ネオン・デーモンのレビュー・感想・評価

ネオン・デーモン

劇場公開日 2017年1月13日
74件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

表層だけでも面白いNWRのやりたい放題。

外見的な美しさに囚われた女性たちの悲劇、と捉えることもできるが、「人間なんて中身より見た目」という価値観に対して批判している様子もないところがこの映画の面白さであり、ニコラス・ウィンディング・レフンの特異さだろう。

エル・ファニング演じるピュアナチュラルビューティーも、エルになりたいギスギスした女たちも余計な理屈は一切考えない。美しくなり、チヤホヤされてたい。シンプルな行動原理がもはや潔く感じられ、疑義を呈するマトモな男の方がバカに見えるあべこべさも可笑しい。ベラ・ヒースコート、アビー・リー・カーショウと本来なら文句のつけようがない美女たちもレフンにによって巧みに輝きを奪われている。

映像はケレンがあり過ぎてダサく見える瞬間も少なくないが、この表層的な物語においては薄っぺらいビジュアルも必然に思えてくる。ヘンな監督が作ったヘンな映画を、存分に楽しませてもらった。

バッハ。
バッハ。さん / 2017年1月25日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

残酷な美の世界、映像と音楽が融合した表現を体感すべし

ネオン管やフラッシュライトで照らし出される幻惑的な映像世界と、シンセサイザー音楽のハイセンスな融合。これはまさに体験であり、映画館で体感すべき作品だ。

作り物、まがい物の美があふれるファッションモデルの世界で、エル・ファニング扮するジェシーの天然の美しさ、本物の揺るぎない価値が他を圧倒する。人間とは不平等な存在なのだ。下着ブランドのモデルを選ぶオーディションでの、観ている側まで胃が痛くなりそうな緊張感。選ばれるジェシーと、存在しないかのように扱われる他のモデルたち。その残酷さといったら! それにしても、エル・ファニングの変身ぶりは見事だ。

倒錯趣味も多彩で、デヴィッド・リンチ作品を思わせる猟奇的な描写もあり。ニコラス・ウィンディング・レフン監督、ますますメジャーになっていくだろうが、これからも鋭く尖った映画を作り続けてほしい。

AuVis
AuVisさん / 2017年1月16日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  怖い 興奮 知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

アート作品

『Drive』のN.W.レフン監督の最新作。
ポスターの美しさに惹かれ、数ヶ月前に鑑賞したが、未だにその衝撃が想起されることがあり、ここ1, 2年の映画の中では明らかに異彩を放っているものの1つ。
ストーリーは、まるで『ブラック・スワン』である。しかし、ブラック・スワンが白黒を基調とした、ややクラシカルなイメージがあるのに対し、本作では終始色とりどりで強烈なネオンサインやフラッシュが観る人を襲う。
さらに、まるでディスコに身を置いているかのような芯から震える重厚なサウンドと、現代美術あるいはシュルレアリスム絵画を想起させるような狂気的な画と息苦しさをも感じる静寂が、イヤというほど観客を惹きつける。
主演のエル・ファニングは当時弱冠18歳、大人の妖艶さと子供の儚さ・危うさを兼ね備えた、今が旬の女優である。本編通り、性的な興奮とともに、独占欲をもかき立てられる。
そして、凄まじいほどの映像・音響にトランス状態になっている観客らに叩きつけられる、ショッキングな結末である。あれで全て持っていかれる。

内容が薄いという批評は全く意味をなさない。これはN.W.レフン監督の前衛芸術なのだと理解した。

nagi
nagiさん / 2017年5月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

音楽・映像ドラッグ

劇場36/100本目(2017)。
音楽・映像美に強制的に気持ちが上がる。劇伴も勿論だが、静かな場面からいきなり爆音ドライブシーンに繋がったりと、音自体の使い方がハイセンス。
キューブリック的シンメトリー映像も堪能。言わずもがな光の使い方は独創的で唯一無二。
ラストの脚の曲がり方最高だったなぁ…

菊池 旅行
菊池 旅行さん / 2017年4月29日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 興奮 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すべてはキアヌのために・・・

見る前から興味がない内容でしたが、キアヌリーブスが出るためだけに観賞。
内容がいっさい伝わって来ない‼
キアヌが出てたから途中退席しませんでした。
星はキアヌに。出てなければ、マイナス星です。

ふわり
ふわりさん / 2017年4月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美は罪

内容に理解できない部分はありますが、終始夢中になる作品であっという間にエンディング。退屈で寝てしまう作品よりは良い。美し過ぎる事は罪であり諸刃の剣。
2017-35

隣組
隣組さん / 2017年4月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

目玉

レフン監督にバイオレンスと血を美しくアートっぽく撮らせたら凄い。
エルファニング、新境地とまでは行ってないが素晴らしかった。

50

29.4.22
2回目

ヨッシー
ヨッシーさん / 2017年4月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

意味不明

終始意味不明
話も飛び飛び
映像は綺麗だったかど
内容は面白くなった
心に残ったシーンはゼロ

パンダ様
パンダ様さん / 2017年4月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今年の暫定ベスト

これはニコラス・ウィンディング・レフン監督ベストだと思う。
どぎつい色彩も過剰な音響もこの監督らしい魅力ですが、エル・ファニングの美しさで見やすくなってます。
これは小さい劇場でガンガンに音を浴びて観た方が堪能できるんじゃないかな。
現状での今年ベスト映画。
テレビやスマホじゃ伝わらない映画だと思うので是非スクリーンで。
あれこれは語れませんが、感じてください。
女子トイレは怖いです。

たら印
たら印さん / 2017年4月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ありきたりな変態 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

後半の流れが「ありきたいな変態」で非常に残念

この映画を観て思った唯一の感想はこのレフンの
迷走が後々映画になればそれが一番面白い作品の
ネタなんじゃないかと思いました

岡山の珈琲豆屋
岡山の珈琲豆屋さん / 2017年3月31日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

レフンの変態映画がここまでキタ!

NWレフン監督の世界観満載の変態映画!相変わらずのグロ描写と様式美を対照的に描きつつもそこに上手く心理描写を投影させていて素晴らしい世界観を構築している作品。
冒頭からエル・ファニングが監督の世界観にどうハマッていくのか見守っていたんだが、いい具合に彼女の容姿が1つのパーツとして合致しているので一見なんじゃこりゃ?映画だが、彼の作品にしてはバランスの取れた見やすい作品だったのではないかと思う。

キース@Keith
キース@Keithさん / 2017年3月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

天然と人工

田舎娘が売れっ子モデルになり嫉妬される話

レフン監督の作品は「ブロンソン」「ヴァルハラ・ライジング」「ドライブ」「オンリーゴッド」と見ていた。
ファンとまではいかないが結構好きな監督なので期待しつつ鑑賞した。

今作は衣装や背景の色合い、ファッション、空気感など「ラ・ラ・ランド」の暗黒版と言った印象だ。

ララランドと違って、恋愛もミュージカルも無いが、紫色の夜景やモデルの衣装などで原色きつめの服を着たり、オーディションなど何個か重なるシーンがあった。

モデルの原石である主人公、エル・ファニングがカメラマンやデザイナーに気に入られてどんどん仕事をもらうようになるのだが、ハッキリ言って業界の先輩3人のほうがはるかに美人だったと思う。
美人で溢れかえったモデル業界にはエルのような顔が珍しくていい感じだったのかも知れないが、元スーパーモデルのアビー・リーとモデル勝負するのはいささか無理がある。
スタイルの面でも手足の長さ、細さが違い過ぎて、エルが可哀そうだった。
顔も奇抜なメイクでごまかしているし、モデルオーデションの下着姿も全体をあまり映さずスタイルを上手く隠していた、総合的にどう見ても貧相と感じたのは自分だけだろうか。
アビー、クリスティーナ、ジェナの三人を画像検索してから、エルを検索してい比べてほしい。
人それぞれの好みはあるからなんとも言えないが、自分としてはエルは他を圧倒するモデルには成りえないと思った。

女優の顔の話ばかりしても仕方ないので物語の内容に移るが、全体的にお洒落でかっこよくて、雰囲気も最高だ。
監督の事が好きな人は見て損はないし、お洒落目当てで見ても十分満足できる。

新人が感じる厳しいモデルの女社会の嫌な雰囲気、馴れない町でのモーテル暮らしの危うさ、理由もわからずトントン拍子に出世する不安など上手く描けていたのではないだろうか。
オーデションなどで、あからさまに主人公を原石、美の象徴として扱う演出は過剰だったが、これも皮肉かなにかだったのだろうか。
若ければそれだけで価値がある点なども批判していたのかも知れない。
映像表現で楽しかったのはクラブで見る宙づりショーやネオン管の三角形、鏡なども演出だ。意図はまったく読み取れなかったが見ているだけでも高揚した。

キアヌ・リーブスの今までにないゲス役も必見、新鮮で最悪だった(いい意味で)

月の光とネオンの光は天然と人工の対比であり、モデル業界、映画業界へのメッセージとも取れる。
最終的にはおとぎ話風の美を求めるあまり起きてしまう事件をへて物語は終了するが、単純明快で良かった。
どんな世界も食うか食われるかなのだと思った。

主人公が小さい頃に母親に言われた「あなたは危険な子」とはヤンチャで無鉄砲な危ない子ではなく、周りを誘惑し巻き込む危うい子と言う意味だったのだろう。
危うさ儚さをエル・ファニングが上手く演じていたし監督の演出なども素晴らしかった。

衣装デザインやカワイイ女優目当てで気軽に見ると火傷するが、バイオレンス映画だとしっかり認識した上で鑑賞するといい映画体験ができると思う。

劇中セリフより

「美は全てではない、唯一だ」

同じ人間は居ないし好みはそれぞれだが、皆が共感する美人とは何が基準なのだろうか。
全てが唯一のこの世界で美の物差しを持つ人間はどんな視点で人を見るのか興味が湧いた。

フリント
フリントさん / 2017年3月19日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  怖い 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ネオンの心地良さ

冒頭のクレジットの鮮やかな美しさで一気にこの監督の世界に引き込まれる。
なんでもない登場人物、なんでもない物語、でも、この独特の感覚に酔わされて気持ち良くなる。期待通りの出来だ。

かづ
かづさん / 2017年3月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  怖い 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

エルファニング 実際も まだ10代なんですねっ これから さらに美...

エルファニング
実際も
まだ10代なんですねっ

これから
さらに美しくなるんだろうなぁ〜

キアヌがクズ役で出てた(笑)

むいむい
むいむいさん / 2017年3月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

エロもグロも半端でストーリー無し?!

単なるイメージのみ皆同じよう顔してるので区別が困難?!何を表現したかったの?

ゆたぼー
ゆたぼーさん / 2017年3月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

グロくて怖くて眩しくて… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

エルファニングがニコラスWレフン監督作品にでるんかー、
過去作見たことないけど気になるー、とのんきに思ってみたのがいけませんな。
サスペンスとバイオレンスは許容できても、ネクロフィリアにカニバリズムは無理でしたよ。

吐き出した眼球を、また別の人が食べるて。
胃酸でめっちゃすっぱいはずやのに、眉根をひそめもせず、咀嚼もせず。
丸呑みできる大きさでもないのに・・・。
きもちわりーと思いつつ結構観察していますな、わたし。

赤毛のルビーのいきなりの親密さが怪しくて、最初からこいつは信用したらいかんよと
思っていたら、案の定でしたね。
メイクの仕事以外の仕事は、人形の特殊メイク?それとも死体?どっちかはっきりわからんと思ってましたが、死体、ですよね。
まあ、ジェシーが投影できる器なら何でも興奮できたんかしらんけど。
そして、陵辱されたあのご遺体は一体何されたんでしょうね、あの体の傷・・・。

ネットで知り合ったカメラマン男性も、やばいやつだったらどうしようと思っていましたが、
彼だけがこっちの世界の人って感じでした。

ジェシーが自分がかわいいと知っていて、それを武器にして何が悪い?ってのは、うん別に悪くないよとおもいました。
そして、そういう矜持を持つにしても、あんた無防備すぎるよと思いました。
窓を開けて出かけて、でかいネコ(ヒョウレベルのでかさ)が部屋に侵入して、柄の悪い管理人に弁償といわれて
逃げるしかないとかさ、だめじゃん。てか、そんなん、事務所に相談して安全な住処用意してもらえへんの?
バカなん?無知な子供で、美しき悪魔。その美しさを羨望し、ルビーら3人はその体を食べたってことですよね。
美しさを我が物にするために。ルビーはまた違うんでしょうけど。
ルビーの上半身前面のタトゥーが怖かった・・・

ルビーのお仲間のモデル2人が見分けつきにくくて困りました。
トイレの鏡を割って、流血したジェシーの血を飲んだモデルは、
ルビーのお仲間じゃないひとかと思ってましたが、どうやら片割れの背の高いほうの人、なんですね。
あの手のべっびんさんは、皆顔が似てて、見分けつかないんですよね。

点滅する光が目にすごく悪いので、苦手な人はご注意あれ。
意味不明なシーンの挿入も多く、戸惑いもしました。
エロじゃない変態は、今後手を出さない事にします。

だいず
だいずさん / 2017年3月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ひとことReview!

描写は実にアート的なんだけど、グロ・シーンが多くて目が向けられないわ。

極東新天地
極東新天地さん / 2017年3月8日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  怖い 知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「美を極める」の果ての果て

「美を追い求め、取り憑かれた女たちの顛末を、極限まで過剰に描いた物語」…と言っても、まさかここまで過剰だとは思うまい。
エグい耐性のない人だと、ほんとに気分悪くなって吐くかもしれないw
もうほんと、いくつかの場面では笑っちゃった。

けど、ほんとに恐ろしいしグロテスクなんだけど、多くの女性は「気持ち悪かったー」の後に「それにしてもエルファニングめっちゃ綺麗だったね!」って言っちゃうと思う。
それこそがこの映画の、そして女性の業の深さというか。

しかしこれ、エルファニングはどんな気持ちで観たんだろうなw

hhelibe
hhelibeさん / 2017年2月20日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

とにかくギラギラ

正直に言うと、??ってなるシーンはたくさんありました。
しかし、「理解するんじゃない、感じろ」と言わんばかりのギラつく映像と音楽で不思議と楽しむことが出来ました。

この監督の作品は初めてなのですが、監督の売りこそがこのギラつく映像と音楽だそうで。
他の作品も見たいと思える内容でした。

ままままっきー
ままままっきーさん / 2017年2月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美と狂気と静寂

トップモデルを目指しロスへとやって来た田舎娘ジェシーが大都会にて女たちのドス黒い嫉妬による争いに巻き込まれる様子を描いた作品。

ギラッギラの色彩センス、静かすぎて逆に耳に響く不協和音のような劇伴、最先端過ぎるぶっ飛びファッション、そして女。
相当クセが強い笑。冒頭のシーンからぶっ飛んでた。間の使い方が長かったり謎の表現がホントに謎だったりと見ててだいぶ胃が痛くなると同時に相当クセになる笑。

これR15どころじゃない気がする。直接的な描写はないけど間接的な描写がエグすぎる。
ラスト前のシーンが映された瞬間、ほぼ満員だった映画館の観客全員がドン引きして息を飲むのを感じた気がした笑。そしてそのシーンが予想して映し出されるのを若干期待していた自分に引いた笑。
あと月灯りのルビーが映されたシーン。
絶対あの瞬間

え?うry

と思ったのは自分だけじゃないはず笑。

この胃のキリキリ感、怖いくらいの間の使い方からたぶんこの監督はキューブリック好きなんだろうなって感じた。
あとホントにエルファニングかわいい。あどけなさの中に妖艶さを混ぜた演技でだいたいの男性を犯罪の道に走らせること間違いなし。まだ10代かぁ!もう2歳くらい歳近けりゃなぁ!(?)
そしてキアヌの無駄遣いたまらん笑。

まだドライヴを見たことないが正直これ見てハードルは上がった。今作は女性ならではの表現をエグめに描いていたけどアメリカの夜のドライブというトラヴィス大先輩がご健在するテーマの中どんな狂気を描いてくれるか楽しみになった。

オレ
オレさん / 2017年2月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

74件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi