ちょきのレビュー・感想・評価

メニュー

ちょき

劇場公開日 2016年12月3日
10件を表示 映画レビューを書く

無償の愛 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

期待と少しの不安と共に席に着きましたが始まりからすぐに引き込まれました。

妻を亡くしたちょきさんの淡々とした日々の暮らし。
一席だけの美容室で、いつも来てくれるお客さんの話に相づちを打ちながら髪を切りシャンプーをする。家から持っていくコーヒーの入った大きな魔法瓶。
穏やかな彼の暮らしぶりの描き方に好感が持てました。

そこに、突然の懐かしい声。
10年ぶりに聞く、少女サキからの電話。
全盲の少女ですが、普通の女子高校生のように等身大に笑い、
友達とふざけたり、照れたりする感じがなんかとっても良かったです。女優・増田璃子さんの静かで強い瞳に惹かれました。

途中でどうしても涙が止まらなくなったシーンが三箇所ありました。好きな人との会話を録音して繰り返しその声を聴くシーン、神社のシーン、そしてラストの美容室シーンです。

心から好きな相手だからこそ、その人にしあわせになってほしいと願う。本当は側にいたいのに、立場や状況、いろいろあってそんなことは言い出せない、、、

だからこそ、ラストが本当に嬉しかった。サキの心と目の痛みを深く知るちょきさんだからこそ出来た勇気ある決断。

目の見えないサキがちょきさんの写真を撮りたがるところも、
恋をした女の子らしくてすごく良かった。
好きな人の笑っている写真、撮りたいですよね、たとえ自分の目では見られないとしても。
自分の写真なんていらない、
というサキの気持ちもよく分かるからせつなかった。

それを大切にとっておいたチョキさん。

素敵な男性だな。と思いました。穏やかだけど、じんわり包み込む強い愛情。

きっと物語のあともふたりは、歳の差や状況なんて超えて
おだやかに和歌山であの美容室を共に営んでいくのだろうと
思えました。

泣きはらした目を人に見られたくなくて、足早にシアターを後にしたのに道すがらばったり人に会いました笑。
どうしてるかなと思い浮かべた数秒後、その人が目の前にひょっこり現れたのであまりのタイミングに言葉が出ず、にっこり挨拶だけしてすれ違いました。

映画「ちょき」心に残っています。好きな世界観。

これからも楽しみにしています。

suntammy
suntammyさん / 2017年9月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

超スロー展開

あまりにも展開が遅いのですが、それでも観ていられるのは雰囲気の良さでしょう。
ゴリゴリのオシャレではない、なんだか住んでみたくなる街並みが良かったです。

が、納得いかない行動が2つほどあったので減点0.5です。

ジンクス
ジンクスさん / 2017年4月19日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

自然に笑顔になる映画

あーこの雰囲気が好きって序盤で引き込まれました。

現実的な視点で厳しく見るとちょっと考える点はあるけど、総じてハッピーな展開がよかった。

主人公?の女性の演技が素晴らしかった

みゃん
みゃんさん / 2017年4月15日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

期待していただけに、ラストにもうひとひねり欲しかった。

期待していただけに、ラストにもうひとひねり欲しかった。

かりめろ
かりめろさん / 2017年3月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

和歌山の言葉も優しいですよね

サキが全盲になった理由、そうなる以前の今日子先生との思い出に説得力があって引き込まれます。
ちょきさんの魅力ってなんだろうなー。裏表はない人だと思う!

らっこおやじ
らっこおやじさん / 2017年2月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

観終わって数日たちました。

この作品を観終わって何日かたちました。
その間に他の作品二本観ました。

ですがこの「ちょき」の色々なシーンがいまでも頭に浮かんできます。
とてもいい映画だったということでしょう

にゃんぱらり
にゃんぱらりさん / 2017年1月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

男のロマン!

「君を幸せにする!」まさに男のロマンですね。
淡々と描かれていますが、じっくりと味わえるよい映画でした。
大ヒットにはならないかもしれないけれど、多くのみなさんに観て
もらいたい秀作です。

エド・ノーキー
エド・ノーキーさん / 2017年1月26日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

心に残る小さなタカラモノ。

ポスターいいなぁ〜と思ったら、やはり
川島小鳥さん、何とも言えない映画の雰囲気が
この一枚に表れています。凄いです。
役者陣もいい味わいです。特に吉沢悠さん、
紳士です。ナチュラルにかっこいいです。
身近にいそうなイケメンで、心が暖かくなりました。
増田璃子さん、友人役の女の子も良かったです。
何より和歌山弁のナチュラルさ、今の和歌山の
感じがすごく出てました。
吉沢さんも増田さんも和歌山出身でないのに
驚きです。
脚本には納得いかないところもありましたが、
それを補うだけの良さがあります。
監督の次回作に期待してます。正確には3.8かな。
和歌山市の風景は、本当に和歌山感が出てて
地元民としては、よう撮ってくれてるわ〜
ええやん!って感じでした。
ただ、和歌山城とか梅とか蜜柑とか
もっと映してほしかったな〜と思いましたが、
小粒な良品です。感謝してます!
あ、あと書き忘れかけましたが、
おおはた雄一さんの歌、最高です。
レコード買いました。(^^)

Oz
Ozさん / 2016年12月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

本当に気持ちのいい映画

なんとなくポスターに惹かれて観たけど、最高でした。
淡々としているけど、台詞のひとつひとつが素敵で、映画の世界に引き込まれました。
悲しい映画じゃないのに、後半は涙が止まらなかったほど。
観終わったあとも、ずっと心に残っています。
なんだか、やっぱり映画っていいな、としみじみ思える作品でした。好きだな、この作品。

toumorokoshiya
toumorokoshiyaさん / 2016年11月28日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

ささやかな幸せを感じました

ロケ地になった和歌山での先行封切で鑑賞
書道教室をしていた妻を病気で亡くした美容院を自営している40男と、小学校の時その書道教室に通っていた盲学校の寄宿舎で暮らす18歳の少女のお話  とある事故で失明をした少女が慕っていた書道の先生に電話をするところから物語は始まります  妻は既に亡くなったことを美容院の男は伝えますが、妻の大切な教え子であった10年前を懐かしみ、少女は弱視の友人と共に男と「再会」します  少女の身の上を知ることで、亡き妻への思いを強くする男ですが、卒業すれば寄宿舎を出るしかない障害を持った少女に対して、男は何ができるのか悩みます
例え妻の教え子であっても、40男と高校生が一緒にいる姿に対して周囲はあれこれと詮索します  しかし「自分が決断しなければ」という思いが、ラストちょっと泣くけど幸せにしてくれます
12月以降全国公開で、東京はレイトショーのようですが、おとなも学生さんにも観て欲しいな  そして18歳くらいの子どもたちが障害があろうがなかろうが将来に悩む姿を感じました

chikuhou
chikuhouさん / 2016年11月28日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

10件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi