触感のダンス
ホーム > 作品情報 > 映画「触感のダンス」
メニュー

触感のダンス

劇場公開日

解説

ダンスカンパニーのバックダンサーという異色の経歴を持つフランスのアニメ作家ジャンシャルル・エムボティマロロが、聴覚障害者のカップルが織り成す愛と心の葛藤をダンスに置き換えて描いた短編アニメ。それぞれ聴覚に障害を持つクロエとルイ。惹かれ合っているふたりの心は、ダンスによって通じ合っていた。ルイが初めてクロエを夕食に誘った日、彼女は拾った子猫を連れて来る。猫アレルギーのルイは我慢しようとするが、クロエの屈託のなさに苛立ちを募らせていく。やがてダンスが変調するとルイの姿は一変し、外へと押しやられたクロエは森に迷い込んでしまう。2014年・文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞受賞。16年、世界の優れたショートアニメを紹介する特集上映「WAT 世界のアニメーションシアター」(東京・下北沢トリウッド)のBプログラムで上映。

スタッフ

監督
ジャンシャルル・エムボティマロロ

キャスト

作品データ

原題 Le sens du toucher
製作年 2014年
製作国 フランス・スイス合作
上映時間 15分
オフィシャルサイト  
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi