マダム・フローレンス! 夢見るふたり : 映画評論・批評

マダム・フローレンス! 夢見るふたり

劇場公開日 2016年12月1日
2016年11月30日更新 2016年12月1日よりTOHOシネマズ日劇ほかにてロードショー

ベテランらしいクリアな演出で描く、人々を魅了してやまないフローレンスの本質

無類の音痴でありながらカーネギーホールでリサイタルを行ったフローレンス・フォスター・ジェンキンスの実話は、先にフランスで「偉大なるマルグリット」として翻案映画化されている。あちらのマルグリットは夫に相手にされない寂しさから歌にのめりこんでいく設定だったが、こちら本家のフローレンスは内縁の夫に支えられて歌に励む。ちょっと風変わりな夫婦愛の物語になっている点が魅力的な映画だ。

内縁の夫のシンクレアは、英国貴族の庶子という胡散臭い触れ込みの男。財産目当てでフローレンスに近づいたことが容易に想像できる人物だ。が、フローレンスの秘書兼夫の「仕事」を長年続けた今の彼は、ある時は楯となりある時は毛布となってフローレンスを守り抜く。そんな良心に目覚めたチャラ男キャラをヒュー・グラントが絶妙な軽さで演じている。アカデミー賞の助演男優賞ノミネートは間違いないだろう。

画像1

もちろんフローレンス役メリル・ストリープもアカデミー賞候補当確の名演技。イケメンで女性にもモテるシンクレアが、7歳年上で美人でもないフローレンスを本気で愛する理由を万人が納得できるように体現している。その芝居の核にあるのはイノセンスだ。情熱があれば何でもできると信じきって歌手への道を突っ走るフローレンスの純真さ。それこそが、シンクレアから聴衆までを魅了してやまないフローレンスの本質だ。これを、スティーブン・フリアーズ監督は登場シーンの天使のコスプレに象徴させた。ベテランらしいクリアな演出だ。

もうひとつ、社会派で鳴らしたフリアーズらしさが感じられるのは、大衆がフローレンスを受け入れた背景をわかりやすく描きこんだ点だ。カーネギーホールのリサイタルが行われたのは第二次世界大戦中の1944年。戦争の醜さに疲弊した人々は、フローレンスの破天荒な歌声に現実逃避を求め、無邪気さに救いを感じた。この映画が描くフローレンスは、音痴であることを自分だけが知らない「裸の王様」ではなく、「癒し系歌手の元祖」だ。そのリスペクトの感情が、映画をすこぶる気持ちいいものにしている。

矢崎由紀子

関連コンテンツ

インタビュー

“生ける伝説” メリル・ストリープが語る女優人生と生きる喜び
インタビュー

3度のアカデミー賞受賞を誇るハリウッドの生けるレジェンド、メリル・ストリープが、主演最新作「マダム・フローレンス 夢見るふたり」で挑んだのは“最悪の歌姫”と称された伝説の歌手フローレンス・フォスター・ジェンキンス。10月末、東京国際映...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

マダム・フローレンス! 夢見るふたり[Blu-ray/ブルーレイ] マダム・フローレンス! 夢見るふたり[DVD] めぐりあう時間たち[Blu-ray/ブルーレイ] ジュリー&ジュリア[DVD]
マダム・フローレンス! 夢見るふたり[Blu-ray/ブルーレイ] マダム・フローレンス! 夢見るふたり[DVD] めぐりあう時間たち[Blu-ray/ブルーレイ] ジュリー&ジュリア[DVD]
発売日:2017年6月2日 最安価格: ¥3,927 発売日:2017年6月2日 最安価格: ¥3,072 発売日:2015年3月4日 最安価格: ¥1,620 発売日:2010年10月27日 最安価格: ¥1,000
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全86件)
  • ある意味、衝撃的。 歌うことが生きがいのフローレンス。 歌っている時はすっごくはつらつとしているけど。 眠る前の不安からくる落ち込みの差。 さすがメリル、演じ分けていますねー。 ヒューさまも年相応な役柄が板につい... ...続きを読む

    fukui42 fukui42さん  2017年12月31日 09:37  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 実話だから。 実話だから仕方ないのだろうが、登場人物みんな腹黒さがみえてしまってなんだかなぁという感じ。ラストも微妙。ても、唯一マダムだけが健気で切なかった。残酷な批評=真実ではないと思う。信じることを信じる... ...続きを読む

    non nonさん  2017年12月30日 19:15  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • へたうま 数奇な運命をたどってきた富豪の主人公(メリル・ストリープ)はひどい音痴だが、オペラを歌うことが大好き。 音楽会では夫(ヒュー・グラント)が手をまわして悟られないようにする。 聴衆も寄付金などで同... ...続きを読む

    いやよセブン いやよセブンさん  2017年12月25日 21:54  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • パディントン2 パディントン2 奇想天外なアイディアと個々のハートが溶け合った極上のハーモニー
  • ジオストーム ジオストーム あらゆる厄災全部乗せの脱知性ぶりが観客をトリップに導く!
  • ライオンは今夜死ぬ ライオンは今夜死ぬ アルトマン的で“カーニバルのような”映画が生き生きとそこに息づいていく
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi