ニュースの真相のレビュー・感想・評価

メニュー

ニュースの真相

劇場公開日 2016年8月5日
42件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

陰謀

この映画の中では真相はこうでしたと語っているけれど、それはただの事実としてあるだけで真実かどうか本当のところなんてわからないもの。強い力があれば簡単に真実なんて変えられちゃいます。そして真実ではない物事が現実のものとして存在していく。そんな不安定なものを仕事にしている彼らはまさにCourageousな人たちですね。

カイギョーイ
カイギョーイさん / 2017年10月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

FEA

ジャーナリストは尊敬できなくて大したことない恥ずかしいような奴が多いと思うが、その中にも一握りの信頼できる奴もいると思う。 真実だろうが何だろうが、マスゴミはマスゴミ
Courage は響いた 素晴らしい男もいる

Shuhei
Shuheiさん / 2017年9月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

報道のあり方

R・レッドフォードとK・ブランジェットの演技力の高さが改めて感じさせられた。ストーリーはブッシュ大統領の軍歴詐称報道に関する実話。オチではやはり、マスメディアが政治的圧力に敗北している。真実にはすべてをかける価値がある、マスメディアの本来あるべき姿勢を示してくれた。実話映画では傑作作品だ。

素子
素子さん / 2017年9月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2004年アメリカ。ネット叩きの走り

プロデューサーメアリーメイプスの自伝が元ネタ。
ジャーナリストは「質問する」のが仕事。
他人のスクープを報じるのが報道番組なんてお笑い草。
1時間15分頃FEAが何の略か分かるかと思ったら、取材される一般人が感じる気持ちが。
実の父親にまで裏切られるなんて。
FEAが何の略か分かるのは1時間45分頃
“Fuck 'em all”
くたばっちまえ
私は私よ。最後の最後で我を出す。
でも本質を見失わんかっのはどちらかは明白。たとえ解雇されようとも。
ドラマニュースルームシーズン2で同じテーマをやってた。
皆さんに「勇気を」 今作のロバートレッドフォードは控えめ。

eli
eliさん / 2017年9月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

政治物、難し。

番組メンバー以外に、証言をする人たちがたくさんいたり。加えて政治がらみの話なので、正直難しかったです。

報道というのは、時間との闘い。ネタの裏を取ったと思ったら実はそうじゃなかったりと、主人公が築いた「真実」だったはずの砂の城が崩れていく様は、とほほ。

レッドフォード御大。大丈夫かなあと思ったけど、20年以上務めたアンカーマンという重鎮ぶりがぴったりでした。

fukui42
fukui42さん / 2017年9月1日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

正義とジャーナリズム

わたしの大好きな「ヴェロニカ・ゲリン」のケイトブランシェットが帰って来た!!!感。メアリーが幼少期のトラウマを抱えつつ、ジャーナリストとしての信念を守り自分自身と闘う姿と、それを父のように温かく見守るロバートレッドフォード扮するダンとの関係性が真の親子のようでとてもよかった。番組を降板するダンが最後に「勇気を」とテレビ越しに言い、それをテレビ局を解雇されたメアリーが泣きながら見る場面は切ない。正義は必ずしも人を幸せにはしないという現実。けれど、正義を汚す行為は必ず人を不幸にすると信じたい。

non
nonさん / 2017年8月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ブッシュの軍歴疑惑

アメリカのCBSが、ブッシュの軍歴疑惑を放送するが、根拠となった文書がねつ造されたもので、関係者が処分された事件の映画化。
このような嵌められた事件の被害者は、ほとんどがリベラルで、わきの甘さが突かれている。
誰が仕掛けたのかは、不明だ。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2017年8月21日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 知的
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映画からの離脱or残留も象徴が必要・・・

【われらのケーン】のような編集宣言、
または表現の自由を本当に観客や読者やユーザーは望んでいるのか?
望んでいると信じて、あえてボブ・ウッドワードとサンダンス・キッドを動員してまで、
このセリフは言い、決めようとし、納得させようとする心意気に落涙。
別格永久欠番殿堂入りに値する作品。
映画からの離脱or残留も象徴が必要!?

蛇足軒瞬平太
蛇足軒瞬平太さん / 2017年4月27日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

Courage

60minutesをTBSが流さなくなって久しい。しかし、数多くのよく練られた報道を届けてくれた。最後のレザーの言葉にあったように勇気を持って報道に取り組んで欲しい。
失敗は失敗として認めて、次に機会が与えられる世界であって欲しい。マウントして吊るし上げて、社会的な死を与えても結果的には公益に合致しない。メイプルの一方的な論に過ぎて、ストーリーは迷走気味であるが、死を賜ったジャーナリストの怨念のように思えた。
ケイトブランシェットが終始、名演。

Kj
Kjさん / 2017年4月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

疑わしきは ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

証拠不十分、後から出てくる真実、ターゲットは大物なので反発も大きい。色々とついていないと思う。
映画のみでの判断だが、ブッシュは経歴詐称なのだろう。

夫婦に証拠となったものを渡したと男と女何者だよ。

ゆた147
ゆた147さん / 2017年3月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

BUCKFUSH

ロバートレッドフォードを久々に見る。可もなく不可もなく相変わらず普通。映画がアメリカのものだからなのか、アメリカの大統領が特別だからなのかは知らないけど、なんでこんなに大統領もの多いのかしら。
ニクソン、ブッシュは特に。ディスられること多いけど、カーターやリーガンじゃやっぱり映画にならない。角栄とか中曽根とか純一郎の映画撮れば良いのに、誰も見ないけど。

pigeyes
pigeyesさん / 2017年3月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ケイトが、素晴らしい

ブッシュ大統領の兵役詐称の真相を探るジャーナリズム映画 ケイトブランジェットの演技が素晴らしい。レッドフォードも歳をいきましたが、万年青年ぶりは、憧れます。

大阪ぶたまん
大阪ぶたまんさん / 2017年2月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

真面目 俳優が演じるドキュメンタリー こういうことがあったと皆が知...

真面目
俳優が演じるドキュメンタリー
こういうことがあったと皆が知っていた方がいいと伝える映画
ロバートレッドフォードだったんだ。
流石に歳をとったな。
話は面白かった。結局は負ける話なのに最後まで緊張感を持って見せるのは、上手。

無関心••3••好
並••3••凄 別世界
無••3••涙/無•••4•固ゆで
無••••5社会派/大衆••3••狂信
満喫/紹介
俺の満足度 80点
作品賞可能性 80%

CB
CBさん / 2017年2月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ちょいと雑。

ちょいと雑。

ghostdog_tbs
ghostdog_tbsさん / 2017年1月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

この事件聞いた事あるな ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

と途中から思い出した。テレビでやっていたのか。このアンカーが選挙後降板したのも確か聞いた。どんな風にスクープが作られていくのか、とても興味深かった。

「スポットライト 世紀のスクープ」は新聞で、選挙のようにタイルラインがあるものではなかったから、記者達が粘って被害者や隠蔽の事実を追っていたが、この映画は大統領の軍歴の偽装を選挙戦の最中に暴くというもの。

番組の時間に間に合わせる事、情報の確認など記者のエネルギーは相当なものだ。しかしこれはどうも陰謀にはめられたように思える。
演技、脚本がとても良かった。後味悪い結末ではありましたが、少なくともこの映画を見る事で真相をより深く知ることができたと思いました。

Momoko
Momokoさん / 2016年12月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

集中して見られるけども。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

飽きることはなかったですが、私にはちょっと難しく(アメリカの政治にも報道現場にも疎い)、
メアリーたちのやった事のどこがよくなかったのかが、はっきりコレとわからなかったのです。

おそらくメアリーたちの何が悪かった、というのではないようにおもいますが。

情報提供者の奥さんが、メアリーたちに言ったことが、
私の実感に近い気はします。
力のない市民の意見は、まさにあれ。
逆を言えば、あの程度とも。

保守とリベラルの差、とか、
自分がどっちで、どっちの考えがどんなのか、
などを全然知らないと、あまり見る意義がないでしょう。

「勇気を」のエピソードがよかったです。
FEAが、なんだったかちゃんと聞き取れなかったけれど。

メアリーは父親から逃げているけれど、
未だに足を引っ張る父親に、
異議を強くはいえないのかなとおもいました。
父を喜ばせないために、殴られている間に
何も言わなかった、というのは、
メアリーの抵抗の証でもあるだろうけれども、
「怖くて何もできなかった」ということでも
あるのかな、と想像しました。

ケイトブランシェットの低い声が大好きですよ。
ロバートレッドフォードは今までちゃんと見たことなかったので、
初めてでした。
この2人以外の役者は知らない人ばかりでした。

だいず
だいずさん / 2016年12月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

それぞれの正義感が、真相を歪めてしまう。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

丁度アメリカ大統領選のキャンペーン中に観た映画で、なんとなく「大統領選が終わってからレビューを書こうかな?」なんて思っていたけど、大統領選が終わったら尚更どう描くべきか悩んでしまった。シンプルに、映画の感想だけ書こう。

ニュース番組の敏腕女性プロデューサーが、ブッシュ元大統領の軍事経歴詐称を暴こうとした報道の有様が描かれたこの映画。主人公のメアリー・メープルは、ブッシュ大統領の軍事経歴詐称を暴こうとするあまり、重大かつ致命的なミスを犯してしまう。わずかな不注意か勇み足だったかもしれないそれは、ジャーナリズムにとっては致命的な「証拠の捏造」。物語はその致命的なミスが引き起こす顛末が克明に描き出される。この映画では、実際のところ何が正しかったかという点は曖昧にしている。それはジャーナリズム的には「逃げ」のように思うが、映画として観る分としては、不十分な裏付けのまま報道してしまったことに対する責任と、メアリーの体内に流れるジャーナリストとしてのプライドが常に対峙し、衝突し合うようなシーンの連続にサスペンスが生じて悪くはなかったかなと思う。

日本でも、この映画に近しいことがよく起こる。何か大きな事件やスキャンダルが報じられた後、それを騒ぎ立てる喧騒の中、いつしか論点が別のものにすり替わり、その本質を逃してしまうことが。彼女らの報道は確かに不十分なものであったことは間違いなく、責任は追及されてしかるべきなのだが、それを指摘する有識者やブロガーたちの声によって、議論は完全に彼女たちを裁くことに注視してしまい、本来議論されるべきブッシュの軍事経歴詐称問題は脇に追いやられ、ブッシュの経歴よりもタイプライターの書式がより精査されるという捻じれを見せる。メアリーが証拠不十分な報道をしたこととその尻拭いの手段は、報道の送り手としての間違った正義感としか言いようがないが、一方で報道の論点をずらして本質を闇に葬ってしまったのは、報道の受け手側(「世論」という何よりも巨大な組織)の間違った正義感だったとも言えるわけで、終盤に弁護士団の前でメアリーが発したセリフは強く印象に残った(それが正と取るか否と取るかは別として)。

この映画の場合、何しろケイト・ブランシェットが素晴らしいので、ついつい彼女に気持ちが入ってしまう。あらゆる役柄を演じられる大女優だが、知的で凛としたイメージのある女優なので、こういった社会派のドラマで芯の強い女性像を演じさせた時の凄味や迫力が違う。同時に、その裏面に隠された脆さにシフトした瞬間の絶妙の表情まで引き出せる。ファンとしては、彼女の演技だけでもう満足感たっぷりだ。もう惚れ惚れする。この映画は、きっとアメリカ本国の人が見ると、それぞれの政治的な思想やら何やらが混じってしまって、立場によって見え方が大きく変わってきそうだ。もしかしたら、アメリカ以外の国の人が見た方が、より客観的に冷静に観られるかもしれない。僕はこの映画、ジャーナリズムのあり方を描くひとつの作品として十分に楽しめたし、ジャーナリズムの受け手の一人として、ひとつ教訓として記憶しておきたい映画だった。

天秤座ルネッサンス
天秤座ルネッサンスさん / 2016年12月9日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いつも思うが、この様な政治がらみの実話映画を何故日本で出来ないのか?

いつも思うが、この様な政治がらみの実話映画を何故日本で出来ないのか?

クロ
クロさん / 2016年11月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

期待してたけど

ちょっと残念な感じの映画でした。
俳優さん達は熱演、でもアメリカのテレビ界そのものがゲンナリな世界だからこういう感想になるんですかね。

ちこどん
ちこどんさん / 2016年10月9日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

寝てしまいました

ケイトは最近の出演作の中で一番合ってる役。役者は皆いい感じですが、演出、ストーリーが平坦で珍しく眠りに落ちてしまいました。何度もストーリーを追おうとしたのですが、全く話が進んで無いように感じ睡魔に負けました。が、やはり話は展開せずラストを迎えました。途中から見なくても話は理解できる残念な作品でした。

マクラビン
マクラビンさん / 2016年9月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

42件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi