「いちフレ☆分厚い本と水玉模様の交換ノート」一週間フレンズ。 あらりんさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「一週間フレンズ。」 > レビュー > あらりんさんのレビュー
メニュー

一週間フレンズ。

劇場公開日 2017年2月18日
全91件中、63件目を表示
  •  
映画レビューを書く

いちフレ☆分厚い本と水玉模様の交換ノート

月曜の昼時だもの…平日はオトナ女子が多い。
それでも、あちこちからすすり泣き…

だっ、だって…切な過ぎるのよ~
悲しくて、胸が締め付けられる~
ドS王子じゃない、モテない賢人くんを初めて見た。その衝撃!

この主人公…長谷くん。
いつも寝癖。しかも漫研。ちょっとダサい系。
勉強できない。いつもにこやか。みんなを笑わせる。
こんな彼が見たかったー。
剛力いじめ、二階堂いじめ…このままドSキャラじゃねえ。
賢人くん、実力を発揮できないでしょ?
それにしても、この路線、結構好きかも~(*^^*)

タイトルの通り、一週間しか友達でいられない。
面白いっていうより、とても残酷な設定だね。

ヒロイン役の藤宮香織…
ワケあって友達との記憶が一週間しか保てない。
毎週月曜日からやり直し。
本人も家族も苦しいよね。

ただただ、悲しい(>_<)
藤宮さんが?
…いえいえ、長谷くんが。
せっかく努力して彼女と友達になろうとしているのに、
月曜日に会うときには記憶がリセットされている。
ああ~もうっ、モヤモヤする。
理不尽さがたまらなーい。
ニコニコしながら、何度でも“友達になろう”なんて…
私だったら言えるのかな。

記憶をなくす系映画は暗い雰囲気になりやすい。
でも本作、暗さは感じない。
みんな美形からかな^m^
それにしても、イケメン祭り!
あの賢人くんが普通に見えるくらいに、周りもイケメン揃い。
桐生くん・九条くんステキ。性格もカッコいい。
女子も美しい。

川口さんはいつもの感じで笑わない役。
好きっていいなよ…のメイとキャラと似ている。
もっと笑ってー!幸せになってー!と、思わず願う。

私のスキな伊藤沙莉ちゃんが図書委員で登場。
ふと場を和ませる。相変わらずいい味出してる。

黒板、図書室、屋上、階段、ランタン祭り…
季節の流れや背景が美しい。
ロケ地は、旧足利西高校かしら?“ちはや”の…
聖蹟桜ヶ丘にある階段は有名らしい。
春になったら行ってみようっと。
原作も買ってしまおうかな。読みたーい。

図書カードから始まる、長谷くんの恋。
…というより友情の物語。
オトナ女子も、泣ける映画だった。

主題歌はスキマスイッチ「奏for 一週間フレンズ。」
いい曲だ。歌詞にまた泣けるー。

まだ2月なのに…青春胸キュン映画が豊作。
ああ~幸せ(o^^o)
映画で青春、ありがとう。

あらりん
さん / 2017年2月20日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
くり
くりさんのコメント
投稿日:2017年3月19日

あらりん こんばんわ。
気になってたので鑑賞して
きました。セツナイ場面が
多いね。焚き火で日記を燃やすシーンはきつかったです。あと、
アプローチのタイミングがいいと思いました。引くときは引き、攻めるときはぐいぐい。恋愛の参考にもなりそうな。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi