ぼくのおじさん 特集: 嫌なこと忘れたい、リラックスしたい、元気が欲しい、そんなあなたのための1本。松田龍平&山下敦弘監督が届ける《この秋一番の“ほっこり”ムービー》

ホーム > 作品情報 > 映画「ぼくのおじさん」 > 特集 > 嫌なこと忘れたい、リラックスしたい、元気が欲しい、そんなあなたのための1本。松田龍平&山下敦弘監督が届ける《この秋一番の“ほっこり”ムービー》
メニュー

ぼくのおじさん

劇場公開日 2016年11月3日
2016年11月2日更新

嫌なこと忘れたい、リラックスしたい、元気が欲しい、そんなあなたのための1本。 
松田龍平&山下敦弘監督が届ける《この秋一番の“ほっこり”ムービー》

小学校4年生とひょうひょうとした“おじさん”が繰り広げる珍道中に肩の力が抜ける! 小学校4年生とひょうひょうとした“おじさん”が繰り広げる珍道中に肩の力が抜ける!

舟を編む」の松田龍平と「もらとりあむタマ子」の山下敦弘監督がおくるホーム・コメディ&ロード・ムービー「ぼくのおじさん」が11月3日より全国公開。芥川賞作家・北杜夫のユーモアたっぷりの世界を映画化した本作は、現代社会のストレスから解放されたい人のための“ほっこり”ムービーだ。


何やってもダメ。だけど屁理屈ばかり。そして、万年床でずっとマンガ。 
でも好きにならずにいられない! 新・癒しキャラ=ぼくの“おじさん”登場

グータラでマイペースで本当に困った人だけど、見ているとどんどん愛らしくなる! グータラでマイペースで本当に困った人だけど、見ているとどんどん愛らしくなる!

過ぎていく時間はすごいスピードなのに、やらなければいけないことは山積みと、現代を生きるというのはなかなか大変。例えば昨今のゆるキャラ人気は、とにかくみんな癒されたい、たまにはストレスから解放されたいという気持ちの表れのひとつかもしれない。そんな状況のなか、この度、日本映画界に新たなる愛すべき癒しキャラが誕生した。その名は“おじさん”。「自分の周りにいる大人」をテーマに作文を書くことになった小学4年生の春山雪男くんが題材に選んだのが、父親の弟で家に居候しているこの人。運動も勉強もからきしダメで、いつもマンガを読んでばかりというちょっと困った人なのに……見ているとほっこりさせられて、ついつい好きになってしまうのだ。

“おじさん”を演じるのは人気実力派・松田龍平。癒しキャラの新境地を開拓 “おじさん”を演じるのは人気実力派・松田龍平。癒しキャラの新境地を開拓

マイペース過ぎる人だけど、引きこもりやニートではなくてちゃんと仕事はしている。とはいえ週1日だけの非常勤の大学講師で、教えているのは哲学。それだけに理屈っぽくて、いつも「ああ言えばこう言う」の屁理屈ばっかり!

迷コンビなのに大の仲良し! 貯めたサービス券で今日はカレーにコロッケ乗せちゃうぞ 迷コンビなのに大の仲良し! 貯めたサービス券で今日はカレーにコロッケ乗せちゃうぞ

大学で学生を相手に講義してるくらいなんだから、きっと頭はいいはず。なのに甥っ子の雪男くんが「勉強を教えて欲しい」と頼んでも、のらりくらりとかわして結局なんにも教えてくれない。要は自分が面倒なだけなのだ。

運動神経ゼロで段取り力も皆無のドジッぷりに、甥っ子の方がゲキを飛ばすありさま 運動神経ゼロで段取り力も皆無のドジッぷりに、甥っ子の方がゲキを飛ばすありさま

とりあえず毎日時間はあるので、雪男くんが友達とスポーツをして遊ぶときには、人数合わせに連れて行かれる。やる気はあるのに運動神経はゼロ。サッカーのキーパーをしてもザル状態だ。準備運動する仕草もなんだかすごく変!

万年床でいつもゴロゴロ。難しい本も山積みなのに、愛読するのは少年マンガ誌 万年床でいつもゴロゴロ。難しい本も山積みなのに、愛読するのは少年マンガ誌

「哲学を教えるのは非常に頭を使うことなんだ」とリラックスを言い訳に、とにかくマンガを読むことが大好き。雪男くんに週刊のマンガ雑誌を買いに行かせては、引きっぱなしの布団の上に寝っ転がっていつもニヤニヤ読みふけっている。

寝ぐせそのままの髪の毛に、何とも言えない雰囲気をかもす丸めがね姿! 寝ぐせそのままの髪の毛に、何とも言えない雰囲気をかもす丸めがね姿!

つまらないイタズラを仕掛けては、雪男くんの母親にまで怒られてしまうドジな人。背も高いしスリムだし、ちゃんとした身なりにすればカッコイイのに、おしゃれにはまるっきり無頓着。ほんと、寝ぐせの髪の毛くらい直せばいいのに。


こんなにリラックスできる映画は久しぶり。 
「ぼくのおじさん」が提供する6つの“ほっこり”

お見合いで一目ぼれした美女(真木よう子)を追いかけ、ハワイへとやって来たが…… お見合いで一目ぼれした美女(真木よう子)を追いかけ、ハワイへとやって来たが……

大人なのに子どもみたい(いや、甥っ子の雪男くんの方が断然しっかりしている)な“おじさん”が、お見合いで一目ぼれした日系4世の美女を追いかけ、雪男くんとともにハワイまで飛んで行ってしまう珍道中を描くのが本作。スリリングな事件もダイナミックなアクションも描かれないのに、ついつい物語に引き込まれ、愛すべきおじさんのムードとペースに巻き込まれてしまうのは、本作が高い作品力を持っているからに他ならない。描かれるテーマやスタッフ、キャストなど、注目するべき6つの“ほっこり”を紹介しよう。

同じ目線で触れ合える“おじさん”との冒険を通して、少年が成長するさまが伝わる 同じ目線で触れ合える“おじさん”との冒険を通して、少年が成長するさまが伝わる

しっかり者の雪男くんと、彼が「ほっとけない」と面倒を見るマイペース過ぎる“おじさん”のコンビぶりに注目だが、「大人と子どもの組み合わせ」はヒューマン・ドラマの原点のひとつ。本作と同じ響きを持つタイトルの「ぼくの伯父さん」を筆頭に、「ニュー・シネマ・パラダイス」「アバウト・ア・ボーイ」「カールじいさんの空飛ぶ家」と数えればきりがない。世代を超えた組み合わせの面白さと、互いが影響し合って成長するさまに引き込まれるのだ。

アクションやサスペンス作を“シリアス”とするなら、本作の松田は“癒し”バージョン アクションやサスペンス作を“シリアス”とするなら、本作の松田は“癒し”バージョン

世間のスピードや面倒なあらゆることから距離を置いた、ひょうひょうとした“おじさん”のキャラクターが見事だ。「探偵はBARにいる」シリーズや「まほろ駅前」シリーズでも浮世離れしたたたずまいで映画好きを魅了してきた松田だが、「舟を編む」「あまちゃん」では丸メガネを掛けて、見る者をくすりとさせるようなコミカルな味わいもかもし出した。本作はその方向性がさらに発展した、松田龍平・癒しのメガネキャラ・バージョン最新版だ。

演出中の山下監督(左)。あたたかで優しい世界観を作り上げた 演出中の山下監督(左)。あたたかで優しい世界観を作り上げた

全体を包む、ほっこりとした癒しムードも出色だ。メガホンをとったのは、07年の「天然コケッコー」で、報知映画賞最優秀監督賞を最年少で受賞した山下敦弘監督。「苦役列車」「もらとりあむタマ子」「オーバー・フェンス」と、常に話題作を発表する実力派若手監督だ。社会の枠からちょっとだけはみ出した人に優しい眼差しを向ける作風は、“山下タッチ”と呼ばれるほど映画ファンから高い評価。その空気感に癒されるのは間違いない。

映画&テレビで活躍する実力派、個性派の面々が集結し、ほろりとさせる妙演を披露 映画&テレビで活躍する実力派、個性派の面々が集結し、ほろりとさせる妙演を披露

松田とオーディションをくぐり抜けて抜てきされた子役・大西利空に加え、実力派キャストの面々が顔をそろえているのにも注目。マドンナには「そして父になる」の真木よう子、おじさんの恋敵にはTEAM NACSの戸次重幸(「永い言い訳」)が扮する。さらに雪男くんの両親には寺島しのぶ宮藤官九郎がキャスティング。雪男くんの担任の先生役として、「デスノート Light up the NEW world」も話題の戸田恵梨香が出演している。

映画版のポスター・ビジュアル(左)と原作の文庫本書影(右)(C)1972北杜夫/新潮社 映画版のポスター・ビジュアル(左)と原作の文庫本書影(右)(C)1972北杜夫/新潮社

原作は、純文学作品で才能が絶賛されるとともに、「どくとるマンボウ航海記」など、自身の体験をつづったユーモアあふれるエッセイで人気を博した芥川賞作家・北杜夫。「ぼくのおじさん」は、北が自らをモデルに、兄の家に居候していた時代の記憶をふくらませて、微笑ましいエピソードたっぷりに描いた作品。「麻雀放浪記」「快盗ルビイ」の監督としても知られる和田誠のイラストとあわせて、今なお幅広い世代に愛され続けている名作だ。

2週間のハワイ・ロケを敢行! ゆったりした時間が流れるハワイの自然も楽しめる 2週間のハワイ・ロケを敢行! ゆったりした時間が流れるハワイの自然も楽しめる

“おじさん”が一目ぼれした女性を追いかけて旅立った後半は、癒しの島、パワースポットとしても高い人気を誇るハワイが舞台。ホノルルで有名なオアフ島に加えて、火山や森林など雄大な自然が魅力のハワイ島でもロケが敢行されており、スクリーンを見ているだけもリラックスできるはずだ。


忙しい? 悩んでる? 元気ない? 息抜きしたい? 
“こんな人たち”のために、「ぼくのおじさん」はある。

マイペースな“おじさん”の姿と癒しムードたっぷりの世界観は、「こんな人たち」にまさにぴったり。忙しい人、悩みが多い人、元気がない人、息抜きが必要な人──あなたはどのタイプに当てはまる?

「こんな振る舞いをしてて大丈夫?」というくらいマイペースなおじさんをどう思う? 「こんな振る舞いをしてて大丈夫?」というくらいマイペースなおじさんをどう思う?

仕事や学業、家事や育児など、毎日忙しく時間に追われている人には、おじさんのマイペースぶりに注目してみてほしい。「え? こんなので大丈夫なの?」「なるほど……これでいいんだ」と、いかに自分が焦っていたのかが客観的に見えてくるはず。ちょっとくらいひと休みしても大丈夫だと、ほっとできてしまうかも。

困った大人としっかり者の小学生コンビのギャップにニヤリとさせられる! 困った大人としっかり者の小学生コンビのギャップにニヤリとさせられる!

さまざまな不安を抱え、つい悩みがちになってしまっている人なら、雪男くんとおじさんの凸凹コンビぶりにクスクスと笑ってみるのが得策。大人なのにいい加減なおじさんが、しっかり者の甥っ子に叱られるさまのギャップは可笑しくもありバカバカしくもあり。大いに笑えば、少なからず気分が晴れやかになるはず。

ハワイではコーヒー豆の収穫にもチャレンジ! 南国の人々は底抜けに明るい! ハワイではコーヒー豆の収穫にもチャレンジ! 南国の人々は底抜けに明るい!

失敗したり嫌なことがあったりして、気落ちしている人なら、登場人物たちの温かい気持ちにきっと癒されるはず。個性的な人々は登場するが、誰ひとりとして悪人ではないという作品はなかなかお目に掛かれない。“いい人”たちのムードに包まれたなら、きっと前向きな気持ちになれる。

青い海と空、そして白い砂浜! ちょっとした息抜きにも本作を活用しよう! 青い海と空、そして白い砂浜! ちょっとした息抜きにも本作を活用しよう!

「息抜きしたいけど、なかなかそんなゆっくりした時間はなくて……」とお嘆きの人なら、たった2時間であなたを連れて行ってくれる、癒しの島・ハワイの美しい大自然をおすすめ。おじさんののんびりムードに加えて、ハワイの癒しムードを堪能できたなら、それは完璧なリラックス・タイムになるはず。

画像21

関連コンテンツ

インタビュー

松田龍平×山下敦弘監督、不安の先に見つけた絶対的な自信
インタビュー

独自の世界感を持つ“おじさん”のおかしくも愛おしい日常を、小学生の目線で描いた映画「ぼくのおじさん」が公開される。芥川賞作家である故北杜夫さんが1972年に発表した児童文学を、山下敦弘監督が大胆にアレンジし、松田龍平がダメな“おじさん...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

大人びた子供と子供じみた大人の、ゆるくて笑える相棒映画
映画評論

小学生男児・雪男にとってのおじさんは、ジャック・タチが「ぼくの伯父さん」で演じたユロ氏みたいに洒落者じゃない。どころか、酷いといっていいほどダメな大人だ。居候のくせに宿題はやってくれない。ネコの煮干しを強奪して食べる。勉強に本腰を入れ...映画評論

フォトギャラリー

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す