ジオストーム 特集: 【参戦必至】 2018年初っぱなから《映画ファン最高の祭り》がやってくる!歴代傑作“いいとこだけ”全部のせ「BEST OF ディザスター映画」爆誕!!

ホーム > 作品情報 > 映画「ジオストーム」 > 特集 > 【参戦必至】 2018年初っぱなから《映画ファン最高の祭り》がやってくる!歴代傑作“いいとこだけ”全部のせ「BEST OF ディザスター映画」爆誕!!
メニュー

ジオストーム

劇場公開日 2018年1月19日
2017年12月25日更新

【参戦必至】 2018年初っぱなから《映画ファン最高の祭り》がやってくる!
歴代傑作“いいとこだけ”全部のせ「BEST OF ディザスター映画」爆誕!!

ありとあらゆる気象災害のフルコース! コスパ良すぎなこの映画、1本だけで満腹に! ありとあらゆる気象災害のフルコース! コスパ良すぎなこの映画、1本だけで満腹に!

映画ファンであれば、あまたのディザスター(大災害パニック)映画を経験してきたことだろう。来たる2018年、そんなディザスター映画傑作群のいいとこ取り&ギガ盛りの超大作が日本を直撃する! 寒波&熱波、地割れ、大洪水、落雷、ひょう……あらゆる自然災害の連続パンチ、絶体絶命の地球を救うためには宇宙に行くしかない!? 映画ファンの“好き”のオードブルに、誰も見たことのない斬新な設定を絡めた未曽有(みぞう)の映画「ジオストーム」(1月19日公開)、突っ込む準備はいいか?


[超最高な設定]地球全気象を衛星がコントロール──だが突然大暴走開始!
このままだと全人類滅亡!! イントロ時点で映画ファンフラグ立ちまくり!

本作の舞台はなんと地球&宇宙! 力を合わせて人類滅亡、地球壊滅の危機を食い止めろ 本作の舞台はなんと地球&宇宙! 力を合わせて人類滅亡、地球壊滅の危機を食い止めろ

本作の最大のトピックといえるのが、“地球のあらゆる気象を衛星がコントロールする”という斬新な設定。そんな人類の夢が、もし実現したら? そしてもし、その衛星が暴走してしまったら地球は、人類はどうなってしまうのか!? 映画ファンの“見たい”アンテナをビンビンに立たせまくるエッジの利いたアイデア、さらに、メガホンをとるのはSFディザスター映画の金字塔「インデペンデンス・デイ」の脚本&製作を兼任したディーン・デブリンと来れば、もう面白さは約束されたも同然だ!

ここにも、ほらあそこにも! どこを切ってもダイナミックな映像の“金太郎飴”状態! ここにも、ほらあそこにも! どこを切ってもダイナミックな映像の“金太郎飴”状態!

ディザスター映画は数あれど、この発想はなかった! 舞台は、天候を衛星で管理できるようになった近未来。だが、突如として衛星が暴走し、地球規模の同時多発災害=ジオストームを誘発しかねない事態に陥ってしまう。人類を救うには、宇宙空間を周回する衛星に乗り込むしかない!

地球の各地で異常気象が頻発、被害続出! 人類の運命は一体、どうなってしまうのか? 地球の各地で異常気象が頻発、被害続出! 人類の運命は一体、どうなってしまうのか?

世界興行収入8億ドル超のヒットを記録した「インデペンデンス・デイ」は、この男なくしては成立しなかった……。同作の脚本・製作や「パトリオット」の製作を手がけたデブリンが、満を持して長編映画監督デビュー。ハリウッドのヒットメイカーとしての矜持(きょうじ)を見せつける!

映画ファンなら「たまらん!」と思わず叫ぶ? 往年のスターが続々と登場するのも熱い 映画ファンなら「たまらん!」と思わず叫ぶ? 往年のスターが続々と登場するのも熱い

本作には“わかってる”キャストが勢ぞろい! 「エンド・オブ・ホワイトハウス」のジェラルド・バトラーが「大統領の次は地球を救う!」と言わんばかりの獅子奮迅の活躍で魅了すれば、「ザ・ロック」のエド・ハリス、「オーシャンズ11」のアンディ・ガルシアがいぶし銀の輝きを放つ。


[超最高な“あるある”全部入り]映画ファンならこの興奮分かるだろ?
アレも! コレも! ソレも! これぞディザスタームービーの幕の内弁当!

どんな災害もありまっせ! 豊富すぎる品揃え、本作はまるで“自然災害のデパート”だ! どんな災害もありまっせ! 豊富すぎる品揃え、本作はまるで“自然災害のデパート”だ!

本作はまさに、“ディザスター映画の幕の内弁当”というべきデラックス仕様! 地割れ、マグマの噴出、台風、落雷、洪水など多種多様な自然災害が畳みかけるだけでなく、人類を救おうと宇宙と地球で奮闘する兄弟のきずなを描いた熱血ドラマ、さらに気象コントロール衛星をめぐる恐るべき陰謀に迫る驚がくのサスペンスなど、どこを切っても映画ファンの大好物しか入っていないのだ。テンションMAXの本作を見れば、パワーもスタミナもフル充電され、寒い冬だってへっちゃらになるかも?

画像8

地球氷結といえば、“破壊王”ローランド・エメリッヒ監督の「デイ・アフター・トゥモロー」が真っ先に思い浮かぶが、本作はその先を行く。強烈な冷気がいきなり常夏の王国ブラジルのビーチを襲うと、波はおろか人や建物までが瞬・間・冷・凍! ショッキングな映像がさく裂する!

画像9

かつてない竜巻体感映画として人気を博した「イントゥ・ザ・ストーム」。あの、恐怖の“竜巻同時発生”が進化を遂げ、本作で再襲来! 大量の人々でごった返すインドの市場を容赦なく襲い、人も、建物も、何もかも吹き飛ばしていく! 愛犬と引きはがされた少年の運命やいかに!?

画像10

自然災害の“恐怖”も、本作は否応なく突きつける。香港では、何の前触れもなく地面からマグマが噴き出し、周辺地帯はまたたく間にメルトダウン! 人類滅亡を描いた「2012」で抱いた“絶望感”が、何倍にもなって襲ってくる。衝撃映像の連続に、身震いすること間違いなしだ!

画像11

舞台が地球だけなんて誰が言った? 主人公ジェイク(バトラー)が向かった宇宙空間でも、度肝を抜くアクションが待ち受けている! 刻々と迫る人類滅亡のタイムリミット、ジェイクは地球を救うことができるのか? 「インデペンデンス・デイ」に匹敵するハラハラ感を楽しんでくれ!

画像12

みんな大好き「アルマゲドン」の家族ドラマもあるぞ! 「必ず帰る」と約束したジェイクと父の無事を祈る娘の親子愛、衛星開発者のジェイクと国務省スタッフの弟マックス(ジム・スタージェス)の結束が、見る者の涙腺を刺激しまくる。オレたちをどこまで喜ばせれば気が済むんだ!




[超最高な日本要素]上川隆也、山本耕史、ブルゾンちえみが声の出演!
日本語吹き替え版主題歌をB'zが担当し、日本にも降り注ぐ危機を彩る!

オレたちの知っている銀座が大パニックに! 空から降り注ぐひょうが街を破壊しつくす オレたちの知っている銀座が大パニックに! 空から降り注ぐひょうが街を破壊しつくす

日本語吹き替え版にも、本作ならではの夢のコラボレーションが仕込まれている。主人公ジェイクに扮するのは、声優経験も豊富な演技派・上川隆也。弟のマックス役には、テレビ・映画・舞台とフィールドを問わずに活躍する山本耕史。さらに人気絶頂のお笑いタレント・ブルゾンちえみが、まさかまさかのシークレット・サービス役! そして、日本を代表するモンスター・ロック・ユニット、B'zが自身初となる洋画主題歌に新曲を提供。ド派手かつ迫力のサウンドで、映画を熱く盛り上げる!

上川隆也と山本耕史が兄弟役、ブルゾンちえみは大統領を守るキャリアウーマンに挑戦! 上川隆也と山本耕史が兄弟役、ブルゾンちえみは大統領を守るキャリアウーマンに挑戦!

豪気な主人公ジェイクに扮するのは、「かぐや姫の物語」「ファインディング・ドリー」などでも美声を響かせてきた上川。クレバーな弟マックス役には、数々の舞台で馴らしてきた実力派・山本。そして紅一点のブルゾンは、強くて美しい“キャリアウーマン”をどう演じる? 期待が集まる!

老いも若きも沸騰させる国民的ロックユニット・B'zの参戦に、テンション爆上がり必至! 老いも若きも沸騰させる国民的ロックユニット・B'zの参戦に、テンション爆上がり必至!

デビュー30周年を迎えたB'z。B'z が洋画の主題歌を担当するのは今回がなんと初めて! 新曲「Dinosaur」で、観客の血潮を沸騰させる!

超巨大ひょうの襲来で、歩行者“天国”が一瞬にして“地獄”に変貌! とにかく逃げろ! 超巨大ひょうの襲来で、歩行者“天国”が一瞬にして“地獄”に変貌! とにかく逃げろ!

本作ではなんと、日本の銀座も登場する。銀座を襲う災害は、直径5メートルもの超巨大なひょう! 弾丸のように降り注ぐひょうに、あの名店も、老舗デパートも、道行くサラリーマンやOLも……いやいやこれ以上は語れない! 絶句必至の衝撃シーンは、ぜひともスクリーンで体感してくれ!

画像17

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

あらゆる厄災全部乗せの脱知性ぶりが観客をトリップに導く!
映画評論

その異形な様相は「予算のかかったアサイラム映画」というべきかーー。かつて破壊王ローランド・エメリッヒ監督とタッグを組み「インデペンデンス・デイ」(96)や「GODZILLA ゴジラ」(98)を製作したディーン・デヴリンが、経験値を活か...映画評論

フォトギャラリー

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す