アジア三面鏡2016 リフレクションズ
ホーム > 作品情報 > 映画「アジア三面鏡2016 リフレクションズ」
メニュー

アジア三面鏡2016 リフレクションズ

解説

東京国際映画祭が国際交流基金アジアセンターとの共同プロジェクトとして、初めて製作した映画作品。2016年の第29回東京国際映画祭でプレミア上映。「アジアで共に生きる」を共通のテーマに、「世界の中心で、愛をさけぶ」の行定勲監督(日本)、「キナタイ マニラ・アンダーグラウンド」のブリランテ・メンドーサ監督(フィリピン)、「シアター・プノンペン」のソト・クォーリーカー監督(カンボジア)という3人の監督が手がけたオムニバス映画となっており、日本とフィリピン、マレーシア、カンボジアを舞台にした3作品を通して、それぞれの国の文化や歴史を三面鏡のように照射する。

スタッフ

監督
エグゼクティブプロデューサー
椎名保
統括プロデューサー
久松猛朗
プロデューサー
石坂健治
下山雅也
脚本
トロイ・エスピリトゥ
行定勲
ソト・クォーリーカー
イアン・マスターズ
撮影
ジョシュア・レイレス
レイモンド・リバイ・グティエレス
今井孝博
ジョバンニ・C・ロルッソ
音楽
ディワ・フェリペ・デ・レオン
半野喜弘
クリストファー・エルベス
福岡ユタカ

キャスト

作品データ

製作年 2016年
製作国 日本
上映時間 119分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「アジア三面鏡2016 リフレクションズ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi