ダゲレオタイプの女 : 映画評論・批評

ダゲレオタイプの女

劇場公開日 2016年10月15日
2016年10月11日更新 2016年10月15日よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほかにてロードショー

女優の資質をあっけなく自作の支柱にし得る監督の繊細な力業

「彼女には時代から浮遊したような、ちょっと変わった所があると思った。フランスの現代を生きる一般的な若い女性とはいかにも違う、どこか古風で非現実な魅力がある」――「彼女」とは女優コンスタンス・ルソー。時代からも現実からも乖離したようなその存在感に魅了されて「女っ気なし」に起用したのが発言の主、フランスの新進監督ギョーム・ブラックだ。実際、彼の映画でルソーは、いかにも現世的な母の傍らで、生きにくそうな様子をして、かそけさとか儚さとか蜻蛉の薄い羽とかを思わせる娘を体現していた。いつも一歩引いたような佇まいがみごとに記憶に焼きついた。だから、黒沢清監督がフランスでフランス語で現地スタッフ・キャストで撮った「ダゲレオタイプの女」のヒロインにルソーを抜擢したと聞いてなるほど! と腑に落ちた。早く見たいと期待が膨らんだ。完成作を見てルソーのこの世ばなれした存在感、遠慮がちに佇む様子、ちろちろと蝋燭の灯が揺れるように震える瞳に見惚れ、そうやって女優の資質をあっけなく自作の支柱にし得る監督の繊細な力業に惹き込まれた。

画像1

郊外に立つ鬱蒼とした屋敷。その階段にふっと現れる青いドレスの女。そんな一景で英国はハマー・フィルムに代表される怪奇映画への愛を全開にしつつ、西洋型のゴーストストーリーを喜々として究める黒沢の新作は、一方で日本の怪談をふまえた愛の物語を紡ぐ。そこでルソーは最古の写真撮影技術に魂を奪われた父のため、長時間、固定器具に身を委ねたままポーズする苦行に耐える娘を演じている。

リアル 完全なる首長竜の日」の綾瀬はるか、「Seventh Code」の前田敦子、そして「岸辺の旅」の深津絵里もまた鮮やかに活劇のヒロインとしてみせた監督が今回は運動を奪うことで逆にルソーの身体性を際立たせる。あっけなくこの世のものでなくなる娘は、彼女に(あるいは彼女を写した等身大のダゲレオタイプの写真の像に)恋した写真家の助手との生死の境を超えた道行でも、静を象る身体性で青年の至福の錯乱を裏打ちしていく。旅路の果てに死者との恋に孤独を癒す青年の切なさがゆっくりと映画の核として立ち上がる。その時、どこまでも控えめに佇む女優ルソーのかそけさの力も圧倒的に観客の胸になだれ込んでくるだろう。

川口敦子

関連コンテンツ

特集

あのキヨシ・クロサワが、衝撃的ホラー・ラブロマンスで世界デビュー!“ダゲレオタイプ”──それは、愛と悲劇を引き寄せる《究極の儀式》
特集

被写体に身体的・精神的苦痛を求める世界最古の写真撮影方法“ダゲレオタイプ”を題材に、異常性と美しさを兼ね備えたホラー・ラブロマンスが誕生した。10月15日公開「ダゲレオタイプの女」は、世界的評価を集める黒沢清監督が、フランスで撮り上げ...特集

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

ダゲレオタイプの女[DVD] ダゲレオタイプの女[Blu-ray/ブルーレイ] パリ、ただよう花[DVD] サンバ[Blu-ray/ブルーレイ]
ダゲレオタイプの女[DVD] ダゲレオタイプの女[Blu-ray/ブルーレイ] パリ、ただよう花[DVD] サンバ[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2017年5月3日 最安価格: ¥3,140 発売日:2017年5月3日 最安価格: ¥3,966 発売日:2015年3月4日 最安価格: ¥3,201 発売日:2016年7月2日 最安価格: ¥1,500
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全25件)
  • フランスでの「怪談」 現時点での黒沢清の最高傑作ではないだろうか。 この人の映画は、いくつになっても学生映画のような映画が多く、妙な幼さを感じていたのだが、「トウキョウソナタ」あたりから、少し吹っ切れたようなキレを... ...続きを読む

    シンドラーの手帳 シンドラーの手帳さん  2017年6月21日 17:54  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 正直退屈してしまったなぁ。 生者と死者のハザマを描いたいつものテーマで、死者と普通に暮らすのは岸辺の旅と似てる。 黒澤監督の世界観とか雰囲気ってフランスというか海外の映画とあってるんだろうなぁという気はする。 哲学的なセ... ...続きを読む

    じぶ じぶさん  2017年6月15日 23:58  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 女が階段から堕ちる時 ネタバレ! ...続きを読む

    小二郎 小二郎さん  2017年4月19日 23:26  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレス 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLE エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォール ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi