「空気は読むのではなく作る方がいい」一週間フレンズ。 くりさんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

一週間フレンズ。

劇場公開日 2017年2月18日
全95件中、8件目を表示
  •  
映画レビューを書く

空気は読むのではなく作る方がいい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ときめく心は止められない。

運命を感じる出会いが2回以上つづけば
誰でもはまる。
電車扉の隙間を抜ける本のエピソードは
ありそうで初めてでした。そりゃ
恋に落ちますよ。

近くに自分を思ってくれてる紗希が
いても関係無し。まぁ数年後に気付くかな。そういうの無視したらダメだって
こと。

そんなふんわりストーリーを心地よく
鑑賞してたら、昔の彼とよりを戻す流れに。。。

あーどんなに尽くしても、そうなるか。

男女どっちのパターンでも、ダメな奴とか変な魅力とか美形に引かれて、それまでの関係をぶち壊してくっつく話は、現実すぎて腹一杯です。切ないというか、ムカついてムカついて。春奈あんたもかー!

長谷が交換日記を燃やしてたくだりでは、帰ろうかなと思いました。

あっそういえば記憶がないのか。
しょうがない。と我慢して鑑賞してたら
場面は卒業式へ。

図書室への呼び出しでは、分厚い本の伏線がこんな形で回収かと、ハラハラしながら、元彼の九条の言葉に、??
自分と別れて長谷の元へ行かせたのか
今だけ行ってあげたらという意味なのか
不明だが、たぶん前者と捉えて、いい奴だったという事にしておく。

最後のシーンでは、再びつながりができて良かったんだろうけど、行き着くところが友達?それでいいのか長谷?

数年後の人間関係を想像させつつ爽やかに奏が流していきました。

この作品は、視聴者の年齢層で感想の
切口が全然違うんだろうな。と。

前半は前向きな純愛ストーリーでまったりですが、後半は、少し心が掻き立てられる作品でした。

相手を思いやるいとしさが、相手の行動を変えていく様が体験できます。

くり
さん / 2017年3月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
あらりん
あらりんさんのコメント
投稿日:2017年3月20日

くり様

この映画、長谷君が…切な過ぎますよねえ(>_<)
九条君の出現で、二人の友達関係が壊れていくのが辛かったです。

あの図書館での、ぱらぱら漫画で泣けてしまいました。
初めの図書カードが、そこへつながるのですね。

そのあたりが、上手くできていました。
時間を作って、原作を読んでみたいです。
人気あるらしいので。

ではまた(^_^)/

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi