューを書く

グロくて怖くて眩しくて… ネタバレ

エルファニングがニコラスWレフン監督作品にでるんかー、
過去作見たことないけど気になるー、とのんきに思ってみたのがいけませんな。
サスペンスとバイオレンスは許容できても、ネクロフィリアにカニバリズムは無理でしたよ。

吐き出した眼球を、また別の人が食べるて。
胃酸でめっちゃすっぱいはずやのに、眉根をひそめもせず、咀嚼もせず。
丸呑みできる大きさでもないのに・・・。
きもちわりーと思いつつ結構観察していますな、わたし。

赤毛のルビーのいきなりの親密さが怪しくて、最初からこいつは信用したらいかんよと
思っていたら、案の定でしたね。
メイクの仕事以外の仕事は、人形の特殊メイク?それとも死体?どっちかはっきりわからんと思ってましたが、死体、ですよね。
まあ、ジェシーが投影できる器なら何でも興奮できたんかしらんけど。
そして、陵辱されたあのご遺体は一体何されたんでしょうね、あの体の傷・・・。

ネットで知り合ったカメラマン男性も、やばいやつだったらどうしようと思っていましたが、
彼だけがこっちの世界の人って感じでした。

ジェシーが自分がかわいいと知っていて、それを武器にして何が悪い?ってのは、うん別に悪くないよとおもいました。
そして、そういう矜持を持つにしても、あんた無防備すぎるよと思いました。
窓を開けて出かけて、でかいネコ(ヒョウレベルのでかさ)が部屋に侵入して、柄の悪い管理人に弁償といわれて
逃げるしかないとかさ、だめじゃん。てか、そんなん、事務所に相談して安全な住処用意してもらえへんの?
バカなん?無知な子供で、美しき悪魔。その美しさを羨望し、ルビーら3人はその体を食べたってことですよね。
美しさを我が物にするために。ルビーはまた違うんでしょうけど。
ルビーの上半身前面のタトゥーが怖かった・・・

ルビーのお仲間のモデル2人が見分けつきにくくて困りました。
トイレの鏡を割って、流血したジェシーの血を飲んだモデルは、
ルビーのお仲間じゃないひとかと思ってましたが、どうやら片割れの背の高いほうの人、なんですね。
あの手のべっびんさんは、皆顔が似てて、見分けつかないんですよね。

点滅する光が目にすごく悪いので、苦手な人はご注意あれ。
意味不明なシーンの挿入も多く、戸惑いもしました。
エロじゃない変態は、今後手を出さない事にします。

だいず
だいずさん / 2017年3月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

過剰な欠落 ネタバレ

レフン監督らしい過剰な色と光に溢れていたが。映画を見終わったあと強く印象に残るのは、過剰な色と光が止んだ後の、暗闇であり、欠落であり、満たされない焦燥だ。

光が暗闇を際立たせ、暗闇が光を引き立てる。欲望が焦燥を招き、焦燥が欲望を呼ぶように。


本作のヒロインは乙女(処女)であるが。だからこそ。

男がウォーキングを見ながらゴクっと唾を呑み込んでも、若者が月光に晒された乙女にピクっと反応しても、カメラマンが頬を撫で回しても、キアヌがナイフを喉に突き刺しても、処女の欲望は満たされない(満たされていれば最早処女では無くなっている筈だ)。

満たされないもの。それが乙女だ。

美への渇望が抑えきれずに女どもが乙女を喰らったとしても、決して満たされることはない。

ジリジリとしたヒンヤリとした焦燥と欠落が迫ってくる映画だった。

—————————

女優やモデルの舞台裏みたいな噺が大好き。例えば『ショーガール』みたいな。

本作、ストーリーは全然違うが、「かっこいいなあ」よりも寧ろ「バッカだなあ」と思ってしまうシーンが多々あって、そんなところも『ショーガール』っぽくて、大変楽しい映画だった。

『ショーガール(バーホーベン)』のような…と書いたが、本作に対する映画評には国内外問わず、「〇〇の様な」という惹句が並んでいる。

『アディクション(フェラーラ)』のような〜。『マルホランド・ドライブ(リンチ)』のような〜。『つめたく冷えた月(この映画大好き!)』のような〜。『シャイニング』、『キャリー』、『サスペリア』、『ズーランダー(笑)』、「チープな園子温のような」…エトセトラエトセトラ、いろんな疑似作が並んでいる。

何かに似た映画で懐かしい感じすらあるが。

この映画には、バーホーベンのような下世話さも、フェラーラのような面倒くささも、リンチのような求心力もない。似て非なるもどかしさ。どこか満たされない焦燥と欠落が漂っている。

「欠落」を責めたい訳ではない。いや、欠落こそがこの映画の魅力のような気もしてくる。

本作観て取り敢えず、今年リリースされるバーホーベン新作(エル)とリンチ新シリーズ(ツインピークス)が、もの凄く観たくなった。なんかそういう「飢え」みたいのを呼ぶ映画だと思った。

小二郎
小二郎さん / 2017年2月8日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人形たちの醜態。 ネタバレ

極彩色のホラー映画といった感じだが、意味不明な展開やラスト
の悪趣味度など監督独自のセンスが目白押し。興味を持って観た
人の感想が真っ二つに分かれそうな作品。主演のエルの幼な顔と
妖艶な肢体が魅せる未完成なセクシー路線が狙い目といった感じ。
そろそろ沢尻エリカが出てきそうな女の闘いぶりに笑ってしまう
場面も多かったが、どう足掻いても叶わない美少女?を前に残念
な醜態を見せる執着組の暴走ぶりは同じ女から見てもおぞましい。
ただこれはモデル業界でなくても、けっこうあるんじゃないのと
思う話だった。田舎娘が洗練されて本性を表すのは面白かったが、
冒頭から一貫して気味悪かったジェナの怪演が個人的には一押し。
女は常軌を逸するとああなる(全員じゃないですけど)恐ろしさが
よく出ていた。この女たちを前にすればキアヌが演じた男なんて
怖さ半減で哀れそのもの、でもあの憤慨ぶりこそ血の通った人間
が見せる表情や暴言で人形と化した美少女にはそれすらないのだ。

(田舎の芋が都会で実る。そういえばダコタ姉は最近どうしてる?)

ハチコ
ハチコさん / 2017年2月5日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

無駄カット満載な映像だけの作品 ネタバレ

最初にストーリーについて。
高校生のオナニー(比喩的ではなくそのまま性的妄想)のようなもの。
ファッション業界の狂気がテーマですが、リアリティはありません。かといって狂気的ではあるが、刺激的な程ではない。やるならもっとぶっ飛んで欲しかった。
全編通して特に盛り上がりの無い退屈な展開が続きます。
ストーリーはこれ以上語ることはありません。その程度の内容です。

そして映像。主人公がとても可愛いのでそれに救われています。
しかし、とにかく全編無駄なカットが多い。
例えば有名写真家の撮影シーンですが、主人公の撮影前に撮影現場全景を映すところ。
無駄にゆっくりとカメラがパンし、開始5秒で状況把握など済んでるのに数十秒~1分近くパンを続けます。
その間特に美しい映像ではなく、撮影機材、何の変鉄もないただの机だけが一面に写し出される瞬間も有ります。
そこから主人公が登場してアップになる事でやっと画面は美しさを取り戻すのですが、美しい映像に至るまで意味の無い時間を強要されます。

肝心の美しい映像も「今までこんなの見たこと無い!」「この一瞬の為に見に来て良かった!」と言うほどのものはありません。
「きれいやね」で終わりです。
比較的最近見た映画で、グロテスク表現の有る美女の出る映画で思い当たるのは"傲慢と偏見とゾンビ"ですが、あちらの方が2,3歩映像で勝っています。ストーリーは0対1万であちらの勝ちです。

他にもシーンの繋ぎか支離滅裂で、「今何の意味があったんや?」となることが何度も。
意味ありげなシーンが適切なところに配置されていない事によって、映画全体の間延びに繋がってますし、没入も阻害されます。
おまけにストーリー上何の意味もないシーンを15分くらい掛けてやったりします(特に美しい映像でもない)

最後カニバリズム表現とするならもっと死ぬ寸前の彼女をなめ回して欲しかった。
これからただの肉として扱われ、食べられてしまう、なまめかしさを強烈に感じられる表現にして欲しかった。
あれでは食べられた事の把握すら難しいし、ちょっと裸体がきれいなだけで「?」と言う感想しか出てきません。

価値のある映像は確かにありました。
でも無駄カット、無価値ストーリーで台無しです。
118分もかけないで70分位で綺麗な映像を見て満足出来る作品ならまだ良かったかなぁ。。。
大げさでも何でもなく50分くらいは無価値です。

この作品の良いところは、主に主演の女優の美しさによる映像美ですが、これならちょっと凝ったAVでも見てた方がいくらか刺激的で面白いです。

yakoii
yakoiiさん / 2017年1月23日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  単純 寝られる 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

"美"に取り憑かれた悪魔 ネタバレ

レフン監督作品はドライヴ、オンリーゴッドのみ観賞済。
ドライヴとオンリー・ゴッドでレフン監督の色彩美と共に織り成すストーリーとそれを引き立たせるクリス・マルティネスの楽曲に惚れ込んだのと初の女性主人公や"ドライヴを超える衝撃"のキャッチコピーに興味が湧き、観賞。

ファーストカットのジェシーが血だらけのまま写真を撮られているシーンを見ただけで、1800円の価値があると思うほどの素晴らしいカットだったし、そこから美しい音と色彩に最後まで目が離せなかった。

クリス・マルティネスの楽曲も今回も鳥肌が総毛立つほど最高で、まるで怪物の体の中で少しずつ溶かされながらも、脳内麻薬は出続けていて苦痛は一切ないような、そんな危なくも心地よい感覚に襲れたし、観ながら「サントラ絶対買おう」と心に決めた。

ジェシーが中盤、変容していくシーンには恐ろしさなのか、思わず体がブルッと震え、観賞後は自分の喉にも目玉が引っ掛かっているんじゃないかと疑似嘔吐感が襲ってきた。

最初見終わった直後は、単純に"周りを魅力していく美しい悪魔"の話だと思ってしまったんだけど、よくよく思い返してみて自分が勘違いしていることに気がついた。
レフン監督がインタビューで"妻が生来持つ美しさを損なわなかったことに対して無自覚に生きていることにジェラシーを感じた"と言っていたことを思い出したからだった。

ジェシーは何も知らない幼虫からファッション界で認められ、蝶になって羽ばたくような著しい成長はしたものの、その根源は何も変わらない(良くも悪くも)純粋な天使みたいなもので、むしろその周りにいる人々が、ジェシーの美しさを妬み、遂にはそのものを食べてしまう悪魔に見えてきた。
それは美しさが持て囃されるファッション界だけに限ったことじゃなく各分野に言えることだと思うし、最初ジェシーが悪魔に見えてしまったのは同時に自分自身も悪魔側だからなんだと思う。

近年はLGBTの問題や黒人差別の問題を無くそうって言う運動があるけれど、それでもまだこういう人間としての醜い部分が拭いきれない面があるんだと嫌でも気付かされてしまう。

擬似的に嘔吐感を感じたのも、自分も誰かを妬んで悪魔達の様に才能を食らってやろう、食らってやりたいと思ったことが(無意識にでも)あったからなのかも知れない。

万人が称賛する(出来る)作品では無いけれど、自分の醜さを認められる人に対してはとても刺さる映画だし素晴らしい作品だと思う。

神社エール
神社エールさん / 2017年1月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮 怖い 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

NWRビジュアルに身を任せて ネタバレ

刺激的で美しい。官能的かつ本能的。観終わってから、後味がジワジワくる映画。

ファッション業界でトップモデルを目指す少女たちの"美"と"欲望"、"嫉妬"と"狂気"を、派手な映像美とハードコアな音楽で、目と耳を強烈に刺激する。主演のエル・ファニングの若さと美しさがあってこそ成立している。刹那の輝きを競う女の子たちの虚しさが痛々しい。映像も目をそむけたくなるほど痛い。

映画をストーリーで考える人には合わないばかりか、テーマ的には沢尻エリカの「へルタースケルター」(2012)のラインなので、デリケートな真実に目をそらしたくなる。"アンチエイジング"を許容するわりには、"ヒトは中身だよね"という二枚舌を批判しているともいえる。有機的な"美"と"醜"は同時に存在している。

メンス(Menstruation)を想像させる、"女性"と"血"の組み合わせは究極の美であり、生命の源である。そして"生"は"死"と隣り合っている。そういう根幹的な要素を表現する映像、強く刻まれるビートは胎動のようにイマジネーションを高揚させてくれる映画だ。

ニコラス・ウィンディング・レフン監督は「ドライヴ」(2012)という作品でイメージが縛られてしまう。それは観客の勝手なので、"期待はずれ"という意見は付きまとうだろう。「ドライヴ」の…という宣伝コピーもミスリードだし、カンヌの権威も邪魔している。

しかし、レフン監督の評価はそっちじゃないと思う。ミュージシャンでいうなら"プリンス"さながら、自分自身を"NWR"という記号でブランディングするくらいだから、映像作家としてのスタイルでとらえるほうが適切だと思う。作品におけるシャシン(寫眞)のトーンはスジが通っている。

エンディングに"Dedicated To Liv"のテロップが出る。レフン監督の妻らしいが、結局"オトコ"は、生命の源である"オンナ"に頭が上がらないのである。そういう動機から映像は生まれる。
(2017/1/14 /TOHOシネマズ新宿/シネスコ/字幕:風間綾平)

Naguy
Naguyさん / 2017年1月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

病気なんじゃないか ネタバレ

とにかく全編通して美しくあることに取り憑かれてる映画だった 登場人物もそうだけどレフン監督は完全に病気だと思う 赤と青への病的なまでのこだわりが映画全体を通して徹底的に貫かれている 血を青く撮りたいが為に作られた気さえしてくるほどの作家性爆発っぷりだった
エルファニングはこの映画同様赤と青2つの美しさを持った人間を美しく演じてて良かった
所在無さげないわゆる 処女感 全開の青エルファニングと 自分の美しさを自覚し美の頂点に君臨する赤エルファニング どちらも良かった
登場人物みんな綺麗なのになぜエルファニングだけが別格なのか その理由が終盤怒涛のグロと共に展開される持つものと持たざるものの物語に上手いこと落とし込まれてるところも好み
正直 美しいものを取れれば良し という風立ちぬの堀越二郎的な動機を映画全体を通して爆発させているので、アート映画的側面が強い その手の映画あんまり見ない自分からするとちょっと乗れない部分もあったけどなんとなく満足感はあったので見て良かった
ドライブ を期待して見るととことんハズレる可能性もあるけど…

Movieアパート
Movieアパートさん / 2017年1月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

うーん... ネタバレ

よくある田舎から出てきた美少女が都会ででモデルに成り上がる話だけど、正直説明不足でどこまで売れっ子モデルになったのかもわからないし(人気カメラマンに撮られた写真は雑誌に載ったのかも分からない)、皆んなから嫉妬されて綺麗綺麗と言われてるだけで????
売れっ子のはずなのにずっとボロボロのモーテルにいるのも????

時間の経過もあまり良くわかりませんでした。
いきたり売れたんでしょうか??

っていうか誰の家??

でも映像は綺麗でした。

Fjmt htm
Fjmt htmさん / 2017年1月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

劇場で観るべき! ネタバレ

美を持つものとそれを求めるもの。美を持つもの以外は存在していないのと同じ世界で激しい嫉妬心に駆られた女性の姿はとても恐ろしい。美を持つ主人公のナルシシズムが次第に表相していく。ネオンと音楽が非常にあって最初から魅了された。エルファニングは本当に美しくそれを観に足を運ぶのもありだろう。

たー
たーさん / 2017年1月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

グリッターの化粧をしたくなる ネタバレ

ストーリー自体は予想通りで目新しくもないし、展開が遅いので正直すごく面白い訳ではなかった

けども1シーン1カットが非常に美しくかっこよく、音楽と伴ってかなり良い映像体験ができた。
サイケデリックで長めのミュージックビデオを観てるような感覚になった

ジェシーが絶世の美女だとは思わないけど、その表情やオーラが人を惹きつけて止まないのはなんだか分かるような。
ただ、ジェシーを食べてその魅力を自分の物にしたサラのほうがよっぽど私には魅力的だし美しかった。
座った目付き、特に自殺していくモデル仲間を見た後に目玉を口にするときの表情なんて最高にかっこよかった。
ルビーが死体とレズセックスするシーンも切なくて最高だな

残念だったのは裸に金箔を塗ったジェシーの全身が見れなかったことかな
NGがあったのかもしれないけど、あのカメラマンの撮ったジェシーの作品が見たかった。

音楽と映像美だけでも映画館で観て良かったと思える作品。
現代的で好き嫌いが分かれそうだけども私は好き。

KinA
KinAさん / 2017年1月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

クーガー。キアヌ。 ネタバレ

良くも悪くも相変わらずのレフン節全開でした。
レフン版マルホランド・ドライブといった感じ。

ジェナ・マローンの死姦シーンがエロい。

でも一番オイシイのは、クーガーとキアヌでした(笑)
あいつらの「何なんだおまえは…」感がすごい(笑)

r
rさん / 2017年1月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 興奮 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

途中退出しました ネタバレ

点滅シーンがありますが、ポリゴンショックみたいな感じでつよくチカチカします。

混んでたのでどんなものかと見てみましたが、時間を無駄にしました。

途中で帰りました。

二度と見たくありません。

栗鼠太郎
栗鼠太郎さん / 2017年1月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

12件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi