BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント
ホーム > 作品情報 > 映画「BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」
メニュー

BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント

劇場公開日

解説

スティーブン・スピルバーグ監督が、「チャーリーとチョコレート工場」で知られるイギリス児童文学作家ロアルド・ダールの名作「オ・ヤサシ巨人BFG」を映画化したファンタジー。スピルバーグ監督作「ブリッジ・オブ・スパイ」でアカデミー賞を受賞したマーク・ライランスが演じる心優しい巨人と、孤独な少女の心温まる友情と奇想天外な冒険を描いた。ロンドンの児童養護施設に暮らす好奇心旺盛な少女ソフィーは、真夜中に窓から入ってきた巨大な手に持ち上げられ、「巨人の国」に連れて行かれてしまう。ソフィーを連れ去ったのは、夜ごと子どもたちに夢を届ける、優しい巨人BFG(ビッグ・フレンドリー・ジャイアント)だった。ひとりぼっちのソフィーは、自分と同じく孤独なBFGと心を通わせていく。

作品データ

原題 The BFG
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 ディズニー
上映時間 118分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

インタビュー

英国演劇界の“巨人”マーク・ライランスが日本、そして世界に届けたい夢とは…
インタビュー

2016年2月のアカデミー賞で助演男優賞に輝き、ハリウッドに一躍その名をとどろかせたイギリス演劇界の“巨人”マーク・ライランス。「ブリッジ・オブ・スパイ」に続き、巨匠スティーブン・スピルバーグ監督と2作連続でタッグを組んだ新作「BFG...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ふれあいがもたらすヒューマニズムの滋味と映画を全うするスピルバーグの凄み
BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアントの映画評論・批評

スティーブン・スピルバーグが英作家ロアルド・ダールの原作ものを手がけると聞いたとき、さほど意外性は感じなかった。子どものような無邪気さに、自覚なき残酷さを合わせ持つ前者の作風と、後者のブラックユーモアあふれる童話世界との親和性は高い。...BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアントの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全87件)
  • 絵本のような 彼(BFG)は楽しい 彼から流れ出る言葉は分かりやすく そして奇妙だけど温かく それでいておもしろい 巨人なのに大きさを感じさせない 小さな子供達でも恐がらずにこのえいがを見れるだろうね ひとり... ...続きを読む

    ジャック・ブラック1952ll ジャック・ブラック1952llさん  2017年9月4日  評価:3.5
    このレビューに共感した/1
  • 児童文学が元ネタらしい 英国女王様まで巻き込んだ割にはアッサリ。コーギーは本当に王室を駆け回っているのか。 いいまつがえるのが特徴のBFGには吹き替えがしっくり。 映像に違和感が無いのはさすが。 おならが笑うところ? ... ...続きを読む

    eli eliさん  2017年8月8日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 絵本 子供に絵本を読み聞かせるようなテンポのファンタジー。 主人公の少女が巨人の世界に入ってしまい、善人の巨人と力を合わせて悪い巨人をやっつける。 お金のかかったスピルバーグ印の児童映画。 ...続きを読む

    いやよセブン いやよセブンさん  2017年8月1日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi