ブランカとギター弾き
ホーム > 作品情報 > 映画「ブランカとギター弾き」
メニュー

ブランカとギター弾き

劇場公開日

解説

写真家として活躍する長谷井宏紀がイタリア製作映画として手がけた監督デビュー作で、フィリピンを舞台に、孤児の少女と盲目のギター弾きの旅を描いたロードムービー。マニラのスラムに暮らす孤児のブランカは、母親を金で買うことを思いつき、盲目のギター弾きピーターと旅に出る。ピーターから得意な歌でお金を稼ぐことを教わったブランカは、レストランで歌う仕事を得てお金を稼ぎ、計画は順調に進んでいるかに思えた。しかし、そんな彼女の身に思いもよらぬ危険が迫っていた。長谷井の第一回長編監督作品となる本作は日本人初となるベネチア・ビエンナーレ、ベネチア国際映画祭の出資で製作され、第72回ベネチア国際映画祭でソッリーゾ・ディベルソ賞、マジックランタン賞を受賞。

作品データ

原題 Blanka
製作年 2015年
製作国 イタリア
配給 トランスフォーマー
上映時間 77分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全10件)
  • スラムを舞台にやさしさ描く、瑞々しい作品 フィリピンのスラムを舞台にした作品だが、悲惨さを感じさせない。前向きでやさしいエネルギーに満ち溢れた作品。同日公開の「ローサは密告された」もフィリピンのスラムを描いているが、麻薬に汚染されるシビ... ...続きを読む

    ローチ ローチさん  2017年7月31日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 透明感あふれる映像に浮かび上がる信頼と絆 ファーストカットから路上の臨場感が伝わってくる。その雑踏に小さく少女を見つけた瞬間、ああ彼女が主人公なのだなと確信した。可愛らしさとともに何か別の言いようのない切実な感情を胸に抱いている彼女。そ... ...続きを読む

    ぐうたら ぐうたらさん  2017年7月31日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 終わり方が非常に好き 詳しく知らない異国の物語なので、この内容がどれだけリアルなのかよく分からない。しかし、どうしても違和感をもってしまうところが散見された。 そしてまた、盲目の人が弾くギターもそれほど魅力的には思え... ...続きを読む

    SH SHさん  2017年8月10日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ブランカとギター弾き」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi