マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ : 映画評論・批評

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ

劇場公開日 2017年1月21日
2017年1月10日更新 2017年1月21日より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにてロードショー

インディ作品なのに、「スター映画」。今のニューヨークっぽい風俗も満載

70年代のダイアン・キートンや90年代のメグ・ライアンのように、その時代のニューヨークを体現するのにぴったりな女優というのがいる。2010年代、ニューヨークのヒロインという冠にふさわしい女優がいるとしたら、それは間違いなくグレタ・ガーウィグだろう。ハリウッド・メイドの女優とは一味違う肉体的な存在感と、天真爛漫でちょっと浮世離れした個性が、リーマン・ショック以降、新たな方向性を求めているこの街に合う。

29歳からの恋とセックス」ではロワー・イースト・サイド、「フランシス・ハ」ではブルックリン、「ミストレス・アメリカ」ではミッドタウンのランドマークから登場と縄張りを広げるかのようにニューヨークの各地域で主演映画を撮ってきたグレタが今回、やってきた舞台はグリニッチ・ビレッジ。彼女が演じるマギーは大学でアート・ビジネスを教えているという設定だ。

画像1

定職がある役なんて彼女には珍しいと思っていたが、ヒロインのマギーの性格はいかにもグレタ・ガーウィグらしいもの。マギーは半年と恋愛が続かないので、大学時代の友人から精子を提供してもらって一人で出産しようと思っている。ところがそんな折、彼女の人生にジョンという男が現れる。彼はポストモダン文化人類学の気鋭の学者だが、同じく学者であり、コロンビア大学で学部長をオファーされているジョーゼットという妻がいる。自分よりも格上のパートナーの存在に抑圧を感じる彼は小説を書いて、新しい道を探っている。その小説をマギーが読んであげたことから二人は急接近し、結ばれることとなるのだが……。それから三年後、色々あってマギーはジョンをジョーゼットのもとに帰そうとする。

一人の男を巡る、現・妻と元・妻の共謀。何だかドロドロしそうな話だが、グレタ・ガーウィグの個性もあって、可愛らしいオペレッタのような話になっている。中規模の予算で作られたインディ作品なのに、間違いなくグレタありきの「スター映画」。その不思議なバランスが面白い。グリーン・マーケットやオーガニック食品、倉庫を改造したマギーとジョンの部屋など、今のニューヨークっぽい風俗も満載だ。

山崎まどか

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ[DVD] ローマでアモーレ[DVD] ローマでアモーレ Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] ローマでアモーレ ブルーレイ[Blu-ray/ブルーレイ]
マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ[DVD] ローマでアモーレ[DVD] ローマでアモーレ Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] ローマでアモーレ ブルーレイ[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2017年8月2日 最安価格: ¥3,051 発売日:2014年10月24日 最安価格: ¥1,080 発売日:2014年10月24日 最安価格: ¥1,391 発売日:2013年11月22日 最安価格: ¥2,538
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全29件)
  • まあまあ ネタバレ! ...続きを読む

    Takashi Takashiさん  2017年8月10日 07:29  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • よく丸く収まったもんだ。 よく丸く収まったもんだ。 ...続きを読む

    あふ あふさん  2017年6月17日 18:15  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • さっくり だいぶさっくり楽しめた なんか現代っぽくなかった 2000年代みたいな それが良かったけど ホリディとか思い出した でも独身女性が子供産もうと思うって マジですごいわ それは現代的だよねだい... ...続きを読む

    JYARI JYARIさん  2017年6月14日 22:25  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレス 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLE エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォール ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi