復讐のセクレタリー
ホーム > 作品情報 > 映画「復讐のセクレタリー」
メニュー

復讐のセクレタリー

解説

事故で息子を亡くした母親が9年の時を経て復讐に乗り出す姿を、「わたしはロランス」などのベテラン女優ナタリー・バイ主演で描いたサスペンススリラー。ある雨の晩、出産間近の妻を車で病院に連れて行こうとしていたトマは、道路を歩いていた青年を轢き殺してしまう。それから9年後、刑期を終えて出所したトマが働く企業に、初老の女性マリー=フランスが臨時採用される。トマの秘書となったマリー=フランスは、トマが9年前に轢き殺した青年の母親だったが、マリー=フランスはそのことを隠したまま、トマやトマの家族と親しくなっていくが……。監督は「17歳の夏」のクリストフ・アリ&ニコラ・ボニラウリ。

スタッフ

監督
クリストフ・アリ
ニコラ・ボニラウリ
脚本
クリストフ・アリ
フィリップ・ブラスバン
ジャック・ソティ
撮影
ニコラ・マサール
音楽
ジェローム・ルモニエ

作品データ

原題 La volante
製作年 2015年
製作国 フランス・ベルギー・ルクセンブルク合作
上映時間 88分
オフィシャルサイト  

映画レビュー

平均評価
2.7 2.7 (全2件)
  • 狂気が見えない 息子を交通事故で失った母親が、事故を起こした一家を恨み、復讐する物語。 この母親は明らかに異常なのだが、狂気が描かれていないので、すべて唐突に思えてしまう。 もっと人間性を深堀してほしかった。 ...続きを読む

    いやよセブン いやよセブンさん  2016年6月11日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • La volante 原題の意味は? ほぼ邦題通りの内容ですが主役の秘書は結構な熟女でエロ要素はありません。 ...続きを読む

    eliminator250v eliminator250vさん  2016年4月24日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

復讐のセクレタリー(字幕版)
復讐のセクレタリー(字幕版)
2016年5月5日
¥400
Google Play
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi