カトマンズに散る花
ホーム > 作品情報 > 映画「カトマンズに散る花」
メニュー

カトマンズに散る花

劇場公開日

解説

ネパール映画研究の第一人者で、2008年に「カタプタリ 風の村の伝説」で日本人として初めてネパール映画を撮った東京情報大学教授・伊藤敏朗監督が再びネパールでメガホンをとり、ネパール文学の最高傑作といわれる女性作家パリジャートの名作「シリスコフル(シリスの花)」を映画化。第2次世界大戦で英印軍のゴルカ傭兵として日本軍と戦い、心に深い傷を負ったスヨグ。ある日彼は、飲み友達であるシブラージュの自宅に招かれ、青い花が咲き誇るシリスの木に囲まれた大邸宅を訪れる。そこでシブラージュの妹サカンバリと出会ったスヨグは、厭世的で意地の悪い彼女と激しく衝突する。その一方で、それぞれ心に孤独を抱えるスヨグとサカンバリは、いつしか惹かれ合っていく。15年4月にネパールで起こった大地震の復興支援を目的に、16年4月に日本公開。上映で得られた収益を、被災地域の文化財再建などを目的としたプロジェクトに寄付する。「カタプタリ 風の村の伝説」も同時公開。

作品データ

原題 Shirish ko Phool
製作年 2013年
製作国 ネパール
配給 フィルム・クリエーション・ネパール
上映時間 134分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「カトマンズに散る花」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi