「あまりにもLGBT世界について薄い内容」彼らが本気で編むときは、 魔道元帥レヴィスさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「彼らが本気で編むときは、」 > レビュー > 魔道元帥レヴィスさんのレビュー
メニュー

彼らが本気で編むときは、

劇場公開日 2017年2月25日
全136件中、3件目を表示
  •  
映画レビューを書く

あまりにもLGBT世界について薄い内容

かなり興味ある内容であったが、冒頭から…あまりにもコテコテの展開でびっくり。まず教室内の黒板に「オカマ」とか「ヘンタイ」とか、書いてある。
物語の核になる少女トモの同級生の男子が性同一障害者なのであるが、それを表しているが、まず今の小学生がオカマなんていう言葉を平気で使うであろうか、まだ「オネエ」とかならわかるが、この時点で荻上監督の感覚の古さ、LGBTへの浅い視点でしか描けない力量を思わせた。学校でも、そのことについては全く触れていないし…学校の描写があまりにもお粗末なのである。
そしてトモの母親は男狂いで堕落した女性…この典型的なバカ母親像も、どこかで見たもので新鮮さはない。トモが叔父のマキオの元へ見寄せるが、そこで出会ったのがマキオの同棲相手、リンコ。そう彼が生田斗真演じる性同一障害者であるのだが…彼がトモの母親変わりとなって、マキオと共に新たに家族を作っていこうとする感動物語?になるはずだが、そうには残念ながらならない。
だいたいリンコのキャラがつまらないのだ。介護士をしているが所内での立場とか、全く簡潔にしか描かれておらず、LGBTであることで仕事上で困ったこと、トイレ問題とか、所内の患者との対応とか、普通の介護士といったもので面白味がない。同僚の男言葉を使う「ト書きを読まない」女優、門脇麦とのやりとりもどうでもいい。門脇が結婚するということで、それに対するリンコの憧れを描く為のキャラだが、それにしてもアッサリしていてどうでもいいキャラだ。
とにかくリンコが優しい性格だけでしか描かれておらず、それも生田がメソメソしすぎで見ていられない。マキオとの関係も本当に愛情があるのか、どうか、例えば一緒にお風呂に入るなどのシーンを入れてもよかったのでは?
更に必要かと思うのが、トモの同級生のゲイ、カイだ。カイが上級生にラブレターを書いて母親に自分の性癖が分かり、自殺を図るなど起こすが、解決策が見つからないまま、ドラマの中で影に隠れていく。どうもしっくりこない。
またラストがおかしすぎる。カイの母親の心ない行為でリンコやマキオの元へ児童相談所の人間が来たりして、トモの生活環境が問題視されたりするのだが、最後突然、男と別れた母親が来て、引き取ることになるのだが、おかしくないか?だって母親こそ、育児放棄しているのだから、やすやすと引き渡すリンコ達の気持ちが不明。養女にまでしたいと言っているのだ。もちろんトモが実の母親がいい、と言うが、状況判断から、それを止めるのがリンコやマキオの立場ではないのか?爪の甘さが、本作品を薄っぺらいLGBT問題を主題にしただけの映画になり、とても文部科学省選定作品で、かつ東京都渋谷区および渋谷区教育委員会が初の推奨作品に選定するほどの価値は見いだせない映画であった。

魔道元帥レヴィス
さん / 2017年7月24日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
ひぃ
ひぃさんのコメント
投稿日:2017年9月14日

この映画は丁寧に作られていると思います。
それぞれの問題が解決してなく終わるのは当たり前だと思います。
反対して無理に引き取れば解決でしょうか?
自殺未遂すれば母親はすぐ理解してくれるでしょうか?
どの問題も実際にはすごく時間のかかる問題です。
この映画は解決策を見出すのではなく、現実的にこういう感覚の方がいるよという認識できるきっかけになる映画だと思います。
私の親友がトランスジェンダーですが、
こういう柔らかい表現で自分達のことを理解しろとまではいかないけど、すこしでも受け入れてもらえたら嬉しいと話していました。
賞にそぐわないとか作られている方々がどうとか、そういうもので価値観を見出すのでは、ちゃんと中身を見れてないのだなと感じました。
乱文失礼いたしました。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi