「イマジネーション溢れる作品」パラドクス okaoka0820さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「パラドクス」 > レビュー > okaoka0820さんのレビュー
メニュー

パラドクス

劇場公開日 2016年1月12日
全10件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

イマジネーション溢れる作品

オリジナル脚本でしょうか?面白いと思います。
イマジネーション溢れる作品って最近すごく少ないのでインパクトがありました。
「思想家」でなければ創り出せない世界観ですね。作品にちゃんと芯があります。
消費社会に対するアンチテーゼ、ともとれるし、時間に支配される世界観のモデル化ともとれます。
あんまり幅広い層を取り込めないかもしれませんが、ぜひこの線で撮り続けてほしいです。

okaoka0820
さん / 2016年11月2日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi