マギーズ・プラン 幸せのあとしまつのレビュー・感想・評価

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ

劇場公開日 2017年1月21日
29件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

まあまあ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ニューヨークの大学で働くマギーは、妻子持ちの文化人類学者ジョンと恋に落ちる。仕事ひとすじで家庭を顧みない妻ジョーゼットに愛想を尽かしたジョンは離婚を決意し、マギーと再婚。数年後、ジョンとマギーは子どもにも恵まれ幸せな毎日を送っているかに見えたが、小説家になるため仕事を辞めたジョンとの生活にマギーは不安を感じていた。そんな中、多忙なジョーゼットの子どもたちの世話をするうちに、ジョーゼットとも親しくなったマギーは、ジョンはジョーゼットと一緒にいた方が幸せになれると気づき、夫を前妻に返すという突拍子もない計画を思いつく。二人のよりを戻すため学会で偶然を装って会わせ、うまくいきそうになるが、ジョンはそれに気が付いて腹を立て出て行ってしまう。ジョーゼットとマギーはそれぞれの子供を育てることになる。結局、ジョンは二人と別れて暮らし、マギーもジョーゼットも自分の子供を育てながらジョンとも適度な距離のある平和な生活を得ることができた。

Takashi
Takashiさん / 2017年8月10日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よく丸く収まったもんだ。

よく丸く収まったもんだ。

あふ
あふさん / 2017年6月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

さっくり

だいぶさっくり楽しめた
なんか現代っぽくなかった
2000年代みたいな
それが良かったけど

ホリディとか思い出した

でも独身女性が子供産もうと思うって
マジですごいわ
それは現代的だよねだいぶ
なんかアリだなあと思ったり

JYARI
JYARIさん / 2017年6月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あれ?イーサン・ホーク出てた

ほとんど予備知識なしに名画座で鑑賞しました。イーサン・ホークかなりハマってました。

いちとら
いちとらさん / 2017年6月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

近々未来SFディストピア映画としてならば、よし!

かなり前に観ました。

『マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ (2015)』

原題 MAGGIE'S PLAN

(あらすじ)
恋愛はできないけど子供は欲しいマギー(グレタ・ガーウィグ)は、友人のガイ(トラヴィス・フィメル)に精子提供を依頼する。
しかし、ベストタイミングで同僚のジョン(イーサン・ホーク)とも意気投合。良い感じに。

①ジョン:芸術家肌のダメ男。
②ガイ:理数系頭脳を持ったピクルスで成功している一見するとやべえ男(けど良く見るとイケメン)。

ある夜、ガイの精子で受精作業をしている最中に、ジョンがアパートに現れる。
自分の足元に跪く弱々しいジョンと、勢いでHするマギー。
そんなジョンには、怖ろしく、美しい妻ジョーゼット(ジュリアン・ムーア)と、2人の子供が……。
数年後、ジョンと結婚して娘と3人で暮らすマギー。
でも、家政婦状態の結婚生活に、満たされない。
そんなマギーは、ある計画をジョンの元妻であるジョーゼットに持ちかける。

マギーは男性とのお付き合いが半年以上続いたことがないんですが、恋愛はできなくても赤ちゃん欲しい!って。
一芸ある男子の精子を手に入れて、セルフ人工授精!って……。
ある意味「ドント・ブリーズ」ですね。
あれ?違うか(笑)
いたるとこで本作は、"ラブコメ"って書かれてるんですけど。
いやー、なんという近々未来SFか!
いや男子が震え上がる、近々未来ディストピア映画か!と、思いました。
だって、一芸ない男子の精子は、要らないって話ですよ。
一芸ない男子は、結婚とか、自分の子孫を遺すことができない世の中になる(笑)
女子が男子を今まで以上に、スペックオンリーで選ぶようになる!!

まだまだ日本はシングルマザーに優しくない国ですから、そういう選択をする女性は少ないかも知れませんが。
1人で子供を育てる環境がちゃんと整った時に、わざわざ疲れる恋愛して(恋愛ってYES・NOチャートの選択を間違えただけでとんでもない方向に行く可能性あり。コストパフォーマンスが悪い)、結婚して、子供作って、子供と子供みたいな旦那の世話を、精神的にも金銭的にも自立した女性が選ぶかなー?
マギーみたいな選択をする女性が、増えないかな?
ま、私も、恋愛は性能が上がったVRでいいかなーと思ってますし(笑)

しかも、本作のマギーの、カッコウ的な思考回路は……。
あ、もうネタバレになる!
すみません。これ以上言いません!

男の弱いとこ、女の弱いとこ、アホなとこ、怖いとこ、ずるいとこ、あんまり良くない部分をフューチャーして描いてるけど、嫌な感じはしないです。
寧ろ愛らしいと思えてしまうのは、主演のグレタさんはじめ、俳優さん達の力が大きいかも。脇のビル・ヘイダー!良いです。今回も良いです!
あと、お洒落感のせいですかね。

本作は松竹の「女子向け映画を紹介する課」みたいなところが、強力プッシュしてたんですけど、そんなガールズ・ムービーじゃないと思う。
女子が観て、元気がでる映画!っていうプロモーションだったんですが、これで元気がでる女子って……?
こえーよ。こえーよ。
男子ガクブル映画でっす(言い切りましたすみません)!

イーサン・ホークは美少年時代より、最近のダメ中年役になってからの方が好き。
こういう芸術家肌のダメ男に、私は弱いです。
と、分かっているので、なるべく近寄らないようにしています。

さとちゃ
さとちゃさん / 2017年4月3日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

40本目‼︎ また近くのミニシアターが潰れた(泣) 遠いシネコンに...

40本目‼︎

また近くのミニシアターが潰れた(泣)
遠いシネコンには中々行けないし
今年は200本越え出来ないかもだな...

結局
マギーの
思い通りに
なっちゃった⁉︎

とにかく欲しかった
子供が生まれて
めでたしなんじゃない(笑)

snowball
snowballさん / 2017年3月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

とっ散らかったものを繋げて見えた運命で賞

期待せず観たが、よかった!
不倫とその後という
重そうなストーリーだが、
軽快な雰囲気とテンポで
見やすかった。

元夫婦のふたりの馴れ初め等が
描かれていなかったから、
感情移入がちょっと、うーん。
でも、結果を見たら、
それはなくてもいいのかな〜と納得。

元気が出る映画。
事実と、結婚と、
何より人生と向き合うことを
教えてくれる映画だった。
終わり方もまとまっててよかった。

だめんずのイーサンホークは適役。
情けない役も似合ってるね(笑)

おすし
おすしさん / 2017年2月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

鷹匠

所為意識高い系オシャレムービーだけど、なかなかこんぷりけいてっどで楽しかった。
特にジュリアン・ムーアとグレタ・ガーウィグの二人のシーンは程よく緊張感があり程よく微笑ましくて良かった。
あとやはり、イーサン・ホークのヘタレ男っぷりはセクシー過ぎる。
ラスト、事態の複雑さ更に増幅させる示唆もなかなかよい。
29

ヨッシー
ヨッシーさん / 2017年2月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ウッディ・アレン風味のウェルメイド・コメディの佳作。まずまず面白い。

グレタ・ガーウィグのキャラは「フランシス・ハ」とかぶる、憎めないお人好しっぷりだが、NY in インテリ層の恋の空騒ぎとくれば、これはもうウッディ・アレンの世界。

イーサン・ホークもジュリアン・ムーアも嬉々として楽しそうに演じているが、ホークのモテるダメ男っぷりは絶品。
『いまを生きる』の内気な美少年も、いい感じの劣化ぶりでいい役者になった。
『6才のボクが大人になるまで。』でオスカー受賞させたかった。

さて、マギーはのっけからその行ないが意表をつくが、クセのあるキャラながら、嫌みや痛さを感じさせずに惹きつけられるのは、ガーウィグの庶民的な美人個性によるものだろう。
マギーのプランは何とも理解し難いが、思わせぶりなラストに、マギーの行く末に幸あれと応援したくなる。

それにしても、リリーの可愛らしさったら何でしょか?

たまにはこういうウェル・メイドなライト・コメディに浸るのも心に良薬となってよし。

BB-8
BB-8さん / 2017年2月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

計画的、まさにプラン

行き当たりばったりに見せかけているが、相当意図的に練られたマギーのプランだった、と解釈した。もう一度観て検証したい。

khoza
khozaさん / 2017年2月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

フライヤーがMAX ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

フライヤーやWebサイトがとっても好きだったので楽しみにしていたのですが、このデザインから想像する内容とは違った。

フライヤーのこのシーンは本当一瞬で、この映画を表しているシーンでもなかったので何故この写真を使ったのかちょっと不思議。
二人の関係も出てるようで出てない巻。
本国のフライヤーやら見たら、全然違ったので、配給会社のデザイナー凄いなと感じる。
フォントとかイラストの感じとか素敵。

二人の愛を育んだ時間は短く、不倫の後に旦那への愛は冷める。
「私たちは不倫のままがよかったのよ」というセリフが印象的。
全員が全員そうじゃないだろうけど、こう思ってる人は結構多い印象。

ただ前半のイーサンホークが愛おし過ぎて、あんな求愛されたらそりゃファーーーてなる。
途中から結末は見えたけど、ハッピーエンドだったので良かった。

まえじー
まえじーさん / 2017年2月10日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

この手のラブコメにしてはイマイチ

この手のラブコメは好きな方なのだが、現実味も薄く、かと言って現実の生活を忘れさせてくれるほどの夢もない。
掘り出し物かと思って観たがイマイチだった。

ボケ山田ひろし
ボケ山田ひろしさん / 2017年2月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

テーマは子供。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

G・ガーウィグの肩幅はすごい。初めて観た時からガタイのいい
姉ちゃんだと思っていたが、まるでハンガーみたく掛けられそう。
さすがドイツ系!という感じだが、一色変わった個性が活きてる
彼女は私生活もこのマギーとよく似ている風なので(^^;さすがだ。
奇妙な三角関係だが、それぞれ皆さん頭のいい人なのでそこそこ
の選択ができそうなものだが夫婦となるとどうもうまくいかない。
特に夫役のイーサンに関しては、アンタ本当にバカなの!?って
言ってやりたくなるくらい子供っぽい。甘えてはすぐブチ切れる。
グレタ演じるマギーは続かない男関係を脱し精子提供だけを受け
出産しようと試みるが、そんな折、イーサン演じるジョンと一夜
を共にしてしまう。…で数年後には子供がいて、二人は結婚して
いるのだが、前妻ジョーゼットを演じるジュリアンの仕事ぶりと
ダメダメな家事ぶりを見かねて子供の面倒もマギーが見ている…
略奪愛の後始末。という感じなので自業自得ともいえるわけだが、
小説家として全く目の出ないジョンにだんだん嫌気がさしてくる。
あ~こりゃ前妻に返したほうがいいわ、向こうも好きみたいだし
ってアンタ(^^;おせっかいというより自己中もいいとこなのだが、
またこの計画にバカ夫が騙されるのだ。なんというのかこの流れ
あまり観ていて気持ちのいい展開とはいえない。洒落たコメディ
に描いているのだが、子供の立場でこの勝手さ許せます?って話。
しかし、タイトルに偽りはない。最後の〆に恐ろしい事実をこの
物語は提示してくるのだ。え~つまりこれって、最初から観客も
騙されてたってこと?まさか本人気付いてたよね?怖いぞマギー。

(しかしグレタが演じると嫌味じゃないのがいい。普通の女だと✖)

ハチコ
ハチコさん / 2017年2月5日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 怖い 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

お節介?いやいや。無自覚な自己中でしょ。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

そこはかとなくもやもやが残る作品。
ニューヨーク、グリニッジビレッジの風景は素敵、
マギーの服装、リリーとマギーの幸せ母子シーンも素敵。
役者は楽しそうに生き生きと演じているし、演技合戦も楽しい。
でも本筋は、肩透かしというか、論点がずれてる感じがして、いらいらしました。

あらすじはこんな感じです。

マギーは子供が欲しいが、男とは続かないので、友人から
精子提供を受ける予定。

そんな折にジョンと出会って意気投合
ジョンは格上妻の尻に敷かれる日々を呪い、
小説を書きたがっている未成熟中年。

友人ガイの精子をスポイドで自ら注入していたら、
ジョンがやってきて好きだと告白、マギーも告白してベッドへダイブ。

ジョンの娘を産み、ジョンは離婚してマギーと再婚。
でも小説は完成も出版もせず、家事育児しないジョンと、
ジョンの子供たちの面倒も見て、てんてこ舞いのマギー。

鬼嫁だと思っていたジョーゼットが知的で素敵な女性と知り、
うまくいかない結婚を精算するためなのに、
愛し合う2人をモトサヤにしようと、マギーはジョーゼットに
ジョンとよりを戻さないかと持ちかける

ジョンは2人の策にまんまとはまって、ジョーゼットとヤる(バカすぎ)。

女2人に手のひらころころされているとは知らず、
悲劇のヒロインよろしく嘆くジョンは
ジョーゼットとよりを戻そうとするが、
成り行きで訪問したマギーの友人宅でジョン返還計画を知ってしまい、
怒りくるって姿をくらます。

マギーはお節介を反省。
ジョーゼットとはより仲良く。
ジョンは結局ジョーゼットとよりを戻し、
マギーは娘リリーとジョン&ジョーゼット一家と仲良しに(意味わからん)。
その上、リリーはなんだか数字が好きみたい。
あれあれ、精子提供してくれたガイは数学専攻よね?
皆がいるスケート場にガイもやってきた?
あっれー、実はリリーはジョンではなくガイの子?
それ何のフラグ?うそ、そのままおしまい?!

とまあ、こういう話です。

私のいらいらポイントは、
マギーがジョンにさめたのはわかるが、
その解決作を「ジョンとジョーゼットのため」として実行したことでしょうね。
なんで、小説を書くため大学を辞めたのに、
何年(恐らく2-3年?)たっても芽が出ず、
無職なのに家事も育児も手抜き(前はやってたのに)なジョンに幻滅したから
もういらん、別れたいって、はっきりゆわへんねん!!!!
本当は2人は愛し合ってるからとか、人のせいにして、
自分は「おせっかいだから」って。
おせっかいじゃなくて、自分勝手に無自覚なだけだろーよ。
無自覚な自己中がいっちばん嫌い、なので、そこにいらいらいらいらしました。
悪い子ではないし、精子提供を受ける辺りまでは、
自分に似てるなー、理解できるわーと思ってたから余計に。なにこれって。
コントロールしたがりがよくないんじゃない、
自己中をやめろともいわん。人は自己中なものだから。
ただ自己中を自覚しろ。自己中を人のためのお節介に粉飾するな。
そのように思いました。

ジョンは一緒にいる分にはかわいいと思えるだろうから、
セックスはするかもしれんけど、パートナーにするには未熟すぎる。
どこにでもいるただの男です。つまみ食い程度がいいでしょうよ。

また、結局リリーの製作担当者をガイか?と匂わせるのも意味わからんと思いました。
論点がずれるじゃんよ。ずっこけ話にするつもりか!
蛇足だ蛇足。品がないぜ、とかも思いました。
議論の余地があるいい題材を、もっと掘り下げろよ。せっかく高学歴の登場人物を揃えているのにさ!学者の意味ないやん。

ジョーゼットは、ジュリアンムーアが好きなので、面白いキャラを
楽しそうにやってはるわ、とは思いました。
でも、なんぼコロンビア大の終身雇用教員だからってさ、
食洗機の洗剤の適量もわからんのかい、と思いました。
書いてあるやろ洗剤の容れ物に!

あと、なんでジョーゼットの子供たちはデニッシュアメリカンスクールに
通ってたんでしょうね。ジョーゼットかジョンがデンマーク系なのかな?
辛辣な娘はよかったです。

現代的で議論のしがいのあるテーマを、
うわべだけかすってずっこけ話にしてしまっていて、こっちがずっこける出来です。
やれやれ。

だいず
だいずさん / 2017年2月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

人に優しく、誠実に、そしてありのままの自分で

月日を重ねるうちに変化していく夫婦のバランス、力関係。その変化していく関係性に対応できないと夫婦関係、家庭は悪い方向に向かっていく。今回の登場人物は、みんな誠実に向き合って一緒になった人たちだから、きちんとおさまりはついた感じ。変にジタバタせず、素直に過ごすことが大事なのかな。

つなやん
つなやんさん / 2017年1月29日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

予告編はとても良いできだったが、本編は、子供が生まれたところまでは...

予告編はとても良いできだったが、本編は、子供が生まれたところまでは良いできだったが…
期待ほどではなかった、残念
コミカルなところもあったが、脚本がイマイチだった

アップル
アップルさん / 2017年1月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

女性版ウディ・アレンの登場かもね

ニューヨークの大学で働く30歳前後の女性マギー(グレタ・ガーウィグ)。
恋愛下手で、男と長続きしない。
けれど、子どもは欲しいもんだから、昔馴染みの男性の精子をいただいて人工授精で子どもを得ようと考えていた。
そんな矢先、文化人類学者のジョン(イーサン・ホーク)と出会い、心奪われてしまう。
が、彼には、(彼曰く)仕事人間の大学教授の悪妻ジョーゼット(ジュリアン・ムーア)がいたもんだから・・・

というところから始まる話で、その後、娘を得たマギーが略奪婚のような形でジョンも得るのだが、ジョンの身勝手さに嫌気が差して、彼をジョーゼットに返してしまえれば・・・というのがタイトルの「マギーの計画」。
まぁ、プランというよりはプロット(悪だくみ)なレベルなんだけれども。

あらすじだけ書き出してみると、艶笑コメディみたいなかんじなんだけれど、そういう類で笑わすのは当節非常に難しい。
なので、この映画も、その一歩手前。
悩みに悩む三者三様に共感してもらおうというようなアプローチ。

そこいらあたりは、なかなかうまくできている。

序盤から、「あぁ、こうあれかし」なんて願ってひとりでしゃべっているマギーの様子は、さしずめ女ウディ・アレン。
考えて選んだ結論が、あまり上手くいかないあたりもウディ・アレンに似ているかも。
それに、舞台もニューヨーク。

結構、悪くない。

だけれど、男の身としてみると、ジョンが「なんだかなぁ」。
傍から見ると、あまりにも無責任。
こんな子どもみたいな大人の男に、そうそうみんな惚れちゃうのかしらん、なんて思っちゃう。

ま、マギーもジョーゼットも「考える女」。
とすれば、こんな、考えなしの男に惚れちゃうのかもね。

マギーの子どもが誰の子か、そして、マギーが心許せる本当の相手が誰なのか、をオチとしてうまくまとめていて、なかなかの佳作の部類。

りゃんひさ
りゃんひささん / 2017年1月27日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

感情的にならない都会のインテリたちの三角関係 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

知的で都会的な人々のためのコメディと言えばウディ・アレンを思い出す。次世代のウディ・アレンという呼び声もあるノア・バウムバックのミューズであるグレタ・ガーウィグは、まるで第2のダイアン・キートンといったところか。その存在が知的で都会的なコメディが良く似合うし、作中ジュリアン・ムーアが言うように「凄く純粋で、ちょっとバカ」なところがユニークな個性に繋がっている。

この映画自体も、ちょっぴりアレン風味。やっぱり都会のインテリ系コメディはアレンの影響を受けずには作れないのかな?というもどかしさも少々。

登場人物全員がそれぞれちょっとずつズレていて、その噛み合わなさを楽しむという分には十分楽しめるコメディ。ただタイトルを「Maggie's Plan」とまでしたそのプラン自体が実にお粗末なもので、全然物語を盛り上げない。義娘から「計画性がない」と呆れられてしまうほどの他愛もないプランは、プランというよりただの思い付きでしかなく、物語を牽引したり象徴したりできるほどの吸引力を持たないのは聊か問題。当然の如くあっさり失敗して、あっさり終わってしまう程度しか描かれないのは不服か。

物語が終わって、「丸く収まった」というより「余計なことをした」だけのように見えてしまったのは、映画として正しかったのか?ともやもやする感じ。

この映画にはアレンもいないしバウムバックもいない。レベッカ・ミラーならではの魅力が、この作品からは感じられなかった。

天秤座ルネッサンス
天秤座ルネッサンスさん / 2017年1月25日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

可愛いアラフォー主人公

感情移入はし難いが、大人の恋愛物語。
個性的な考え方を持つ登場人物が多数登場。
ああ、こんな考え方もあるのかという感じだった。

結構ドロドロした話だが、
それ程暗くはならず。
主人公の笑顔が眩しかったからだろうか。

toosumi
toosumiさん / 2017年1月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  難しい 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

悩んで

また前を向く姿が素敵です。

movieholic
movieholicさん / 2017年1月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

29件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi