LOVE 3Dのレビュー・感想・評価

メニュー

LOVE 3D

劇場公開日 2016年4月1日
20件を表示 映画レビューを書く

エロは楽しい。

時間長かった。
ストーリーが分かりにくい。
結果何の映画でした。
sex・レズ・友情❔

○
さん / 2016年12月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

普通か

ノエを始めて見たが日常の普通の生活、性活のドキュメンタリーなのか。それと模索中があるせいか、主題が見えなくなる。

ぽっくん
ぽっくんさん / 2016年11月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

女々しいマーフィー。

ギャスパーノエの作品にしては比較的に観やすい映画ではある。

ただ性描写は今までの作品の中で1番過激。

話題になるのはそんな性描写ばかりだが日常でカップルがすることをバカ正直に映像にしただけ。

モザイクに3Dの相性は最悪で何を観せられているのか解らなくなる位に観にくい。

男女の性生活をありのままに描写した恋愛と失恋と後悔に陥る女々しい男の物語。

万年 東一
万年 東一さん / 2016年8月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キミにマニョマニョ。

「LOVE」とはよく名付けたものだ、と感心した一本。

♪愛とは痛いものだと聞いていたのに~
♪背中にプリンを~入れられたようだ~

ピント外れかもしれないが、観ていながらそんなパール兄弟の歌を思い出した。
優しくて甘くて暖かくて。
そして。
辛くて苦くて凍えるように痛い。
まさにそれが「愛」であり、同時に雄と雌の間に横たわる大河。
個人的体験でさんざ味わい、もう二度と食べたくないけれども。
「人間だってアニモー」の本能に逆らいきれないものが見事に凝縮されていたのは、本当に毎度ながらギャスパー・ノエ監督に打ちのめされた。
「綺麗ゴト」を事実から暴く、やはりそんな極端な仕事が自分は好きだ。

だがSEXシーンの7割削っても通じるのはどうなんだろうな。
どうせボカシだらけだし、そのボカシが3D効果で飛び出したのには笑ったが。
苛烈な性描写だが、実際に子作りするとなればそんな滑稽なことを皆している訳で。
そこに焦点を当てた作品で、その描写にフィルターを掛けるのは、作品の真意の曲解に繋がるし。
そもそも映画のレーティングも無意味だよね。
「幾度身体を重ねても、ある日突然訪れる『拒絶』」
そんな良くあることを描くには、あのSEX描写は意味があるし。
しかしながら無くても(濃密に描かなくても)十分にテーマは伝わるし…

監督の切り取りが鋭すぎて、逆にテーマが隠れてしまうような気がしてしまう作品。

好きこそモノのヘタレなれ
好きこそモノのヘタレなれさん / 2016年5月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 知的 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

メメント

ストーリーはよくある欧米のジャンキー同士のラブストーリーではっきり言ってつまんなかったし、二時間ちょいがむちゃくちゃ長く感じた。

でも映画ってやはり娯楽の側面以上に芸術としての観点も重要だと思うし、その点ではなかなかの佳作だったんじゃないかと。
3Dの使い方はむしろセックスシーン以外で凄く効果的に使われてて、最初は3Dで撮った意味あるのかと思ってたけど、クラブのシーンや公園のシーンは3Dの美しさが存分に発揮されていたと思う。
ライト?もトリップ感がたまらなかった。
3Dの面で文句があるとするなら、ブッカケは、もっとブッカケて欲しかった。
いえ、そういう趣味はないですが映像革新的な意味でね。あくまでも。ほんと。

チルウェイブ的な音楽も凄く心地よくて、やはりストーリーよりも空気を楽しむ映画だったなと。
映画館で観れてよかった。

50

ヨッシー
ヨッシーさん / 2016年5月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3Dの必然性は? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

たまたま上映前の予告で観た作品。相当刺激なタイトルとその内容、そして3D。世の男共は皆このテクノロジーを待っていたのではないかと信じて止まない興味である。とはいえ、AVではもう実現しているのだろうが、ヘッドマウントディスプレーなんてものは中々手に入るほど裕福ではない自分とすれば、こうして手軽に映画で試すのが関の山かとw まぁ、あくまでも一般上映(但し18禁)だから、大人しく観るのだけどね。
忘れられない別れた女を想い、回想に浸る男。。。映画を撮りたくてフランスまで渡り、そして画商の秘書と知り合う。両方ともある意味芸術家肌だから身体を許すのはそんなに抵抗はない。そして身体が合うのだろう、本能の赴くままに交尾を繰り返す。飽きてくるとより刺激的なバリエーションを求める女。乱交パーティ等一通り刺激の門をくぐり抜けた後、辿り着いたのはもう一人の女性を交えた3Pでの生活。しかし、その女性が妊娠したことが分かるとその危うい関係は清算される。女は薬に溺れ、行方不明に。
そんなスト-リーなのだが、とにかく濡れ場シーンがどんどん続く。男にしてみればそれだけ忘れられない行為の数々だったのだろう、組んずほぐれつの『ハァハァ』であるw 勿論断って置くが、AVじゃないので、モザイクは掛からないがボカシはかかる。本国フランスではボカシはないのだろうか?ないとすればさすが愛の国である。でも、これを3Dにする理由は・・・あるのだろうか?唯一キモは射精の瞬間なのだろうが、しかしスクリーンから飛び出てこちらに掛かるという演出ならば面白かったが、上に飛び散るという位でそんなに驚くほどでもない。
結局、幾ら恋い焦がれ、また逢いたいと思っても、しかし現実は妻もいてそして愛する子供もいる。男の哀しさは滑稽なほど、同じ男として同情を禁じ得ない。痛い位に気持ちが分かる。
そんな訳で別に3D眼鏡がまるっきり必要ないものなので、正直、料金的にはかなり痛いと思ったのだった。

いぱねま
いぱねまさん / 2016年5月15日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

SEXと愛 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画で殴られたのは初めてだった。
感覚的に脳内にきた。
あれは何だったのだろうか。
ストーリーはいたって単純である。
男が元彼女の事を回想する。そして妻子がいるのに、本当に愛しているのは元彼女の方だと気づく。ただそれだけだ。ただそれだけなのだが、これを日本で撮ったらどうだろう。
SEXの描写はあんなに映せないだろうし、大衆ウケしようと安っぽいメロドラマみたいな感じになるのではないだろうか。

ギャスパー・ノエ監督は「私のこれまでの映画とは違う。この映画は感情の激しい力、愛のエクスタシー以外の何物でもない」と語っている。
感情の激しい力か。これは納得だ。
大学でこんな経験をした事がある。
あるサークルの部長(男)に片思いしていた女が3人もいた。その男は2人の女と関係を持っていた。付き合ってはないのだが体の関係を持っていた。その事実を知ったもう1人はサークルの飲み会で過呼吸をおこして、ハァハァ言いながらその男の名前を呼ぶのだ。流石に周りの人はドン引きをしながら介抱したのだが私はドン引きしながら衝撃を受けた。こんなにも人を愛せるのかと。その後もその女は男の事が好きで好きでたまらず、何回も相談して飲んで潰れるとその男の名前を言う。
他者から見るとバカバカしくて滑稽だ。
けど若い時はここまではいかなくても恋に溺れた事がある人がいるのではないか。
映画でも似たような感覚になっていた。映画でももちろん他者のため滑稽に思いつつ、ここまで好きになれるのかと。
まさにこれが恋の力であり感情の力ではないだろうか。

あとはエクスタシーだ。
恋愛にはSEXがあるし、また、ない場合もあるが、大抵は付き合えばSEXするだろう。
皆、分かってるはずなのにそこは映画では殆どの人は観ようとしない。映画に限らずかもしれないけど。
愛とSEXには愛のないSEXとSEXのない愛があり、もちろん愛のあるSEXもある。
一番ベストは愛のあるSEXだ。と監督は語っている。私はまだ愛のあるSEXはした事ないが他の二つは経験がある。何故か今の人は愛のないSEXはダメだと言うが私はそうは思わない。実際、愛は無くてもお互いが了承してSEXしてれば楽しいしSEXが無くても愛があればデートとかでも十分満足するわけだ。
この映画は稀だが当たり前の事を映しているだけである。そこがいいのだ。
恋愛感やSEX感で観方、感じ方が違ってくるであろう、そんな作品だ。
実に愛らしく、実に滑稽だ。

りゅう
りゅうさん / 2016年5月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ドキドキしなーい! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

まず、エッチを3Dで観せられても、なんにも思わなかった。
というより、出来損ないのAVみたいのをシネコンで観ていることに感動した。

芸術作品でした。
見た目も中身も。
途中でどの女の子が誰かわからなくなる。

なんかな・・・
モザイクも無駄に大きい。
別に形を視認したいわけではないけど、この作品の場合見たくないわけでもないからな。
逆に見たくもないのに
タランティーノの某作品はほぼ見えてたし、『グリーン・インフェルノ』ではひょろちい根元もがっちり映してたけど、モザイクなかったじゃん。
目的が違うから?映倫さん?
公然わいせつも「別に見せたくなかった」って言ったら許されるの?
(刑の軽さは変わるけど)

射精のところは顔を避けてしまった(笑)
エンディングの3D感はよかった。
文字と背景の立体感がね!

CinemaExpress
CinemaExpressさん / 2016年4月30日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  笑える 知的 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映像か演出か芸術か猥褻か

性描写過多。故にそれに対する刺激は物語の進行と共に低減の感あり。
併せてノエの少なからず映像美に重きを置く作風であることを加味すれば、作中のボカシはなくすべきであるという意見は至極妥当かと思える。

なべたく
なべたくさん / 2016年4月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今後の新ジャンルへの試験的な作品?!

内容がイマイチぱっとせずダラダラ感が今後邦画や家庭用作品でこの手の作品が進化されることを期待されたテストパターン?!エロ目的の男性限定映画

ゆたぼー
ゆたぼーさん / 2016年4月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3Dじゃなくていい

ギャスパーノエ初めて観ました。
最終日に無理して3Dで観たけど、
3Dである意味はそんなに感じないかな。
セックスシーンがとにかく多い。まあそれをみせたいんでしょうからそりゃそうなんだろう。

日本人はあんまりしないみたいだけど、複数プレイを楽しそうに描いてた。幸せなカップルがもう1人混ぜたいね、っていいなぁと思う。

shihoxx
shihoxxさん / 2016年4月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3Dって!

全体的に酷評のようですが通常の2Dだと人体のラインとか表現が難しいのを3D
に踏み切ったところがりっぱです。
男のショボサさが生々しく共感がもてます。
個人的には好きな作品、ただし映画マニア向けで一般受けは難しいでしょう。

hanare-m
hanare-mさん / 2016年4月11日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

うんざり

人の恋愛セックスを延々と見せられると正直、うんざりする。個人主義のヨーロッパ的感覚には日本人はついていけない。主人公にまったく共感できないのはその辺に理由がある。日本人のセックスはより淫靡である。

dragonmizuho
dragonmizuhoさん / 2016年4月9日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

絶倫マーフィー恋物語。

「LOVE 3D」3D字幕版で鑑賞。
近所の映画館は上映してなく、仕方なく、新宿の映画館で鑑賞しました。
公開してから一週間なのに、ほぼ満席でした。
中には女性客やカップル、それに年配の方が来ていましたw

R-18なので、とにかく刺激的なシーンが目立ちましたね~(^^;
まず、冒頭からエロかった。
エレクトラが全裸でマーフィーのアレをシコるシーン。ビックリしましたねーまさか冒頭から見させられるとはw
食い入るように見ましたw 勿論、ボカシが入ってました。

この映画は、とにかくセックスシーンがめちゃくちゃありますが、ストーリーはちゃんとあります。
1月1日早朝、元恋人の母親から留守電が入る。エレクトラは、ずっと行方不明のままで、母親は、彼女から連絡がないか知りたがっていた。マーフィーは、エレクトラとの2年間を思い返していく。という話。

個人的にエロかったシーンを以下にまとめてみました。

・冒頭、マーフィーとエレクトラが互いに責めるシーン(マーフィーが片手でエレクトラのアレを責め、エレクトラがマーフィーのアレをシコるシーン。)

・マーフィーとエレクトラとオミの3P
→何故、あの流れで3Pをしたのか謎ですが、エロかった。個人的にもっと見たかった(笑)

・マーフィーとオミのセックス

・マーフィーが全裸のエレクトラを写真を撮るシーン。

・マーフィーとエレクトラがどこでもセックスする。
→路上、店の中、色んな所でセックスしてましたw
ク○二、フ○ラ、なんでもアリでした(^^;

・夜の乱交?パーティー

・マーフィー射精シーン
→3Dなので、精子が飛び出してきました(^^;

他にもエロシーンがたくさんありましたw

俳優の人も魅力的だし、こんなエロい映画を観たのは初めてです!ほぼAVに近かったかな?w

レビュー内容が卑猥な表現になってしまって申し訳ありませんw ですが、それぐらいエロい映画です!(笑)

タイトルの通り、マーフィーは絶倫です!w←本当に絶倫かどうかは分かりませんが、劇中で、マジでヤリまくってます!(笑) マーフィーが羨ましい、、(^^;

総じて、非常にエロかったです。ストーリーに関してはそんなに面白くはなかったです。最後もちょっと違和感あって、あんまりスッキリしなかったですね~

下ネタが好きな人は、オススメします!下ネタが大嫌いな人は、オススメしませんw

・・・それにしても、凄い映画だったな~(^^;

ひろっぴ
ひろっぴさん / 2016年4月9日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3人の愛、LOVE3D...

音楽が抜群に良い。
ボカシが・・・ということは最前提にあるが、そこを言及してこの作品の評価を落としてしまうことは、ギャスパーに失礼である。
内容としては、1人の男の後悔を描いた作品となっている。また、『アレックス』と同じく、性と生が混ざりあったテーマ性を持っているように感じた。愛とは何か。正面からぶつかっている。
ただ、回想劇で数時間の現在を描くにしては、少し展開が進まなすぎな印象も感じた。幻想的な雰囲気に包まれた世界観には没入してしまったのは、確かである。

坂田亭
坂田亭さん / 2016年4月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ホントにボカシが邪魔ですね〜。 これじゃあ3Dで観る意味ないですよ。

ホントにボカシが邪魔ですね〜。
これじゃあ3Dで観る意味ないですよ。

やまぼうし
やまぼうしさん / 2016年4月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ギャスパー・ノエの毒に冒されました

久々のギャスパー監督作。一度観たら再び観る気にはなれない程の猛毒(?)映画だが、それでも次作が気になるのは何故か。映像表現のタブーに今回も挑んでくれました。(ボカシ多過ぎ)3D料金ということもあり名古屋では客入りは疎らでしたが、個人的にはストーリーがどうのとか、タブーがどうだとかいうよりは映像感覚に引き寄せられるので見逃せない監督の一人です。

M.E
M.Eさん / 2016年4月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ほとんどAV

フランス映画の3D技術には 、がっかりです。

かん
かんさん / 2016年4月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

愛とは浸る場所。すなわち、この映画は映画館で絶対見なきゃいけない!

とにかく何があろうと絶対に映画館で見なきゃいけない作品です。
映画体験という意味では今迄でに見てきた全映画なんかと比べ物にならないほどの最高の映画体験でした。

なぜ、この映画を映画館で絶対に見るべきなのか?それは、浸る環境に入り、3Dという技術でとにかく映画の中に入る。それが整った環境ではないと、この映画を見たといえない!
途中でエレクトラが言う「愛は場所よ。心地がいい場所。誰もがそこにいたい場所」。この映画が始まってから終わりまで、主人公はもう無い過去の愛に浸る。そして、観客も映画館のイスにぎっしりと身をまかせ、3D眼鏡を通して彼の愛の世界に浸る。エレクトラが言った「愛は場所」の用に。
映画館で私たちの過去に浸り、彼らの過去に浸り、映画館が明るくなり、映画館を後にして外に出ると、外が違った様に見える。同時に『進まなきゃいけないな』と思える。物凄く良い体験をしたと思えました。

それだけではなく、やっぱり誰しも過去の性は痛いし。ここまでのセックスライフは送ってないにしろ、何らかで自分の過去を見つめてしまうだろうし。でも、その痛みも全部この映画によって裸にされたような。

まあ、正直ぼかしを入れやがった事には本当に腹が立ちます。ノエ監督の言葉を借りるなら「日本は局部を見ると変な病気に感染するとでも思ってるのか?」
R15+でここまでのぼかしが入るのはわかります。でもR18+でこんなに多いいぼかしが入るのは全く理解できない。この映画をわざわざ映画館で見に来る客のどいつがちんこまんこ見たくないと思ってんだよ。皆見たいに決まってんだろ!ホントに余計なお世話。飛び出す精子やらちんこが見たかったよ!

yotaro okada
yotaro okadaさん / 2016年4月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

完全ポルノで意外と恋愛物語

異常にストーリー性があるポルノとかアダルトが稀にあるけれども、決してそういった類でもない。普通の映画館で上映させるのも理解できる。ただセックス描写は露骨であり、ボカシはあまりにも残念すぎる。ボカシのために3Dの価値は半減している。まぁそれをボカシなしで見たとしても、性的欲求を満たされるだけのような気がするけれど、勃起や射精を3Dで見る価値は結構あるでしょう、男女問わず。
時空を越えた表現が非常に効果的。ひとつの愛の行方をよく表現しきっていたように思う。登場する個々人を好きになれなくてもその恋愛には何か惹かれた。情熱、刹那さ儚さ、もどかしさ…感情がダイレクトに伝わってくる。
セックスという表現を利用した恋愛物語といったところか─それが人生の無情にも多少つながっているところも興味深い。
監督の名前が劇中によく登場するところも面白い。きっと自分のために作った映画だろう。自分の思うように作って、自分に言い聞かせる作品。そういうことが常によい結果を生み出すとは思わないけれど、この作品に関しては成功しているように思う。
似たようなサイズのショットの繋ぎ方、合間に差し込まれるブラックショット、かなりぶつ切りで繋いでいるけれども、不思議と違和感なく流れていく。ある意味そのつなぎ方が作品のリズムを生み出しているかもしれない。
最後に、セックスにおける3D効果をそれほど感じなかった点が残念だ。

SH
SHさん / 2016年4月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

20件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi